講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

岸博幸
(きしひろゆき)

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授

1962年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒。

86年、通商産業省(現・経済産業省)入省後、コロンビア大学経営大学院にてMBAを取得。

2001年、竹中平蔵大臣(当時)補佐官、04年以降は政務秘書官に就任。

同大臣の側近として、構造改革の立案・実行に携わる。

98~00年に坂本龍一氏らとともに設立したメディア・アーティスト協会(MAA)

の事務局長を兼職。06年経産省を退官。

現在は、テレビなどのメディア出演や、全国での講演会などで活躍中。

 

主な講演テーマ

「混迷する政治と経済を斬る」
「日本経済のゆくえ~世の中の流れ~」
「これからのビジネスを取り巻く経済動向とIT戦略」
 など

 

 

主な経歴

生年月日 1962年9月1日

1986年3月一橋大学経済学部卒業
1986年4月通商産業省入省(産業政策局、通商産業研究所等を経て)
1998年6月通商産業省資源エネルギー庁に復職
1990年7月コロンビア大学ビジネススクール留学(機械情報産業局、通商政策局等を経て)
1995年11月朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)出向
1998年6月通商産業省資源エネルギー庁に復職
2000年8月内閣官房IT担当室に出向
2001年9月経済財政政策担当大臣補佐官
2002年9月金融担当大臣補佐官を兼任
2004年9月経済財政政策担当大臣・郵政民営化担当大臣秘書官
2005年9月総務大臣秘書官
2006年9月経済産業省退官、慶應義塾大学DMC統合研究機構助教授に就任
2008年4月慶応大学大学院メディアデザイン研究科教授に就任

その他以下の職を兼任
エイベックス・マーケティング取締役
ポリシーウォッチ・ジャパン取締役  他

 

 

【主な著書】

『アマゾン、アップルが日本を蝕む』(PHP出版)
『ネット帝国主義と日本の敗北』(幻冬舎)
『脱藩官僚、霞ヶ関に宣戦布告!』(共著:朝日新聞出版)
『ブレインの戦略』(あさ出版)
『クリエイティブ国富論』(ダイヤモンド・オンライン連載)
『コンテンツ立国の処方箋』(日経トレンディ・ネット連載)

 

講演料金目安

別途ご相談ください

書籍

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。