講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

尾木直樹(尾木ママ)
(おぎなおき)

教育評論家

1947年滋賀県生まれ。教育評論家、法政大学教職課程センター長・教授。
中学・高校教師として、22年間子どもを主役としたユニークで創造的な教育実践を展開。

「キレる子現象専門家会議」(東京都)委員、「青少年と放送に関する専門家会合」(郵政省、NHK、民放連)委員、「いじめ防止学習プログラム」開発委員長(新潟県)、「放送分野における青少年とメディア・リテラシーに関する調査研究会」(郵政省)委員、「放送倫理機構(BPO)」(NHK、民放連)の「青少年と放送に関する委員会」副委員長など歴任。平成23年度ゆうもあ大賞、第4回ペアレンティングアワード文化人部門(2011年度)、イクメン・オブ・ザ・イヤー2013 イクジイ部門など受賞。
現在は「尾木ママ」の愛称で親しまれ、Eテレ「ウワサの保護者会」をはじめテレビなど多方面で活躍中。『取り残される日本の教育~わが子のために親が知っておくべきこと~』(講談社+α新書)など著書多数。

主な講演テーマ

「取り残される日本の教育~わが子のために親が知っておくべきこと~」
「尾木ママ流共感子育て」
「子どもも大人も居心地の良い学校・家庭・地域社会をめざして」
「いじめ問題をどう克服するか」
「尾木ママ流しつけない道徳」
「子どもが伸びる住育のヒミツ」
「命を尊ぶ社会をめざして」
「尾木ママの7つの人生力~ありのままに今を輝かせる力~」など多数

 

肩書き

教育評論家
法政大学教育課程センター長・教授
臨床教育研究所「虹」所長

主な著書

『尾木ママ流叱らない子育て』(KADOKAWA文庫)
『尾木ママ流凹まない生き方』(KADOKAWA文庫)
『尾木ママの「思春期の子どもと向き合う」すごいコツ』(講談社文庫)
『本物の学力・人間力がつく尾木ママ流自然教育論』(山と渓谷社)
『取り残される日本の教育~わが子のために親が知っておくべきこと~』(講談社+α新書)

 

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。