講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

有森裕子
(ありもりゆうこ)

女子マラソン五輪メダリスト/株式会社RIGHTS.取締役

バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』で、プロマラソンランナーを引退。1998年NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表理事就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ(現・RIGHTS.)」設立、取締役就任。
スペシャルオリンピックス日本 理事長。他、国際陸連(IAAF)女性委員会委員、日本陸上競技連盟理事、国連人口基金親善大使、笹川スポーツ財団評議員、社会貢献支援財団評議員等を歴任。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。同12月、カンボジア王国ノロドム国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章。

主な講演テーマ

「よろこびを力に・・・」

肩書き

バルセロナオリンピック 銀メダリスト
アトランタオリンピック 銅メダリスト
株式会社RIGHTS.取締役
日本陸上競技連盟 理事
日本体育大学客員教授
国連人口基金親善大使
NPO「ハート・オブ・ゴールド」代表理事 など

ここがオススメ!

元女子マラソンランナー・有森裕子氏は、バルセロナオリンピックにおいて、銀メダルを獲得しました。1928年のアムステルダムオリンピックで、女子800m銀メダルに輝いた人見絹枝選手以来、実に64年ぶりに日本女子陸上競技界に五輪メダルをもたらした快挙となったのです。

 

有森氏は、決してエリートコース歩んできたのではなく、高校、実業団時代は補欠という存在でした。しかし、あきらめずに走り続けて、オリンピックメダリストとなるのです。 有森氏は、さらにアトランタオリンピックで銅メダルを獲得。ゴール後のインタビューで「メダルの色は、銅かもしれませんけれども……、初めて自分で自分をほめたいと思います」と語った姿はあまりにも有名で、大きな感動を呼びました。

引退後、2007年3月12日に日本陸上競技連盟の理事に就任。また、2016年の東京オリンピック招致に関して、アンバサダーを務めています。母校の日本体育大学で客員教授も勤めています。また、国連人口基金親善大使として世界各地を訪れた経験もあるため、貧しい国に対する支援の大切さも訴え続けています。

そんな有森氏の講演テーマは、「よろこびを力に…」。 目標に向かって懸命に取り組み、達成する喜びを感じること、最後まで諦めずにやることに大きな意味があることを、身をもって感じて欲しいという有森氏。

自分に与えられたチャンスを確実に掴み、あきらめず、やり遂げることの喜びを大切にしてほしいとも。オリンピックメダリストである有森氏の体験から語られる熱い講演は、大きな説得力があります。また、トークショー形式のイベント、セミナーでの講義、フォーラムでの討論もOK!

自分で決めた目標に向かって一生懸命取り組み、 達成できた時の喜びや諦めずにやることの意味を体で感じて欲しい。誰にでもチャンスはあります。大切なのはそのチャンスを掴んでいくこと。 あきらめず、やり遂げたときの何にも変え難い喜びの大切さを オリンピックメダリストが自身の体験から熱く語ります。

 

主な経歴

岡山県岡山市出身。就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルートへ入社。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。

2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』で、プロマラソンランナーを引退。1998年NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表理事就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ(現・RIGHTS.)」設立、取締役就任。

スペシャルオリンピックス日本 理事長。他、国際陸連(IAAF)女性委員会委員、日本陸上競技連盟理事、国連人口基金親善大使、笹川スポーツ財団評議員、社会貢献支援財団評議員等を歴任。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。同12月、カンボジア王国ノロドム国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章。

 

【活動実績】

現在の活動

 

主な大会記録

主な著書

『有森裕子のマラソンブック フルマラソンで4時間を切る!』 (2009年6月、マガジンハウス)

文字通り、フルマラソンで「サブ4(4時間切り)」を目指すランナーへおくる、オリンピックメダリストのマラソンランナー・有森裕子氏が指導するフルマラソン攻略法を示した一冊です。
競技ランナーだけでなく市民ランナーにとってのマラソンの魅力や、シューズやウェアへのこだわり方、「サブ4」になるために、歩くことから始め本物のランナーに成長し、メダル獲得するまでのトレーニング法を披露。

有森氏ならではの視点による指導により、マラソンの魅力に触れ、楽しみながらステップアップしていく秘訣が満載です。

 

『スマイル・ランニング フォー・レディース』(2009年1月、保険同人社)
女性向けのランニング入門書として書かれており、対談形式で表されているため読みやすく、スマイルランニングのタイトルどおり、ランニングをする上で自由に気持ちよく走ることが、長続きする秘訣であることに気付きます。

スポーツドクター・稲次医師と有森氏さんのQ&Aも掲載され、走り方や栄養管理、靴選び、ランニング中のマナーなどの実用的なアドバイスに溢れ、何よりも運動したいと思っていながら、なかなか実行できない人の背中を押してくれる一冊です。

 

『有森裕子と読む人口問題ガイドブック』 (2004年7月、国際開発ジャーナル社)
『わたし革命』 (2003年11月、岩波書店)
『アニモ』 (1997年9月、メディアファクトリー)

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。