講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

山村武彦
(やまむらたけひこ)

防災システム研究所 所長

1943年、東京都出身。1964年、新潟地震でのボランティア活動を契機に、防災・危機管理のシンクタンク「防災システム研究所」を設立。以来50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。報道番組での解説や日本各地での講演(3,000回以上)、執筆活動などを通じ、防災意識の啓発に取り組む。また、多くの企業や自治体の防災アドバイザーを歴任し、BCP(事業継続計画)マニュアルや防災マニュアルの策定など、災害に強い企業、社会、街づくりに携わる。実践的防災・危機管理の第一人者。 座右の銘は、「真実と教訓は、現場にあり」。著書は、「災害に強いまちづくりは互近助の力 ~隣人と仲良くする勇気~」(ぎょうせい)、「南三陸町 屋上の円陣」(ぎょうせい)など多数。

登録テーマ・ジャンル

出身・ゆかり

東京都

主な講演テーマ

【コロナ関連テーマ】
『感染弱者のための新型コロナウイルス感染症対策と危機管理』
『企業の新型コロナウイルス感染症対策と危機管理』 など

※ご希望に沿ったテーマにて対応可能でございます。事前にご相談ください。

 

【一般向け】
「これからの防災・危機管理 ~互近助とスマート防災~」
「中学生のためのスマート防災 ~命を守るために~」
「最近の大規模災害に学ぶ ~家庭や地域の防災・危機管理~」
「大規模地震に備える ~マンションの実践的な防災~」
「近助の精神と防災隣組 ~家庭と地域の実践的防災対策~」  
など

 

【企業・団体向け】
「企業・組織の実践的防災・BCP ~リーダーはどう対応すべきか~」
「企業経営者が実践すべき危機管理と防災対策」
「企業における防災・危機管理の再点検  ~進化するBCP~」
「南海トラフ巨大地震に備える企業防災」   
など

ココがオススメ!

防災システム研究所所長・山村武彦氏は、防災・危機管理の専門家として「現場主義」を貫き、これまでに250か所以上の災害、事故、事件等に関する現地調査を行っています。2011年3月の東日本大震災報道において各メディアに出演。

 

近年では、2019年オーストラリア大規模森林火災、令和元年東日本台風(台風19号)、京都アニメーション放火事件、2020年新型コロナウイルス感染症の調査を行っている。

 

山村氏の講演は防災、危機管理などがテーマ。
緻密な現場調査に基づいた内容に溢れています。

 

防災・危機管理対応の実践的第一人者として、様々な事例と具体的なアドバイスを得ることができます。
例えば災害時にやらなければいけないことの明確化に加え、「防災マニュフェスト」の作成。

 

さらに防災のための「人材バンク」構築の必要性を提言。
地域内で、災害に対処できる様々な能力を持っている人たちを事前に登録することで、いざというときに“想定外”がないようにしておくべきという山村氏。

 

個人という最小単位から始まって、家庭、地域、学校、職場、企業、自治体、政府という大きな枠組みに至るまで、それぞれの立場で“近助” の精神を認識し発揮することが大切です。さらに安全・安心共同体である「防災隣組」を構築し、積極的に参画することこそ、災害列島日本に住む防災作法であるとしています。

所属・歴任

日本災害情報学会、地域安全学会、消防庁防災訓練活性化研究会、災害時要援護
者避難支援研究会、防災対策評価委員会など

 

受賞歴:
第十五回科学技術振興功績者表彰
「科学技術庁長官賞」 1995年4月19日 科学技術庁(現・文部科学省及び内閣府)
※ 交通信号用非常電源装置開発に対しての表彰。その後、同装置は全国に普及。

