講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

田原総一朗
(たはらそういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県彦根市生まれ、早稲田大学文学部卒業。
岩波映画製作所、テレビ東京を経て、’77年フリーに。
現在は政治・経済・メディア・コンピューター等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。

 

テレビ朝日系で’87年より『朝まで生テレビ!』(毎月最終金曜25:00~28:00)、’89年より『サンデープロジェクト』(毎週日曜10:00~11:45)に出演。
テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、’98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸賞)を受賞した。
’02年4月より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講、塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生たちの指導にあたっている。
’05年4月より早稲田大学特命教授。

主な講演テーマ

「時代を読む」
※時事ネタを盛り込んだ、様々なテーマでの講演が可能です。

ココがオススメ!

高校卒業後一度は就職するも、1年後に早稲田大学第二文学部に入学。
仕事と学業におわれやむなく中退するも、同第一文学部史学科に再入学、1960年に25歳で卒業を果たします。

 

岩波映画製作所を経て、1964年に東京12チャンネル(現:テレビ東京)に入社します。
今日みられる田原氏の姿は東京12チャンネル時代に培われたといっても過言ではないでしょう。

 

視聴率を取るためには普通のことをやっていたのではダメだとして、ドキュメンタリー番組のディレクターとして、多くの前衛的な作品を作り上げます。
それは現代においては考えられない作風といわれるくらい、過激なものであったといいます。

 

その後フリージャーナリストの道を歩み始め、テレビ朝日『朝まで生テレビ!』、『サンデープロジェクト』の討論コーナーの司会・出演で人気に。
田原氏の講演会は『朝まで生テレビ』での勢いも健在。

田原総一朗氏の講演会のご相談はスピーカーズにお任せ下さい。

主なメディア出演

【TV】

<テレビ朝日>
『朝まで生テレビ!』
『サンデープロジェクト』

 

【ラジオ】
<文化放送> 「田原総一朗オフレコ!」(毎週月曜21:00~21:30)

 

【雑誌】

『田原総一朗責任編集 オフレコ!』(アスコム)
週刊朝日『田原総一朗のギロン堂』(朝日新聞社)
月刊BIG tomorrow『現場主義!』(青春出版社)
月刊リベラルタイム『this Month!』(リベラルタイム出版社 )
週刊読書人『田原総一朗の取材ノート』(読書人)

 

【WEB】

日経BPネット コラム「政財界ここだけの話」
ネットラジオ「田原総一朗のタブーに挑戦!」(毎週木曜更新)

 

【映画】

『あらかじめ失われた恋人たちよ』(‘71年)監督。

 

主な著書

『面白い奴ほど仕事人間―自分で「自分」を生きよう』

常に強気の発言で知られるジャーナリスト・田原総一朗氏の熱さが伝わってくる、その生き方が表れている一冊です。人生は好きなことを探す旅であるという田原氏は、どんなときでも目の前の物事に真剣に向き合い、その積み重ねから紆余曲折を経て、現在の姿を探し当て、好きなことをトコトン打ち込んできた説得力が随所に垣間見られます。田原氏が誰よりも“面白い奴”であり、人生の壁にぶち当たった人にとって、大きな勇気を与えてくれます。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。