講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

野村忠宏
(のむらただひろ)

柔道家/オリンピック柔道金メダリスト/医学博士

1996年アトランタオリンピック、2000年シドニーオリンピックで2連覇を達成。2年のブランクを経てアテネオリンピック代表権を獲得し、2004年アテネオリンピックで柔道史上初、また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック3連覇を達成する。

2015年8月29日、全日本実業柔道個人選手権大会を最後に、40歳で現役を引退。国内外にて、柔道の普及活動を展開。また、テレビでのキャスターやコメンテイターとしても活躍。自身の柔道経験を元に講演活動も多数行い、全国を飛び回っている。

主な講演テーマ

「折れない心」
「夢を持ち続ける そしてあきらめないこと」
 など

主な経歴

【主な大会実績】
1995年全日本学生体重別選手権  優勝
1995年ドイツ国際        優勝
1996年チェコ国際        優勝
1996年全日本選抜体重別選手権  優勝
1996年アトランタオリンピック  優勝
1996年嘉納杯国際        優勝
1997年ロシア国際        優勝
1997年全日本選抜体重別選手権  2位
1997年世界選手権(パリ)    優勝
1998年全日本選抜体重別選手権  優勝
1999年講道館杯日本体重別選手権 優勝
2000年フランス国際       優勝
2000年全日本選抜体重別選手権  優勝
2000年シドニーオリンピック   優勝(2連覇)
2003年全日本選抜体重別選手権  優勝
2003年トレトリ国際       優勝
2004年フランス国際       優勝
2004年全日本選抜体重別選手権  優勝
2004年アテネオリンピック    優勝(3連覇)
2006年チェコ国際        優勝
2007年全日本選抜体重別選手権  優勝
2008年ドイツ国際        2位
2010年ワールドカップ(モンゴル)2位
2013年SWISS JUDO OPEN      優勝

 

主な著書

『戦う理由』(学研プラス)

人並みより小さな体で柔道を始め、中学時代には女子選手に負けるなど敗北を続けながらも努力を怠らず、アトランタ、シドニー、アテネの3大会で、オリンピック柔道史上唯一の3連覇を成し遂げた野村忠宏の半生と、アテネ大会後、4連覇を狙う北京五輪へ向けての稽古中に右膝前十字靭帯を断裂、その後も右肩甲下筋腱断裂などの怪我に直面しながら、怪我や年齢による衰えとの苦闘、心の葛藤を抱えながら「自分の柔道」と向き合いチャレンジしてきた道のり。戦い続けてきたことで見えてきた「戦うこと」の意味、たどりついた境地、40歳を過ぎるまで現役と真剣勝負にこだわり、引退を決意した理由。人生という長い戦いに打ち勝つ勇気が湧いてくる一冊です。

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。

講師を探す

ページトップへ