講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

伊藤華英
(いとうはなえ)

北京/ロンドン五輪 水泳女子日本代表

べビースイミングから、水泳を始め、15歳で日本選手権に初出場。
女子背泳ぎ選手として注目される。 長い手足、長身でルックスの良さから
メディアからも注目される。

 

オリンピックにどうしても行きたいという強い気持ちで、2008年日本選手権女子100m背泳ぎで日本記録を樹立。
初めてオリンピック代表選手となる。

その後怪我により、背泳ぎから自由形に転向。
自由形の日本代表選手として世界選手権・アジア大会で数々のメダル獲得を経て、
2012年ロンドンオリンピック自由形の代表選手となる。

主な講演テーマ

夢は自分を強くする」

ココがオススメ!

北京及びロンドンオリンピックの水泳女子日本代表・伊藤華英氏は、15歳で日本選手権に初出場。
以降数々の大会で実績を積み、モデルを思わせる長身と長い手足、美しい容姿から、マスコミをはじめ大いに注目されてきました。

 

2008年には日本選手権女子100m背泳ぎにおいて日本記録を樹立し、北京オリンピック出場代表選手となります。
その後怪我により、背泳ぎから自由形に転向するも、日本代表選手として国際舞台で活躍。

 

数々のメダルを獲得し、2012年ロンドンオリンピックには自由形の代表選手として出場を果たします。
同年10月に現役を引退し、以降はピラティス指導者の資格取得をもとに、水泳とピラティスの素晴らしさを多くの人に伝えています。

 

そんな伊藤氏の講演は、モチベーション、チャレンジ、人生、夢の実現、スポーツ、水泳などの内容に及び、「夢は自分を強くする」をテーマに話をしてくれます。
また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK。

 

根っからの水泳好きで、オリンピックにどうしても出たいという強い意志を胸に、背泳ぎで北京オリンピックへの出場を果たした伊藤氏。
自由形転向後も、なんとしてもオリンピックの檜舞台に再び立ちたいという一念で、ロンドンオリンピックに出場します。

 

まさに、努力と信念の塊といえる存在で、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、文字通り夢の実現にむけて邁進することは、自身を強くし成長させることを学ぶのです。

主な経歴

★日本ピラティス指導者協会公認マットピラティスコーチ

べビースイミングから水泳を始め、15歳で日本選手権に初出場。
女子背泳ぎ選手として注目される。
長い手足、長身でルックスの良さから メディアからも注目される。

アテネオリンピック出場確実と騒がれたが、 選考会である日本選手権にて実力を発揮出来ず、オリンピック出場を逃す。
水泳が心底好きという気持ちと、オリンピックにどうしても行きたいという強い気持ちで、2008年日本選手権女子100m背泳ぎで日本記録を樹立。

 

初めてオリンピック代表選手となる。
その後怪我により、背泳ぎから自由形に転向。
自由形の日本代表選手として世界選手権・アジア大会で数々のメダル獲得を経て、2012年ロンドンオリンピック自由形の代表選手となる。

 

2012年10月の国体を最後に現役引退。
引退後はピラティスの資格取得とともに、 水泳とピラティスの素晴らしさを多くの人に伝えたいと活動中。

 

 

【競泳歴】

※水泳歴

2006年
日本選手権 200m背泳ぎ 優勝(日本新)
2008年
日本選手権 100m背泳ぎ 優勝(日本新)
2009年
世界選手権 400mフリーリレー予選(日本新)

 

※代表歴

2001年
世界選手権 100m背泳ぎ 7位
2003年
世界選手権 200m背泳ぎ 5位
2005年
世界選手権 100m背泳ぎ 6位、200m背泳ぎ 4 位

 

2007年
世界選手権 100m背泳ぎ 5位、200m背泳ぎ 5 位
2008年
北京オリンピック 100m背泳ぎ、8位200m背泳ぎ 12位
2011年
世界選手権 400mフリーリレー 7位

 

2012年
ロンドンオリンピック 400mフリーリレー 7位、800mフリーリレー 8位

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。