講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

月間お問い合わせランキング

講演依頼のお問合せが多い人気の講師をランキング形式で紹介します。時の人、旬なタレントは言うに及ばず、様々なジャンルで注目を集めている人は、講演の講師としても、ひっぱりだこです。話そのものが面白い人や、その人がいるだけでまわりの雰囲気を明るく変えてしまう「華」がある人は、メディアに対する露出が多いとか、最近テレビ出演が急に増えたとかに限らず、安定的な人気があります。講演会の目的にもよりますが、やはり集客力が高いとされる講師は常に人気があり、問い合わせの数も安定しています。講師選びの指標としてご活用ください。

集計期間:2019/3/1-31

第1位原晋

肩書

青山学院大学陸上競技部監督

主な登録テーマ

人生,教育,スポーツ,モチベーション,ビジネス,ビジネス研修

主な講演テーマ

「サラリーマンの大逆転~箱根駅伝優勝までの道のり~」
「『箱根駅伝」』から学ぶ成長する為の秘訣-より良い組織づくりがより良い人材を育てる-」  など

第94回箱根駅伝レースの舞台裏と14年間の歩みをご紹介。
素人監督は選手たちにどんな魔法をかけたのか。
安定したサラリーマン生活を捨てて飛び込んだ箱根駅伝優勝までの挑戦を熱く語ります。

 

 

スタッフの声

【箱根駅伝は惜しくも2位 4月からは教授デビューも!】
人格重視の選手登用で選手のモチベーションを高めるメソッドは、まさに「原魔術」。
2016年の第92回箱根駅伝では一区からの完全優勝で連覇を果たし、2018年の第94回でも青学陸上部創立100周年に最高の華を飾る。
2018年10月の出雲駅伝に続き全日本駅伝でも優勝、続く箱根駅伝では惜しくも総合2位。

2019年4月から、青学大相模原キャンパスで地球社会共生学部の教授として講義を開始した。
3月にはTBS「オールスター感謝祭」内で「青学2番勝負」と銘打ち、サラブレッドとの対決や名物コーナー「赤坂ミニマラソン」で存在感を見せました。
刺客として同大4年小野田選手を送り込みましたが、その激走振りは箱根駅伝のレベルの高さを物語るものでした。

第2位山本昌邦

肩書

サッカー解説者

主な登録テーマ

人生,教育,スポーツ,モチベーション,ビジネス,ビジネス研修

主な講演テーマ

【企業・青年会議所向け】
<リーダーシップ・人材育成>
「心をつかむ人材育成術」
「リーダーの条件」~次世代の指導者たちへ~

 

<モチベーションアップ>
「一流選手から学ぶ目標達成へのプロセス」

 

【教育機関向け】
<教職員・PTA保護者対象>
「子どもを伸ばす極意」

<生徒対象>
「夢を持って生きていこう!」

 

スタッフの声

【W杯人気でサッカー関連講師への依頼増加】
ロシアW杯で世界に存在感を示した日本代表。 日本列島を大いに盛り上げてくれました。
2019年は女子ワールドカップ、2020年にはオリンピックが控えています。
その影響もあり、元日本代表や監督経験のある講師への指名が急増。

山本昌邦氏は前回のW杯の決勝の解説を務めたこともあり、世間からの信頼度の高さを伺うことができます。
今後の日本を背負って立つ人材を育成するにはどうすべきか?
知名度も抜群、アスリートの組織論はビジネス界からも熱視線!

第3位橋下徹

肩書

前大阪市長 /弁護士

主な登録テーマ

人生,モチベーション,ビジネス,経済,政治,エンタメ・芸能

主な講演テーマ

「地方から国を変えるということ~橋下改革の実相~」
「地方分権のための憲法改正 」
「大阪行政の現場から見た日本の未来 」
「政治無関心は納税者がこれだけ損をする 」  
「税金をむさぼる政治行政のからくり 」
「改革の進め方 」  
「巨大組織の動かし方 」  
  
など

 

スタッフの声

【舌鋒の鋭さは増すばかり!連載や執筆、SNSで存在感】
38歳で大阪府知事に就任、その後大阪市長、国政政党代表などを歴任。
つい最近まで政治活動に奮闘していた視点から語られる内容と舌鋒の鋭さは唯一無二。
他の方では聞くことのできない講演会とあって指名は絶えません。

ネットでの発信力は増すばかり。
abemaTV「NewsBAR橋下」には毎回多くのコメントが寄せられ、放送後の反響も。
2019年5月には新刊が発売される予定で、また注目される機会が増えそうです。

第4位佐藤亮子

肩書

3男1女 東大理Ⅲ合格!の母

主な登録テーマ

人生,教育,育児

主な講演テーマ

「合格させるための心構えと子どもを動かす特別な方法」
中学受験を乗り越え、合格させるための0歳~12歳までの教育方法

 

「本当の学力を身につけるための親の心構え」
0歳~小学2年生までの育て方

 

「大学入試まで役に立つ小学生時代の魔法の習慣」
幼児期から中学受験までの育て方、塾の成績を上げる方法

 

※その他、講演内容は聴講対象に合わせて調整も可能です。

スタッフの声

【3男1女が全員東大理Ⅲへ!テレビ出演で注目度アップ】
「佐藤ママ」の名称でお馴染みの佐藤亮子氏。
4人の子息が全員東大の理科Ⅲ類に入学したことで、教育界からアドバイス依頼が殺到。
元々は英語教師として教壇に立っていた経験もあり、現在は塾のアドバイザーや教育本の執筆・連載、講演に注力しています。

クイズバラエティや関西系の情報ローカル番組への出演で注目度アップ。
教育系の講演主催者様からのお問い合わせが増えています。
佐藤ママが子息をどう育てたのか?自主的に学ぶ姿勢はどうやって身につけたのか?
親の悩みに寄り添い、経験談を共有する時間は貴重な機会です。

第5位矢部輝夫

肩書

合同会社おもてなし創造カンパニー代表

主な登録テーマ

人生,ビジネス,ビジネス研修

主な講演テーマ

「働く誇り  私が押した7つのスィッチ」
TESSEIはJR東日本の100%子会社で、新幹線の駅折返し清掃や駅ホーム・コンコースの清掃を専門とする会社です。
従業員の平均年齢は50歳で、普通のおばちゃんおじちゃんたちが働く会社です。
そのような会社がなぜ国内外で注目を浴びる事になったのか。
本講演テーマでは、自身の経験談をもとにお伝えします。

 

その他、
「新幹線清掃チームの働き方改革―働きがい、やりがいを求めて―」
「安全と働き方改革」
「みんなで創る安全とおもてなし」
「世界一の現場力~誇り・感動ある職場づくり~」
「リーダーは夢を語りなさい~現場を変える『人間重視のリーダーシップ』~」などの
講演タイトルでも可能です。お気軽にご相談ください★

 

スタッフの声

【「7分間の奇跡」メディアに取り上げられ問合せ増】
現JR東日本テクノハートTESSEIにて、新幹線清掃チームを大改革。
新幹線の駅折返し清掃や、駅ホーム・コンコースの清掃を専門とする会社が世界から称賛と注目を浴びたのには理由がありました。
同社を単なる清掃会社からおもてなし集団に変えた秘訣を講演で伝授。

昨今、ビジネスの現場に働き方改革や多様性の波が訪れています。
その流れから矢部輝夫氏への依頼も急増中。
メディアへの出演も多く、多くの企業で「マネしたい」と思わせる組織改革術とは?

その他講演依頼の多い人気講師

その他人気ページ

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。