講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

蝶野正洋
(ちょうのまさひろ)

プロレスラー

1963年9月17日アメリカ・ワシントン州シアトル生まれの東京都三鷹市育ち。
1984年、新日本プロレス入門し、同年プロデビュー。
海外遠征を経て、帰国後はG1クライマックスにおいて前人未到のV5を達成し、92年には第75代NWAヘビー級王座を奪取。96年にはnWoジャパンを設立して一大ムーブメントを起こし、その後、TEAM2000を結成するなど、いまなお絶対的な存在感を放ち、「黒のカリスマ」の異名を持つ。
現在は、長州力らと共に結成した新日本プロレスのユニット「レジェンド」の一人として活躍中。

会社経営者としての顔も持ち、オリジナルブランド「アリストリスト」は設立10年を迎え、ビジネスセンスを活かして更なる業務拡大を目指す。
さらに、近年は社会貢献活動にも参加。救急救命(AED)啓発活動やAIDS予防啓発活動においては、自身の参加に加え、イベント・勉強会のプロデュースも手がけている。

主な講演テーマ

「命を守る強さとはなにか~救急救命処置の必要性~」

蝶野正洋は2010年から救急救命の啓発活動を始め、
省庁、各自治体、地域が行う救命イベントなどを支援しており、
2014年には一般法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会を設立しました。

救命措置が必要な現場は、救援を待つまでの間、民間での対処対応が求められています。
人が倒れたとき、怖がらずに一歩を踏み出すにはどうしたらいいのか

人命を守るための知識は、日常社会、家庭でも必要なものであり、
救急救命の知識の向上は、安心して住める街づくりにもつながります。
蝶野正洋が、命を守る強さとはなにかについて語ります。

 

「会社に負けない喧嘩の仕方~自己プロデュース力」

入門当時は同期の武藤選手や故橋本選手などに比べると、 技もなく地味で目立たなかった蝶野正洋。 しかし、次第に頭角を現し、注目を集めるようになりました。

同期に負けず上司に認められる為の自分の価値の高め方 「外に出て恥をかき自分の偏差値を知れ」 「自分の先を行く同期との距離感を保て」 「金を生まない奴に喧嘩をする権利はない」 「早めに第二の人生の布石を打て」 など、今、そしてこれから社会で頑張る人々に向けた熱いメッセージ!

 

「蝶野流 経営論」

蝶野正洋の持論のひとつは「プロスポーツ選手はビジネスマンでなければならない」。

25年間の現役生活における様々な場面で、ビジネスセンスとマネジメント力を発揮し、数々の企画・団体・興行をプロデュースし、成功させてきました。

新日本プロレス現場総監督として「nWoジャパン」「TEAM2000」「PREMIUM」の企画運営、新日本プロレス取締役時代、そして自身の会社アリストトリスト経営など数々の実績と経験に基づく熱い経営論を展開します。

他、子育てに関する講演やトークショー なども好評です!

ここがオススメ!

新日本プロレス時代に、武藤敬司選手、橋本真也選手とともに「闘魂三銃士」として売り出したプロレスラー・蝶野正洋氏。1992年には、ビッグタイトルであるNWA世界ヘビー級王座を獲得し、一流選手の仲間入りを果たし、人気レスラーとなります。

1996年には必殺技「アックスボンバー」でおなじみのハルク・ホーガン選手率いるnWoに加入し、帰国後に日本支部であるnWo JAPANを結成し総帥に就任します。有名選手が次々と加盟し、ブランドとなった「nWo Tシャツ」が大量に販売されるなど、ブームを巻き起こしました。

蝶野氏は、選手活動の一方で、1999年12月より、アパレルブランド「ARISTTRIST」(アリストトリスト)の経営にも携わっています。リングコスチュームのコンセプト同様、黒を基調としたデザインで、「ストリート・フォーマル・ファッション」をキーワードに、アパレル以外にもサングラスや靴までトータルコーディネートができる提案を行っています。

さらに、救急活動セミナーへの参加や青少年非行防止キャンペーン、AIDS予防啓発活動、薬物乱用防止など、幅広い社会貢献活動にも熱心に取り組んでおります。

そんな蝶野氏の講演は、アスリートと経営者の2つの視点から語られる貴重なコメントに溢れています。また、フォーラム、セミナー、トークショーでも様々な話を披露してくれます。

