講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

これからのニッポンを語ろう

「人生100年時代」がいよいよ現実的に語られるようになった昨今、目前に控えた消費税増税や米中貿易摩擦の影響など、2020年の東京オリンピックを前に、さまざまなトピックが世の中の関心事となっています。
一方、人工知能(AI)の活用が現実のものとなった今、テクノロジーは我々の生活をどのように変えていくのでしょうか。

 

自動運転やドローン、接客の無人化など身近なところで労働の代替が始まっています。
人口減少社会の日本にとって救世主となりうる存在です。
そこで Speakersでは、「これからの日本はどうなっていくのか?」そして「明るい未来のために、今、何が必要なのか?」をテーマに今年もさまざまな講演をご提案いたします。
講演ジャンルは、政治・経済からスポーツや文化まで多岐に渡ります。その中から特にホットな話題と講師をご紹介! 講演依頼のspeakersの「これからのニッポンを語ろう」をぜひご活用ください。

人生100年時代

日本は高齢者である65歳以上の人が4人に1人以上いる国であり、すでに超高齢社会に突入しています。
世界の国々でも高齢化・長寿命化が進んでおり、「人生100年時代」の到来が話題になっていることは、すでに多くの方がご存知でしょう。

人生100年時代を生き抜くためには、私たちが持つべき視点がいくつかあります。
例えば、「年をとっても自立した生活ができるよう“健康寿命”を延ばす」、「働き方の価値観・雇用形態の多様化に向けてキャリアやスキルを見直す」、「社会保障のみに依存しないよう、資産管理や健康管理の知識を身につける」といったことです。

講演会ではこうした未来に向けて必要な視点について、専門家からわかりやすく学ぶことができます。

消費税増税

2019年10月から消費税が10%に引き上げられます。社会保障費などを補填する財源確保が主な目的ですが、この増税に対する意見にはマイナス意見もあります。
「低・中所得者層の消費が落ち込み消費が冷え込むのでは?」、「消費が冷え込むとデフレマインドが加速し、経済下落が進むんじゃないか?」といった具合です。

 

こうした増税による私たちの生活への影響を詳しく理解するには、専門的な知識が必要になります。
自分で調べるだけでなく、講演会に参加してその道のプロ(専門家)からの知識を得ることで深い学びにつながります。

AI IoT

近年、AI(人工知能)市場が急速に成長しています。
日本政府も、AI に関する国際ルールを主導する目的で「AIの7原則」を策定するなど、本格的に動き出しています。

 

AIの発展には、「労働人口現象問題を解消できる」、「製品の開発費・購入価格が安価になり生活の便利アイテムとして活躍する」、といった恩恵があると言われます。一方、「雇用の不安定化が起こる」といった課題も指摘されています。
人間が担ってきた仕事の多くがAIに代替される可能性があることで、経済やキャリアの見通しが不透明になっているのです。

 

講演会に参加し専門家からの意見を聴くことで、日本と自分の将来の見通しを立て、漠然とした不安を解消しましょう。

米中貿易戦争

アメリカ、中国、ヨーロッパを中心に、世界中で貿易に関する保護主義の流れが台頭しつつあります。

トランプ大統領が中国の主導する鉄鋼製品に25%、アルミ製品に10%の関税を課すと表明したニュースは特に話題になりました。
「安全保障上の脅威」を理由に行われた措置でしたが、中国は米に対して輸入品への関税を追加するなど、報復措置が取られた形です。(米中貿易戦争)

 

アメリカの政治的変化や中国の経済力拡大によるパワーバランスの不均衡化によって、保護主義的・ポピュリズム的な流れが、ますます加速する可能性も指摘されています。
講演会では、貿易・経済のスペシャリストである専門的な講師から、こうした世界の貿易事情について学ぶことができます。

SDGs(持続可能な開発目標)

2015年9月に国連サミットで採択されたSDGs(エス・ディー・ジーズ)。
「持続可能な開発目標」という意味ですが、具体的に理解している人は少ないでしょう。
SDGsでは17のゴールが設定されています。
いくつか挙げると、「貧困をなくそう」、「人や国の不平等を失くそう」、「働きがいも経済成長も」、「すべての人に健康と福祉を」、「ジェンダー平等を実現しよう」、「気候変動に具体的な対策を」といった目標があります。

 

人や自然をはじめとした、地球上にあるすべてのモノに関心を持ちながら持続可能的に発展していくことで、“誰ひとり取り残さない社会”を実現しようとする概念なのです。

SDGsについて深く理解するには、経済・自然・政治・教育・人権・食料など、あらゆる分野の専門的な知識が必要です。
講演で専門家から学ぶことで、複雑な知識をわかりやすく理解することができるはずです。

キャッシュレス社会

電子マネー、クレジットカード、デビットカード、ポイント決済など、近年はますますキャッシュレス化が進んでいます。支払いや受取りに現金を使わないキャッシュレスという概念に対しては、メリットとデメリットの両面があると言われます。
お店を例にすると、メリットとしては現金管理にかかるコスト(人件費など)が抑えられる可能性があります。
一方、手数料や設備投資にかかる負担はデメリットにもなり得ます。

 

「自分は絶対現金主義」という人も「現金の時代は終わった」という人も、講演会で知識を学ぶことで、合理的な視点を持ち、より自分に合った選択肢を選べるようになるはずです。

 

関連特集

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。