講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

土井善晴
(どいよしはる)

料理研究家

1957年生まれ大阪市出身。
スイス、フランスでフランス料理を、大阪の「味吉兆」で日本料理を修業後、土井勝料理学校勤務。
1992年「おいしいもの研究所」設立。
TV番組や公演の出演、各分野で家庭料理や調理の指導に尽力。

 

レストランや日本料理店のプロデュースなど多彩な活動を行なっている。
早稲田大学非常勤講師、同大学「食の文化研究会」主宰。

主な講演テーマ

「食育・子供たちが幸せになる食事」
「ふるさとを守り育てる・地産地消」
「美味しいものを作る・調理の基本」(プロジェクターを使用し、分かりやすく解説いたします)
「暮らしを豊かにするお料理の楽しみかた ~健康と若さを保つ秘訣~」
「日本の食文化学び塾」

肩書き

料理研究家
フードプロデューサー
早稲田大学非常勤講師

ココがオススメ!

料理研究家・土井善晴氏は、『日本のおかず500選』の著者として知られ、おせち料理の黒豆を簡単に煮上げる方法を開発した家庭料理研究家・土井勝氏の次男として知られ、勝氏同様、日々家庭料理の心を啓蒙し続けています。

 

日本の食のあり方を知ることは、日本人のアイデンティティをはじめ、健康や感謝・感動する心、食事をすることができる幸福につながるとしています。
今食べたいものは、最も美味しく食べられるものであり、一番栄養価が高いものであると述べています。

 

講演では、料理、料理教室、食育などをテーマに「食育・子供たちが幸せになる食事」「ふるさとを守り育てる・地産地消」「美味しいものを作る・調理の基本」「暮らしを豊かにするお料理の楽しみ方 ~健康と若さを保つ秘訣~」「日本の食文化学び塾」について話をしてくれます。

 

また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK! 「いただきます」「ごちそうさま」は、日本人ならではの感謝の心であるという善晴氏。

 

茶碗を持って食事をする日本人の習慣は、お米を大事にする心の現われであり、子供たちを健やかに育てるためには、美味しい家庭料理は不可欠。
特に和食の素晴らしさは常に自然とともにあり、それぞれの季節を楽しむことができ、日本の食文化の原点がそこにあることを講演、フォーラム、セミナー、トークショーを通じて学ぶことができます。

主な経歴

1957年生まれ大阪市出身。
スイス、フランスでフランス料理を大阪の「味吉兆」で日本料理を修業後、土井勝料理学校勤務。
1992年「おいしいもの研究所」設立。

 

TV番組や公演の出演、各分野で家庭料理や調理の指導に尽力。
レストランや日本料理店のプロデュースなど多彩な活動を行なっている。
早稲田大学非常勤講師、同大学「食の文化研究会」主宰。

 

 

【主なメディア出演】
<テレビ朝日>おかずのクッキング(レギュラー出演 1988年~ 25年目)
<NHK> きょうの料理(レギュラー出演 1987年~ 26年目)

 

 

【主な著書】
『土井善晴の男メシ』(2012年、集英社ムック)
料理研究家として数々の家庭料理のレシピを開発し、ソフトで分りやすい解説で知られ、主婦の間に人気の高い土井善晴氏が上梓した男性向けの料理本です。

いわゆる料理通の男性ではなく、まさに包丁も握ったことのないド素人を対象に、写真を多用しながら分かりやすく料理の手順を解説。

 

豚のしょうが焼き、鶏のから揚げ、オムライス、カルボナーラ、焼きそば、麻婆豆腐、ハンバーグ、チキンカレー等レシピも豊富で、良い意味での「手抜き」を紹介。男性料理初心者にとっては、まさにうってつけの料理本といえましょう。

 

『土井善晴の料理100 料理がわかれば楽しくなる、おいしくなる』(2012年、学研パブリッシング)
『亀渕昭信×土井善晴 男の料理入門塾』(2010年、学習研究社)
『ごちそうのかたち』(2010年、テレビ朝日)
『土井善晴さんちの名もないおかずの手帖』(2010年、講談社)

 

『ふだんの料理がおいしくなる理由』(2009年、講談社)
『土井善晴の魚料理―さばいて、おいしく』(2009年、日本放送出版協会)
『土井善晴の定番料理はこの1冊』(2009年、光文社)
『日本のお米、日本のご飯』(2009年、講談社)

 

『マンガ版 お料理入門』(2008年、講談社)
『祝いの料理』(2007年、テレビ朝日)
『お箸で食べる洋食』(2007年、講談社)
『春夏秋冬ほしかったのはこんな味 土井家のおいしいもん』(2006年、講談社)

 

『土井善晴のDVD料理教室 土井流極意満載 家庭の和食』(2005年、講談社)
『我が家で和食』(1~100号、デアゴスティーニジャパン)
『裸のレストラン』(2005年、テレビ朝日)
『土井善晴の男の料理教室』(2005年、学研)

 

『四季の魚料理』(2005年、角川春樹事務所)
『土井家の「一生もん」2品献立』(2004年、講談社)
『ねこくんこんやはなにたべる?』2004年、リーブル)
『土井善晴の野菜党宣言』(2003年、世界文化社)

 

『新米ミセスの夜ごはん』(2003年、集英社)
『日本の家庭料理独習書』(2001年、高橋書店)
『四季の魚料理』(1996年、晶文社出版)

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。