提 唱

「互近助(ごきんじょ)」、「安全ゾーン」、「防災隣組」、「防災用品点検の日」、
「スマート防災」、「災害予防訓練」、「防災ストリートミーティング」など

主な現地調査研究実績

2020 年:新型コロナウイルス感染症・パンデミック大規模災害
2019 年:オーストラリア大規模森林火災、令和元年東日本台風(台風19号)、令和元年房総半島台風(台風15号)、京都アニメーション放火事件、
2018 年:インドネシア・スンダ海峡津波、インドネシア・スラウェシ島地震、北海道胆振東部地震、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)災害、大阪府北部地震、JR東海道新幹線殺傷事件、米ハワイ島キラウエア火山噴火、中津市耶馬渓町土砂災害、台湾東部地震
2017 年:米カリフォルニア山火事、韓国民防衛・ミサイル危機、九州北部豪雨災害
2016 年:糸魚川大火、鳥取県中部地震、岩泉町水害、熊本地震、スキーバス転落事故
2015 年:関東・東北豪雨災害、千葉市竜巻、米カリフォルニア山火事、ネパール地震、2014 年:長野県神城断層地震、広島市土砂災害
2013 年:フィリピン台風第30号災害、伊豆大島土砂災害、米オクラホマ竜巻、浜松市春野町地すべり災害
2012年:九州北部豪雨災害、茨城・栃木竜巻、京都宇治市豪雨災害、桜島爆発的噴火
2011 年:東日本大震災(3・11)、ニュージーランド・カンタベリー地震、新燃岳噴火
2010 年:奄美豪雨災害
2009 年:インドネシア・スマトラ沖地震、兵庫県佐用町水害、防府市豪雨、群馬県館林竜巻災害、オーストラリア大規模森林火災、中国九州北部豪雨(山口豪雨)災害、新型インフルエンザパニック、鶴岡市大網七五三掛地区・地すべり災害
2008 年:岩手・宮城内陸地震、中国・四川大地震、富山県入善町高波災害
2007 年:中越沖地震、能登半島地震、ペルー北部地震、三重県北部地震
2006 年:北海道佐呂間町竜巻、宮崎県延岡市竜巻、長野県岡谷市土砂災害
2005 年:パキスタン北部地震、JR福知山線脱線事故、米南東部ハリケーンカトリーナ災害、福岡県西方沖地震、韓国・大邱地下鉄放火事件
2004年:インドネシア・スマトラ島沖地震、新潟県中越地震、イラン・バム地震
2003 年:十勝沖地震、7月梅雨前線豪雨災害、宮城県北部地震
2002 年:平成14年台風第21号災害
2001 年:米同時多発テロ事件(911)、新宿歌舞伎町雑居ビル火災、芸予地震
2000 年:東海豪雨、鳥取県西部地震、三宅島噴火、有珠山噴火
1999 年:台湾・集集大地震(921大地震)
1997 年:インドネシア・カリマンタン森林火災
1996 年:インドネシア・イリアンジャヤ津波
1995 年:阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件、ロシア・サハリン北部地震
1994 年:北海道東方沖地震、米ノースリッジ地震
1993 年:インド西部地震、北海道南西沖地震、米領グアム島地震、北海道釧路沖地震
1991年:長崎県雲仙普賢岳噴火
1990 年:フィリピン・バギオ大地震
1989 年:米サンフランシスコ地震
1987 年:千葉県東方沖地震
1986 年:三原山噴火
1983 年:日本海中部地震
1982 年:長崎水害、ホテルニュージャパン火災(千代田区)
1980 年:川治プリンスホテル火災
1978 年:宮城県沖地震
1973 年:大洋デパート火災(熊本市)
1972 年:千日デパート火災(大阪市)
1968 年:十勝沖地震
1964 年:新潟地震など、計250カ所以上

主なメディア出演

・NHK 総合: 「あさイチ」、「NHK記憶スペシャル いつか来る日のために」、「ニュース シブ5時」
「ニュースウオッチ9」、「気象情報」など

 

・NHK Eテレ: 「NHKまる得マガジン」 及び「NHKテキスト」 講師

シーズン 1 「実践!わが家の防災対策 日ごろの備え編」 (DVD 版/発売)
シーズン 2 「実践!わが家の防災対策 いざというときの行動編」 (DVD 版/発売)
シーズン 3 「家族を守る!現場に学ぶ防災術」 (WEB 版/公開)

 

・日本テレビ・よみうりテレビ: 「情報ライブ ミヤネ屋」、「スッキリ」、「シューイチ」
「かんさい情報ネットten.」、「日テレ NEWS24」など

 

・TBSテレビ・毎日放送: 「ひるおび!」、「Nスタ」、「あさチャン!」、「ビビット」
「新・情報 7days ニュースキャスター」、「報道特別番組‐Nスタスペシャル」、「グッとラック!」など

 

・フジテレビ・関西テレビ: 「めざましテレビ」、「Live News it!」、「ノンストップ!」
「直撃 LIVE グッディ!」、「バイキング」、「報道プライムサンデー」など

 

・テレビ朝日・朝日放送: 「羽鳥慎一モーニングショー」、「サタデーステーション」
「大下容子ワイド!スクランブル」、「スーパーJチャンネル」、「グッド!モーニング」
「報道ステーション」「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」など

 

・テレビ東京・テレビ大阪: 「ゆうがたサテライト」、「暮らしのワンポイント」など

 

・その他: 報道番組を中心に、BS11イレブンなどのBS局、地方局、ネット局、
海外の英BBCテレビや米CNNテレビの番組など多数

主な著書

『感染弱者のための新型インフルエンザ対策』(アニカ刊)
『南三陸町 屋上の円陣 – 防災対策庁舎からの無言の教訓』(ぎょうせい)
『みんなの防災えほん』(監修、PHP研究所) ※中国語、韓国語にも翻訳出版
『スマート防災 – 災害から命を守る準備と行動』(ぎょうせい)
『新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている – 防災心理』(宝島社)
『近助の精神 – 近くの人が近くの人を助ける防災隣組』(金融財政事情研究会)
『防災・危機管理の再点検 – 進化するBCP事業継続計画』(金融財政事情研究会)
『あなたと家族の命を守る 目からウロコの防災新常識』(ぎょうせい)、など多数。

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。