「組織が大きければ大きいほど競争が激しい。それはプロレスの世界でも、一般のビジネスの世界でも同じ」という蝶野氏。新日本プロレス時代に経験した、同期の振るい落としを目的とする厳しい練習の話や、興行であるプロレスは、観客動員数などの数字を厳しく評価されるため、自らを黒のイメージで定着させ、自己プロデュースに成功した話などは、蝶野氏ならではの説得力に溢れ、講演、フォーラム、セミナー、トークショーの聴衆を魅了して止みません。

主な活動実績

【プロレスラー選手経歴】

1984年  新日本プロレスへ入門。10月5日、越谷市体育館における武藤敬司戦でデビューする。
1987年  3月、「ヤングライオン杯」で優勝し、1989年10月まで海外遠征。
1990年  4月27日、武藤と組んで第12代IWGPタッグ王座に輝く。
1991年  8月に開催された「G1 CLIMAX」の第1回大会では、決勝戦で武藤を下して優勝。
1992年  「G1」2連覇を達成し、同時に第75代NWA世界ヘビー級王者となる。
1994年  8月の「G1」で、自身3度目となる栄冠に輝き、“夏男”と称される。この優勝をきっかけにヒールに転身。
1995年 2月に天山広吉、ヒロ斎藤と狼群団を結成。
1996年  12月にはWCWで人気を博したユニットnWo入りし、日本でnWoジャパンを立ちあげて一大ムーブメントを築き上げる。
1998年  8月8日、藤波辰爾を下して第22代IWGPヘビー級王者に輝く。
1999年  4月10日、大仁田厚と電流爆破デスマッチを敢行。5月にはドン・フライ、AKIRAとT2000を結成。
2000年  2月に天山広吉、小島聡らを加入させて勢力を拡大する。
2002年  2月、アントニオ猪木から新日本プロレスの最高現場責任者に任命される。3月24日、天山とのタッグで第43代IWGP タッグ王者に輝き、8月の「G1」で優勝。
2003年  7月のハワイ遠征では、ロパーカを破り、HCW認定ヘビー級王座を獲得する。
2004年  2月、現場監督を辞任。
2005年  8月、「G1」を制覇し、これで同大会5度目の優勝を達成した。10月8日、ブロック・レスナー、藤田和之と新 日本マット史上初となる3WAYマッチで激 突。10月30日、天山とのタッグで棚橋弘至&中邑真輔を下し、第48代IWGPタッグ王者に輝く。以降3度の防 衛に成功するが、天山との決別で “蝶天タッグ”解消。同王座は剥奪処分となった。
2006年  海外修行から帰国した中邑と電撃合体し、11月の「G1 TAG LEAGUE」を制覇した。
2007年  1月4日、東京ドームにて約8年ぶりに武藤とタッグを結成。“テンコジ”こと天山&小島をを撃破する。8月11日、永田を下して「G1」通算50 勝の大偉業を達成。8月12日、長州力、越中詩郎らと共に“レジェンド”を結成した。

 

【会社経営】

蝶野正洋のリングコスチュームを奥様がデザインした事から始まった、
オリジナルブランド「アリストリスト」は
マルティーナ夫人と2人3脚でブランド会社経営をし、10年を迎えます。
ブラックを基調とし、「ストリート・フォーマル・ファッション」をキーワードに
アパレル以外にもサングラスから靴までトータルデザインを手がけています。
ドイツ人であるマルティーナ氏のデザイン表現と、
蝶野正洋のビジネスセンスを活かして更なる業務拡大を目指しています。

