講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

月間お問い合わせランキング

講演依頼のお問合せが多い人気の講師をランキング形式で紹介します。時の人、旬なタレントは言うに及ばず、様々なジャンルで注目を集めている人は、講演の講師としても、ひっぱりだこです。話そのものが面白い人や、その人がいるだけでまわりの雰囲気を明るく変えてしまう「華」がある人は、メディアに対する露出が多いとか、最近テレビ出演が急に増えたとかに限らず、安定的な人気があります。講演会の目的にもよりますが、やはり集客力が高いとされる講師は常に人気があり、問い合わせの数も安定しています。講師選びの指標としてご活用ください。

集計期間:2019/10/1-31

第1位原晋

肩書

青山学院大学陸上競技部監督

主な登録テーマ

人生,教育,スポーツ,モチベーション,ビジネス,ビジネス研修

主な講演テーマ

「サラリーマンの大逆転~箱根駅伝優勝までの道のり~」
「『箱根駅伝」』から学ぶ成長する為の秘訣-より良い組織づくりがより良い人材を育てる-」  など

第94回箱根駅伝レースの舞台裏と14年間の歩みをご紹介。
素人監督は選手たちにどんな魔法をかけたのか。
安定したサラリーマン生活を捨てて飛び込んだ箱根駅伝優勝までの挑戦を熱く語ります。

 

 

スタッフの声

【箱根駅伝は惜しくも2位 4月からは教授デビューも!】
人格重視の選手登用で選手のモチベーションを高めるメソッドは、まさに「原魔術」。
2016年の第92回箱根駅伝では一区からの完全優勝で連覇を果たし、2018年の第94回でも青学陸上部創立100周年に最高の華を飾る。
2018年10月の出雲駅伝に続き全日本駅伝でも優勝、続く箱根駅伝では惜しくも総合2位。

2019年4月から、青学大相模原キャンパスで地球社会共生学部の教授として講義を開始した。
3月にはTBS「オールスター感謝祭」内で「青学2番勝負」と銘打ち、サラブレッドとの対決や名物コーナー「赤坂ミニマラソン」で存在感を見せました。
刺客として同大4年小野田選手を送り込みましたが、その激走振りは箱根駅伝のレベルの高さを物語るものでした。

第2位橋下徹

肩書

前大阪市長 /弁護士

主な登録テーマ

人生,モチベーション,ビジネス,経済,政治,エンタメ・芸能

主な講演テーマ

「地方から国を変えるということ~橋下改革の実相~」
「地方分権のための憲法改正 」
「大阪行政の現場から見た日本の未来 」
「政治無関心は納税者がこれだけ損をする 」  
「税金をむさぼる政治行政のからくり 」
「改革の進め方 」  
「巨大組織の動かし方 」  
  
など

 

スタッフの声

【舌鋒の鋭さは増すばかり!連載や執筆、SNSで存在感】
38歳で大阪府知事に就任、その後大阪市長、国政政党代表などを歴任。
つい最近まで政治活動に奮闘していた視点から語られる内容と舌鋒の鋭さは唯一無二。
他の方では聞くことのできない講演会とあって指名は絶えません。

ネットでの発信力は増すばかり。
abemaTV「NewsBAR橋下」には毎回多くのコメントが寄せられ、放送後の反響も。
2019年5月には新刊が発売され、また注目を集めております。

第3位天達武史

肩書

気象予報士

主な登録テーマ

人生,教育,環境,防災

主な講演テーマ

「天達が見た地球温暖化」
「天気の達人が日本の四季を語る」
「特別警報と気象災害への備え」
「天気を知って熱中症予防」
「天気を味方に!梅雨時の過ごし方」
「知って得するお天気裏話」

 

スタッフの声

【地震・豪雨など相次ぐ自然災害への備え】
「とくダネ!」の気象予報士としてお馴染みの「天」気の「達」人こと天達氏。
日本の朝の顔、小倉智昭氏との掛け合いも人気の秘訣。
気象予報士の中でもトップクラスの知名度を持ち、講演ではちびっこから大人まで幅広く人気があります。

酷暑、台風、ゲリラ豪雨、大地震などの大規模災害が続いた今夏。
自治体や企業の安全大会、公的組織などからのご依頼が続いています。
災害への備えを自分ごととして捉えるために、気象予報士の知見を役立てましょう。

第4位藤原和博

肩書

奈良市立一条高等学校校長

主な登録テーマ

人生,教育,モチベーション,ビジネス,ビジネス研修

主な講演テーマ

「人を育てモチベーションを向上させるコミュニケーション技術とは」
「つなげよう!学校と地域社会~子どもたちの未来を拓くために」
「10年後、君に仕事はあるのか?~未来を拓く「情報編集力」の育て方、磨き方」

スタッフの声

【杉並区立和田中学校で東京都初の民間人校長に就任】
同中学校校長時代に自営業者や、時にはホームレス等を講師に招き、その話を聴くことで世の中について学習する「よのなか科」を創設したり、学習塾と連携した有料の課外授業「夜スペ」を設けたりしたことで、マスコミに知られるようになりました。

講演では、状況がめまぐるしく変わる現代において義務教育に施さなければならないものであるという「修正主義」についてや、自身の著書『坂の上の坂』に触れながら、長い人生を有意義に送る秘訣を語る。

第5位大畑大介

肩書

ラグビー元日本代表

主な登録テーマ

人生,教育,育児,スポーツ,モチベーション,ビジネス

主な講演テーマ

「為せば成る」
「『根拠のない自信』を信じろ!~根拠はおのずとついてくる~」
「ラグビーは社会の縮図だ!」
「迷ったら、しんどい道を進め!」

 

スタッフの声

【日本ラグビー界の象徴】
ラグビー元日本代表で神戸製鋼コベルコスティーラーズアンバサダー。

日本代表のエースとしてワールドカップに出場し、世界にその決定力を印象づける。海外挑戦も果たし、日本ラグビーの顔として、世界との厚い壁に挑む代表チームを牽引した。2006年5月には、代表試合トライ数世界新記録を樹立。
現在、ラジオ番組のパーソナリティやスポーツバラエティ番組の出演などでは、持ち前の明るいキャラクターを発揮。
講演では、ラグビーを通して学んだ、「組織論」「社会論」「セルフマネジメント」「自己実現方法」「壁の乗り越え方」を語る。

その他講演依頼の多い人気講師

その他人気ページ

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。