講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

京谷和幸
(きょうやかずゆき)

車いすバスケットボール男子日本代表アシスタントコーチ/元Jリーガー

1971年北海道室蘭市生まれ。地元の強豪・室蘭大谷高校へ進学し、1年生から背番号10番を背負い、全国高校選手権に3年連続出場を果たす。
卒業後はジェフ市原と契約し、プロサッカー選手になるという夢を叶えた矢先、1993年のJリーグ開幕半年後に交通事故で脊髄を損傷、車椅子生活となる。
その後出会った車椅子バスケットボールで新たな夢を見出し、2000年のシドニーパラリンピックから日本代表入りを果たすと、アテネ・北京・ロンドンと4大会連続でパラリンピックへ出場。
08年の北京大会では日本選手団主将を務めた。
競技を引退した後は指導者としての道を歩み始め、車椅子バスケットボール日本代表アシスタントコーチに就任。
2016年リオパラリンピックに出場し、自身5大会目のパラリンピックは指導者としての出場となった。
現在はU23日本代表のヘッドコーチも兼任し、若手の育成にも力を注ぎながら2020年東京パラリンピックでのメダル獲得を目指す。
また2013年から城西国際大学サッカー部の外部コーチを務めるなど、健常者・障害者の枠にとらわれない行動力で、現役引退後もスポーツの世界に貢献している。
また、障がい者雇用支援事業を行うパーソルチャレンジ株式会社にて、障がい者がより一層社会で輝ける機会を創出することを目的とした「障がい者チャレンジサポーター」として活動する他、講演会講師、千葉県教育委員会教育委員を務めるなど、活躍の場を広げている。

主な講演テーマ

※対象:小学生~中学生
「夢・出会い・感謝 ~パラリンピックへの道のり~」
Jリーガーという夢を叶えた矢先に事故でサッカーを奪われた京谷。失意の底から新たな輝きを取り戻したのはパラリンピックの舞台でした。夢を叶えるためのキーワードである「夢・出会い・感謝」。その真意を子どもたちに伝えます。

 

※対象:高校生
「夢を叶えるためのSTEP5 ~夢を2度叶えた男の生き方~」
「今、高校生に伝えたいこと ~出会いはチャンス!~」
「夢を叶えるために ~「ありがとう」こそ夢を叶えるための第一歩~」

「出会い=チャンスである」夢が明確な目標に変わっていく高校生に必要なことは、出会いを増やしていくこと。そのために必要なことは、感謝の気持ちを持つことだと京谷は言います。「プロサッカー選手になる」「パラリンピックに出場する」という2度の夢を叶え、今もまた新たな夢に向かう京谷の生き様を伝えます。

 

※対象:企業(新入社員向け・リーダー職/役員向けなど
「挫折からの挑戦 ~夢を2度叶えた男の生き方~」 「人間力」「失敗は成長のもと ~事故という失敗から学んだこと~」「私は事故という大きな失敗(挫折)によって成長することができた」

失敗は恐れるものではなく、そこから学び成長するためのステップであることを京谷は身を持って経験しました。スポーツでもビジネスでも失敗は必ず起こります。その時にその失敗とどう向き合うのか、京谷の経験談からビジネスに通じるノウハウを学ぶことができます。

 

※一般市民対象
「絆 ~人生を変えた様々な出会い~」 「絆 ~挑戦を支えた家族との絆~」「
夢を叶えるために ~全力の「ありがとう」を伝えていますか?~」
事故という挫折から京谷を救ったのは、妻や家族の存在でした。事故前は傲慢で自己中心的な性格だった京谷は、車いすになって初めて本当の感謝する気持ちが芽生えたそうです。京谷を救った絆たち、その絆たちを原動力にして叶えた夢のエピソードをお話しします。

その他活動

車椅子バスケットボール日本代表  アシスタントコーチ
車椅子バスケットボールU23日本代表  ヘッドコーチ
城西国際大学サッカー部 外部コーチ
パーソルチャレンジ株式会社 障がい者リクルーティングアドバイザー
日本スポーツ振興センター  SPORTS JAPAN アンバサダー
千葉県教育委員会 教育委員

ここがオススメ!

京谷和幸氏はJリーグ・ジェフ市原に所属するプロサッカー選手で、現在は車いすバスケットボールのパラリンピック選手として活躍。2000年シドニー大会、2004年アテネ大会、2008年北京大会と3回連続して日本代表として出場しています。京谷氏はJリーガーとして活躍した1年目の11月に交通事故に遭遇。下半身の機能を失ってしまいます。その後は車いす生活を余儀なくされ、サッカー選手として、将来を絶望したとしています。リハビリ目的で「車いすバスケットボール」を開始。当初は、これまでと勝手が違う競技に挑む戸惑いと、車いすを操作するもどかしさに悩まされていましたが、長女の誕生とともに子供に誇れる父親になることを決意。2004年9月には、週刊ヤングジャンプに京谷氏を主人公とした『轍-京谷和幸物語-』が掲載。2009年3月には京谷氏をモデルに描いた映画『パラレル』が公開されています。夢や目標を決めるのは、最終的には自分自身。様々な出会いや人の助けを借りて、突き進む過程で得るものが人の成長となるといいます。目標を達成し次の目標を目指す繰り返しの中で、人は成長し続けることが出来ることを示してくれます。不幸に見舞われても人は必ずそれを乗り越え立ち直ることができる。周りの人が必ず支えてくれる、失ったものの代わりに大きなものを得ることができるという、勇気、励ましをもらうことができる講演です。

