講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

セイショーコ
(せいしょうこ)

スタイリスト/衣装デザイナー

広告、雑誌、ミュージックビデオ、TV、映画、舞台など幅広いメディアの第一線で活躍する衣装スタイリスト、衣装デザイナー。

 

2007年 フリーランスとして独立。

 

2008年 来日中のパトリシア・フィールド(『プラダを着た悪魔』『Sex and the City』他)に師事。

それを機に、その才能を広く認められていく。フォーマルからカジュアル、ドラマからSFに至るまであらゆるジャンルにおいて独創的であり続けることができる稀有な才能が高く評価され、様々なシーンで日本のクリエイティブ向上に貢献してきた実績を持つ。早着替えに代表される特殊な衣装ギミックにも精通し、衣装クリエイティブ全般において手腕を発揮できる数少ないクリエイター。

 

2011年 アメリカニューヨーク近代美術館(MOMA)で展示されたSputniko!の作品「Menstruation Machine – Takashi’s Take(生理マシーンタカシの場合)」映像作品で衣装スタイリングを担当。

 

2013年 ShokoSei inc.設立。2014年代表作であるアヴリル・ラヴィーン『ハローキティー』のミュージックビデオで衣装デザインスタイリングを担当。2021年 SEI SHOKO STYLING OFFICEを展開。

 

広告等のマスメディアだけでなく、一般ユーザーを対象にした新たな活動を開始。これまでの活動経験を活かしコーディネートとスタイリングを通じて、”素敵な自分”を発見してもらえるようなサービスを提供している。

 

2022年 2月にはTV通販ショップチャンネル『I’m Not by ShokoSei』でオリジナル商品を展開し、好評を博した。

 

◇公式ホームページ

www.shokosei.com

◇パーソナルスタイリングホームページ

https://styling-office.shokosei.com/

主な講演テーマ

「お洋服の大切さ~気分や印象を自在に操る~」ビジネスパーソン・一般向け

洋服の素材や色などにより気持ちが変わることや、プライベートやビジネスでも洋服によって相手に与える印象が大きく異なります。

例えば、元気がない時に黄色い洋服を着ると気持ちが明るくなるといった、ファッションが、素敵な人生を送るための道具として使えることを広めていきたいと考えています。

 

「衣装スタイリスト衣装デザイナーとして」スタイリストを目指している人向け

どのようにして日々働いているか、専門学校に行かず、どのようにスタイリスト衣装デザイナーになったのかなど また23歳から起業して15年、これまでのさまざまな経験を語ります。これから起業したい人やフリーランスを目指す人に自身の経験をもとにお話しします。

 

「クローゼットのありかた」一般向け

クローゼットの中身は人生と同じです。クローゼットについての相談をよく耳にします。パーソナルスタイリング事業を展開しているプロならではのお話をします。

 

女性起業家として活躍するマインド」はたらく女性向け

若い頃から日本のみならず、海外との仕事を会社の一社員としてではなく、個人で受けてきました。起業して個人で活動していこうと決断した時から現在までの経緯やマインドをお伝えし、女性がこれからより活躍していく為のヒントにしていただけるようなお話をお伝えします。

主なメディア出演

・TBS「有吉ジャポンII ジロジロ有吉」

・テレビ朝日「musicるTV」愛踊祭~あいどるまつり~
・テレビ東京「〇〇と新どうが」

・テレビ朝日「見る人が見た!!」

・ちゃおサマーフェスティバル2013

・テレビ東京 プリティーリズムSTUDIO
・TBS系「テイクミーアウト~Take me out」
・RKB毎日放送「九州青春銀行」Quatize×スタイリスト セイ ショーコドキュメント

・通販、テレビショッピングのショップチャンネル

 

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

ギャラリー

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。

講師を探す

ページトップへ