講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

古賀稔彦
(こがとしひこ)

柔道家

中学に進学と同時に上京、東京・世田谷の「講道学舎」に入門し、弦巻中学、世田谷学園高時代に数々の全国大会を個人・団体戦で制覇。
日本体育大学進学後”平成の三四郎“の異名をとり、87~92年全日本選抜体重別選手権をはじめ、89年・91年の世界選手権を連覇。
92年のバルセロナ五輪では、大会直前の大ケガを背負いながらも金メダルを獲得、両手を広げ雄たけびを上げ、日本中の感動を呼んだ。
その後96年アトランタ五輪では銀メダルを獲得。
00年4月に現役引退。

 

その後、人の夢の後押しをする指導者の道に魅せられ、「指導者・古賀稔彦」として、全日本女子柔道チーム強化コーチを務めるかたわら、03年4月からは子供の人間育成を目的とした町道場「古賀塾」を開塾。
現在は各地で講演を積極的に行い、目標を持つ素晴らしさとそれを達成する、心のあり方を明快に伝えている。

主な講演テーマ

「人生の教科書」

夢を実現するために、決心するということが大切です。
そして、自分に自ら目標を与える。
そうすることで自主的に目標に挑戦していくことができます。

 

「あきらめからは決して何も生まれない」のです。
「何かを始めれば何かが起きる」のです。
自分の知っている力には限界があります。
夢を実現していく過程で幾度となく壁にぶつかることでしょう。

 

しかし、ピンチこそ最大のチャンスなのです。
絶対に諦めずに、100%の力を出し切ってそのピンチを切り抜けていくと、
待っているのは前よりずっと成長した自分なのです。
みなさん、自分の夢に向かって諦めず一生懸命頑張っていきましょう。

 

 「自分で問題解決できる選手を育てる」

谷本選手が日本代表落選の危機を自力で乗り越え、アテネ五輪で金メダルを取れたのも、「ぶれない目標」があったからです。
目標が定まればそれを達成するためにどうすればいいかが明確になります。
私の指導の基本は、選手自身の問題解決能を高めさせること。

 

つまり「自分で闘える選手」を育てるのです。「自分はどうなりたいか」、「それに向けて何が必要か」を見つめ直し、決心させる。
こういった指導者としての姿勢は柔道はもちろん、組織の中や社会生活でも、同じではないでしょうか。

 

他 「夢、目標にチャレンジ~挑戦する事の大切さ~」など

 

肩書き

柔道家
古賀塾塾長
医学博士

ココがオススメ!

平成の三四郎」の異名を持つ柔道家・古賀稔彦氏。
全日本選抜柔道体重別選手権71kg級や、講道館杯71kg級で連覇を果たすことで一流アスリートとしての評価を不動のものにします。

 

繰り出される技の数々は切れ味鋭く、その得意技である豪快な一本背負投はまさに“三四郎”そのままで、一本勝ちにこだわる勝負スタイルとともに柔道の持つ魅力を体現してくれた選手の一人です。

 

古賀選手の魅力が特に注目されたエピソードのひとつに、1990年に行われた体重無差別の全日本柔道選手権大会で、重量級の選手を次々と撃破し決勝進出を果たしたことがあげられます。
大会当時は75kg前後のウエイトでありましたが、自分よりも大柄な選手を次々に撃破する姿は、柔能く(よく)剛を制すという柔道の醍醐味を存分に伝えてくれました。

 

そして1992年のバルセロナオリンピックでは、大会直前の練習中に負傷した左膝の痛みをこらえながら金メダルを獲得。
その姿は日本中に大きな感動を呼びました。
2000年に現役を引退。
全日本女子柔道チーム強化コーチに就任します。
そして2004年のアテネオリンピックでは、愛弟子の谷本歩実選手が金メダルを獲得し、指導者としても大いに評価されました。

 

講演テーマは「人生の教科書」「自分で問題解決できる選手を育てる」「夢、目標にチャレンジ~挑戦する事の大切さ~」など。

 

夢を実現していく過程で必ず訪れるピンチこそ、実は最大のチャンスであるとして捉え、その障害を乗り越えることが大事であることを伝えてくれます。

主な著書

『勝負魂』

内容(「BOOK」データベースより)

小さな身体で大男を投げ飛ばし、「三四郎」と呼ばれた古賀稔彦。
90年、無差別級で行われる全日本選手権で決勝進出。
92年、バルセロナ五輪では左膝靱帯損傷という絶体絶命の崖っぷちから金メダル獲得。
何度も引退をささやかれながら、常に前向きな思考で現役を続行。
シドニー五輪前、「幸せな柔道人生でし た」と引退を表明するまで、常に前向きな姿勢を崩さなかった天才柔道家が、優しく語りかける珠玉のコラム集。

 

『人は弱さを知り強くなる』

内容(「BOOK」データベースより)

勝負してこそ、新しい自分が生まれる。“絶望から生まれた一本背負い投げ”“小が大を制す心”“怪我をチャンスに変えてつかんだ金メダル”昭和、平成の三四郎と呼ばれ、柔の道に命を賭けた熱き人生とその哲学。

 

『古賀稔彦―世界を獲った男、その生き方』

内容(「BOOK」データベースより)

幼少年時代の家族の愛そして強い絆。講道学舎での師との出会いが古賀稔彦を生んだ!父の教え、そこに強制はなかった。そして、人との関わりを通して相手の痛みを知った―。

 

『精神力』

内容(「BOOK」データベースより)

原点に戻り考える、その逆境に勝つ、強靭な精神力鍛錬法とは何かオリンピック柔道金メダリストが伝授する「心の構え方」のコツ。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。