主な経歴

北海道室蘭市出身。小学校2年からサッカーを始め、高校生の時にバルセロナ五輪代表候補となる。89年室蘭大谷高校から90年古河電気工業株式会社に入社。91年にジェフ市原とプロ契約。93年Jリーグ開幕半年後に交通事故で脊髄損傷、車椅子生活になる。リハビリの一環として車椅子バスケットボールを始めるが、その躍動感・充実感を知ることとなる。94年に千葉ホークスに入り、車いすバスケ選手としてスタートを切る。00年シドニーパラリンピック、04年アテネパラリンピック、08年北京パラリンピックの日本代表選手となる。北京では、日本選手団の主将も務める。4大会連続出場となる2012年ロンドンパラリンピックでは、悲願のメダル獲得を目指す。09年春、自身の実話が映画化された「パラレル」が公開された。2011年7月より、これまでのパラリンピアンとしての功績、講演活動による教育現場への貢献が評価され、千葉県教育委員会教育委員に就任し、活躍の場を広げている。競技以外の場面では、インテリジェンス(人材総合サービス業)提供の障がい者専門人材サービス事業にて、自身の経験や視点を生かし、企業や個人に向けたアドバイスを行う”障がい者リクルーティングアドバイザー”として活動するとともに、障がい者スポーツを多くの人たちに広めたいと「夢」「出会い」「感謝」をテーマに全国で講演会を行い、車いすバスケットボール教室なども積極的に行っている。

主な競技歴

■サッカー

【室蘭大谷高校時代】
<戦績>
・インターハイ 2回出場
・国体 3回出場(3年時、全国3位)
・高校選手権 3回出場(3年時、優秀選手賞)

<代表>
・1989年 日本ユース代表
・1990年 バルセロナオリンピック代表候補選出

 

【ジェフ市原時代】
1990年 古河電工(後のジェフ市原)入社
1991年 東日本JR古河サッカークラブ プロ契約
1993年 5月・Jリーグ開幕 ジェフ市原とプロ契約
10月・ナビスコカップ公式戦初出場
11月28日 交通事故により現役引退

 

車椅子バスケットボール

【国内大会】
※1994年千葉ホークス入団

<戦績>
全国車椅子バスケットボール選手権大会にて8度の全国制覇
(1994年・95年・96年・98年 2003年・05年・06年・07年)

<個人タイトル>
・全国車椅子バスケットボール選手権大会「ベスト5」
(2000年・02年・04年・07年・08年・12年)

・全国車椅子バスケットボール選手権大会「MVP」
(2005年)

 

【国際大会】
1999年 日本代表入り(~2012年)

<戦績>
2000年 シドニーパラリンピック 9位
2002年 北九州ゴールドカップ 8位
2004年 アテネパラリンピック 8位
2006年 アムステルダムゴールドカップ 7位
2008年 北京パラリンピック 7位 ※日本選手団主将
2010年 広州アジアパラリンピック 金メダル獲得
2012年 ロンドンパラリンピック 9位
2012年 9月 現役引退
*以降、指導者として

2016年 リオデジャネイロパラリンピック(AC) 9位
2017年 U23世界選手権(HC) 4位

主なメディア出演

■TV
・NHK「トップランナー」
・日テレ「24時間テレビ」
・TBS「バース・ディ」
・フジテレビ「すぽると」
・テレビ東京「みらいのつくりかた」
・スカパー「車椅子バスケットボール日本選手権解説」

■ラジオ
・ニッポン放送「ニッポンチャレンジドアスリート」
・文化放送「福井謙二のグッドモーニング」

■WEB
・電通報「車椅子バスケットボールの魅力」
・集英社「Sportiva」

■映画
「パラレル」(ギャンビット)2009年3月14日公開

■ドラマ
「君に捧げるエンブレム」(フジテレビ)2017年1月3日放送

著書紹介

『車椅子バスケのJリーガー~4度目のパラリンピック日本代表選手を目指して~』

車椅子バスケの日本代表選手であり、人気漫画「リアル」のモデルでもある京谷和幸さん。
Jリーガーだった彼の交通事故による挫折をともに乗り越えた妻・陽子さんとの感動ラブストーリー。

車椅子バスケットのプレイヤーとしてシドニー、アテネ、北京のパラリンピック3大会連続日本代表選手となり、北京では日本選手主将も務めた京谷和幸さん。また、映画「パラレル」では、妻・陽子さんとともに夫婦で主人公モデルとなった。元Jリーガーでジェフ市原のMFとして活躍していた京谷さんは、Jリーグ開幕の1993年、交通事故により脊髄損傷、下半身不随という傷を負い、車椅子生活となった。
事故当時、婚約者だった妻・陽子さんは結婚を望み、事故10日後に入籍。Jリーガーの栄光から奈落の底に落とされた和 幸さんを献身的にサポート。その後、1男1女にも恵まれ、事故から16年たった現在の京谷さんの活躍を常に「いちばん近いサポーター」として支え続けてきた。

 

この本は、2人の出会いから恋愛、事故、車椅子バスケとの出会い、出産、これからの希望を描きつくした感動の夫婦ラブストーリー。
夫婦だから、家族がいるから、ここまでがんばれる!と思われてくれる1冊。

『車椅子のJリーガー~いま僕はシドニー・パラリンピックの日本代表~』

もと、Jリーグ・ジェフ市原のミッドフィルダー。交通事故で引退。2000年、車椅子バスケットの日本代表選手として、シドニー・パラリンピックに出場。
夫婦で語る、その道のり。

『車いすバスケで夢を駆けろ~元Jリーガー京谷和幸の挑戦~』

(著)京谷和幸・陽子
もと、Jリーグ・ジェフ市原のミッドフィルダー。交通事故で引退。
2000年、車椅子バスケットの日本代表選手として、シドニー・パラリンピックに出場。
夫婦で語る、その道のり。

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。