講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

辻野晃一郎
(つじのこういちろう)

アレックス株式会社代表取締役社長 /グーグル日本法人元代表取締役社長

福岡県生まれ。84年に慶応義塾大学大学院工学研究科を修了しソニーに入社。88年にカリフォルニア工科大学大学院電気工学科を修了。VAIO、デジタル TV、ホームビデオ、パーソナルオーディオ等の事業責任者やカンパニープレジデントを歴任した後、2006年3月にソニーを退社。翌年、グーグルに入社しグーグル日本法人代表取締役社長を務める。2010年4月にグーグルを退社しアレックス株式会社を創業。現在、同社代表取締役社長兼CEOを務める。2012年4月より2017年3月まで早稲田大学商学学術院客員教授、2016年6月より2018年9月まで神奈川県 ME-BYO サミット神奈川実行委員会アドバイザリーメンバー。2017年8月より株式会社ウェザーニューズ社外取締役(現任)。

著書に『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』(2010年 新潮社、2013年 新潮文庫)、『成功体験はいらない』(2014年 PHP ビジネス新書)、『リーダーになる勇気』(2016年 日本実業出版社)、『「出る杭」は伸ばせ!なぜ日本からグーグルは生まれないのか?』(2016年 文藝春秋社)、『日本再興のカギを握る「ソニーのDNA」』(2018年 講談社)。

その他、現代ビジネス(講談社)『人生多毛作で行こう』、経済プレミア(毎日新聞)『世界と闘え』などを連載。

主な講演テーマ

【講演タイトル】

 

<テクノロジー>

IoT、AI(人工知能)、ブロックチェイン、5G、自動運転などがもたらす未来について予測します。

 

タイトル例:
「IoTがもたらす未来」

「シンギュラリティの時代」
「AI革命は世の中をどう変えるか」
「DX(デジタルトランスフォーメーション)がもたらすもの」

「デジタル時代がもたらす社会変革と日本の可能性」
「クラウドの本質とは」
「IT産業の変遷と日本の課題」
「急速に変貌する社会と未来の展望」

etc.

 

 

<国際情勢>

目まぐるしく変化する世界情勢について解説します。

 

タイトル例:

「米中貿易戦争の行方」

「米中摩擦の動向」

「保守化する世界」

「後進国化する日本の将来」

「日本再興のカギを握るソニーのDNA」

etc.

 

 

<GAFA>

脅威論が高まるGAFAについて解説します。

 

「GAFAの脅威とは何か」

「GAFA対BATH~技術覇権をめぐる米中対立の意味するもの~」

「なぜ日本からグーグルが生まれないのか」

「 グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」
「グーグルなどの圧倒的な意思決定のスピードはどこから生まれてくるのか」

「ソニーとグーグル」

ect.

 

 

<働き方、経営>

ワークプロセスの文明的大転換期における働き方とは何かについて考えます。

 

「働き方改革4.0~真の働き方改革とは~」

「チャレンジを恐れるな、リスクを恐れるな」
「成功体験はいらない」

「日本の経営者が持つべき心構え」

「イノベーションを生み出す組織・人材とは」

etc.

 

<グローバルに活躍する人材教育>

世界で活躍する人材の育成についてお話します。

 

「出る杭は伸ばせ!」

「これからの時代に求められる人材の育成と教育について」

etc.

 

 

<人生百年時代>

人生百年時代と言われる長寿時代の人生設計について語ります。

 

「人生百年時代をどう生きるか」

「人生百年時代の人生設計」

「健康長寿の社会を作る」

etc.

 

 

<リーダーシップ>

リーダーシップについて話します。

 

「リーダーになる勇気~ 迷わない、あきらめない自分をつくる  ~」

「日本人はグローバルリーダーになれるか」

「チャレンジしないことが最大のリスク」

etc.

 

 

<ニューノーマル、ポストコロナ>

ポストコロナ時代のニューノーマルについてお話します。

 

「プリコロナとポストコロナで何が変わったのか」

「ニューノーマルとは何か」

「ポストコロナの世界情勢」

「 日本はニューノーマル時代のモデル国家になり得るか」

ect.

 

※その他主催者様のご要望をお伺いしながらアレンジ可能

講演会講師インタビュー

辻野晃一郎

VAIOなどソニーの主力商品を次々と生み出し、ソニー退社後はグーグル日本法人の社長を務めた辻野晃一郎氏。
イノベーティブなものづくりの会社から最先端IT企業へ、そしていま自身の会社で再びイノベーションを起こそうと世界へチャレンジしている。
世界の中で日本企業はどんなポジションなのか、日本が抱える問題とは、そしていま日本企業には何が必要なのかなど、
グローバル企業を知り尽くした賢人に話を伺った。

 

詳細はこちら
https://www.speakers.jp/results/interview/k_tsujino/

ココがオススメ!

アレックス株式会社・辻野晃一郎氏は、慶大卒業後ソニー株式会社に入社。

VAIO、スゴ録、コクーンなどの事業部で辣腕をふるい2006年に退職。2007年にグーグル日本法人に入社し、2009年代表取締役社長に就任します。

アレックス社の行動指針の一つに「最初から世界市場へ」を掲げている辻野氏。

70億人の世界人口のうち24億人のネット利用者。

そのうちの約10 億人がフェイスブック利用者という現在、日本の1億2千万人という人口はビジネスの対象としてとても少なく「日本人相手に商売を始めることはアプローチ が古い」としています。

半面、本来の自分のアジェンダ(取り組むべき課題)は「日本を世界に発信すること」であるという辻野氏。

大震災に際し、世界中の人々は日本人の精神性の高さを評価してくれたことを認識し、伝えていかなければならない。

そして日本的な価値観には魅力があり、それを世界に広めていくことが、世界をより良くすることに繋がると確信しています。

問題が起こると心から喜ぶという辻野氏。

うまくいかないからこそ知恵を働かせて次の手を考え、悩み、汗をかいて協力者を探す。

本質を理解し、日本人としていかに自己実現すべきかを学びたい方にはピッタリです。

主な著書

『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』(2010年、新潮社/2013年、新潮文庫、2013年)
『成功体験はいらない』(2014年、PHPビジネス新書)
『リーダーになる勇気』(2016年 日本実業出版社)
『「出る杭」は伸ばせ!なぜ日本からグーグルは生まれないのか?』(2016年 文藝春秋社)
『日本再興のカギを握る「ソニーのDNA」』(2018年 講談社)

 

現代ビジネス(講談社)『人生多毛作で行こう』、
経済プレミア(毎日新聞)『世界と闘え』などを連載

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。

講師を探す

ページトップへ