主なメディア出演実績

【テレビ】

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(NTV系)
どっちの料理ショー(YTV系)
英語でしゃべらナイト(NHK)
男の食彩(NHK)
地頭クイズソクラテスの人事(NHK)
天才!志村どうぶつ園(NTV系)
太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。(NTV系)
学校へ行こう!(TBS系)
世界バリバリ☆バリュー(TBS系)
はなまるマーケット(TBS系)
ニュースの森(TBS系)
笑っていいとも!(CX系)
ごきげんよう(CX系)
めちゃ2イケてるッ!(CX系)
メントレG(CX系)
VVV6東京Vシュラン(CX系)
徹子の部屋(CX系)
NANDA!?(EX系)
最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学(EX系)
大改造!!劇的ビフォーアフター(EX系)
銭形金太郎(EX系)
アメトーク(EX系)
「ぷっ」すま(EX系)
TVチャンピオン(TX系)
ヘビメタさん(TX系)
ココリコミリオン家族(TX系)
ペット相談(NHKBS2)
BS熱中夜話(NHKBS2)

 

【ラジオ】

ARISTRIST蝶野王国(TOKYOFM)
TRANSIT(TOKYOFM)
東京コンシェルジュ(J-WAVE)
テリー伊藤のってけラジオ(ニッポン放送)
つれあいは外国人(NHKラジオ短波放送)

 

【CM】

サントリー缶チューハイ「-196°Cストロングゼロ〈ダブルレモン〉」
サントリービール『ジョッキ生8クリアストロング』
産経新聞(イメージキャラクター)
東洋水産『マルちゃん焼きそば』
テクモ『NINJYAGAIDEN2』

 

【映画】

オフィス北野・東京テアトル『監督・ばんざい!』
ウルトラマン『大怪獣バトルウルトラ銀河伝説』レイブラッド星人(声)
日本ヘラルド映画「80デイズ」日本語吹き替え
日本ヘラルド映画「ブレイド3」日本語吹き替え

 

【その他の活動】

IOFT2003『第16回日本メガネベストドレッサー賞』受賞(03/10月)
MTV『ビデオミュージックアワードジャパン2004』プレゼンター(04/5月)

防災・救急救命啓発活動

【2015年】
・神奈川県庁本庁舎『AEDをもっと身近なものに~救命知識と生活習慣病予防で減らせ突然死~』にパネリストとして参加(7月4日)
・スペシャルオリンピックス日本・東京『救急救命体験イベント』に特別講師として参加(6月6日)
・『こすぎ防災フェス』心臓マッサージ講習に特別ゲスト出演(3月14日)
・『第15回JAPANドラッグストアショー』において『救える命はもっとある 蝶野正洋のもしもの時の救命講習』を開催(3月14日)
・『平成26年度全国消防団員発表会、消防庁消防団等表彰及び消防団協力事業所表示証交付式』に審査員として参加(2月23日)
・山形県教育委員会主催「救急救命講習」に特別ゲストとして参加(2月22日)
・『第29回消防団員意見発表会・講演会』で基調講演(2月8日)

【2014年】
・『第24回全国消防操法大会激励会』に応援ゲスト参加(11月7日)
・東村山・清瀬『安心・安全な街づくりのつどい』に特別ゲスト参加(10月11日)
・『AEDをもっと身近なものに~救命知識の普及と地域におけるドラッグストアの役割~』シンポジウム出席(9月7日)
・『消防団を中核とした地域防災力充実強化大会』出席(8月29日)
・『第14回ドラッグストアショー』AED普及イベントにゲスト出演(3月14日)
・東京マラソン『1500人参加による普通救命講習』にゲスト登場(1月19日)

【2013年】
・『第13回ドラッグストアショー』AED普及イベントにゲスト出演(3月15日)
・東京マラソン『普通救命講習』のゲストとして登場(1月19日)

【2012年】
・金町消防署『防災のつどい』で防災講演開催(11月8日)
・『みんなで考える横浜の救急~こどもの救急医療~』にゲスト参加(9月8日)
・金町消防署『金町セーフキッズセミナー』にゲスト参加(3月10日)

【2011年】
・東京消防庁 第六 消防方面本部 消防救助機動部隊を激励訪問(7月22日)
・『横浜消防出初式2012』で、トークライブに出演(1月8日)

【2010年】
・東久留米『平成22年度東京消防庁救急セミナー』にゲスト参加(9月9日)
・『キッズフェスタ~親子で参加AED大講習会』特別講師として参加(8月17日)

 

講演料金目安

別途ご相談ください

ギャラリー

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。