柔道テーマの講師

 柔道の源流は、刀を使う剣術や槍を使う槍術等に対する、素手で戦う武術の総称「柔術」です。それは、投げ技だけなく、サブミッションホールド、当て身などあらゆる技が含まれており、現在の総合格闘技に近いスタイルといえます。
 しかし、明治時代になると、武術は必要とされなくなったため、柔術関係者は生き残りを模索します。そのなかで、嘉納治五郎氏は、柔術二流派の技術を取捨選択し、当て身や立ち技のサブミッションホールドなどの比較的危険とされる技を排除。腰技を中心に技術を体系化し、崩しの理論などを確立して柔道をつくりあげ、講道館柔道の創始者となりました。
 現在の柔道は、オリンピックなどで最もメダル獲得が期待される日本のお家芸であるだけでなく、世界の「JUDO」となり、心身を鍛え上げる武道として世界中に普及。国際柔道連盟の加盟国・地域も199カ国に上ります(2007年9月現在)。特にフランスの登録競技人口は50万人以上とされ、子供たちのなかには、柔道を自国発祥の競技であると錯覚する子もいるほどに普及しています。

 Speakersでは、柔道をテーマとした講演をご提案しております。ご案内する講師には、オリンピックのメダリストをはじめ一流の柔道指導者を揃えました。ぜひ、Speakersの講演で、柔道を通じて得た心身の鍛え方などをご確認ください。

古賀稔彦古賀稔彦柔道家

講演テーマ「人生の教科書」

豪快な一本背負投が得意技であることから「平成の三四郎」と呼ばれる。バルセロナ五輪での大怪我を負いながら金メダル獲得は日本に感動を呼ぶ。

北田典子北田典子柔道家

講演テーマ「人生の教科書」

ソウル五輪(公開競技種目)にて銅メダル獲得。全日本女子チームや三井住友海上のコーチを歴任し、金メダリストを輩出するなど指導者として手腕を発揮。

講師検索

検索条件:
柔道
該当件数:
全4件中1件目から件目の10件を表示

古賀稔彦柔道家

出身地:佐賀県

講演テーマ

「人生の教科書」
「自分で問題解決できる選手を育てる」

<プロフィール>豪快な一本背負投が得意技であることから「平成の三四郎」と呼ばれる。バルセロナ五輪での大怪我を負いながら金メダル獲得は日本に感動を呼ぶ。

山田晶歯科医師/あん摩マッサージ指圧師

出身地:群馬県

講演テーマ

「身体の歪みと老化の本質」

腰痛は悪ではなく、骨格のズレたサインに他ならない。『ゴムバンド健康法と老化の本質』を多くの人々に伝えている。

貴闘力忠茂元関脇 貴闘力、実業家、焼肉店経営

出身地:兵庫県

講演テーマ

『人生これからや!どん底から這い上がる貴闘力流の成功哲学』
『貴闘力の巨大ちゃんこ鍋 ふるまいイベント(食事付・握手&サイン会)』

<プロフィール>元大相撲力士、2000年3月場所には史上初の幕尻優勝を達成。2002年9月場所を最後に現役を引退、大鵬部屋の親方となった。2010年、親方を退いた後は、かつての自身の部屋の近くに「焼肉本店ドラゴ」を開店し、現在では約20店舗にまで広げる。

北田典子日本柔道育英学会 講道学舎 常務理事・公益財団法人全日本柔道連盟 理事

出身地:東京都中央区

講演テーマ

「私とオリンピック」
「私と柔道」

<プロフィール>ソウル五輪にて公開競技ながら3位で銅メダル獲得。全日本女子チームや三井住友海上のコーチを歴任。現在は講道学舎の指導者として活躍。

柔道テーマ関連リンク

オススメ講師

原晋原晋青山学院大学陸上競技部監督

講演テーマ

「サラリーマンの大逆転~箱根駅伝優勝までの道のり~」

栄和人栄和人文部科学省委託 JOCナショナルコーチ

講演テーマ

「常に向上心 金メダルにタックル!」
「オリンピック3連覇への道」

古田敦也古田敦也スポーツコメンテーター

講演テーマ

「選手として、監督として」

眞鍋政義眞鍋政義元全日本女子バレーボール代表監督

講演テーマ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー