国際情勢テーマの講師

ブレグジット(英国のEU離脱)ドナルド・トランプ氏の第45代アメリカ合衆国大統領就任など、今、世界が大きく揺れています。 世界最大の英語辞典・オックスフォード英語辞典は2016年を象徴する「Word of the year」に、「ポストトゥルース(post-truth)」を選出しました。 これは「世論形成において、客観的事実が感情や個人的信念に訴えるものより影響力を持たない状況」を意味します。
そして、迎えた2017年。 先行きの不透明な状況が続いているユーロ圏においてオランダ総選挙、フランス大統領選挙、ドイツ連邦議会選挙が相次いで行われます。 その政治情勢が世界に与える影響は計り知れません。
そんな中、忘れてはいけないことは、いつの時代にも波乱は起こり得るということ。 そして政治、経済、外交といったさまざまな側面において国際情勢を知ることが、その波乱に対応する柔軟性を身につけることに繋がるのです。 世界は低成長やマイナス金利など、これまでに直面した事の無い事態に向き合っています。 しかし状況の変化にうまく対応できる人・国が新たな時代を切り開いていくのです。混迷する国際情勢を乗り切るために、Speakersの講演をご利用ください!

【政治動向】 【経済展望】 【外交・安全保障】

   元NHKワシントン支局長! 生き残るためのインテリジェンスを伝える!

手嶋龍一

手嶋龍一 氏

 外交ジャーナリスト

・元NHKワシントン支局長
・9・11同時多発テロ事件では11日間にわたる24時間連続放送を担当

【主な講演タイトル】 「アジア半球の時代と日米同盟」

テレビでも活躍中の外交・安全保障のスペシャリスト。現在は慶應義塾大学大学院教授としてインテリジェンス論を担当し、後進の育成にも取り組んでいる。

手嶋龍一氏への講演依頼ページはコチラ⇒

前大阪市長が見るトランプ大統領

橋下徹橋下徹弁護士

講演テーマ「改革の進め方」

38歳で大阪府知事に就任。大阪市長、国政政党代表などを歴任する。政界引退後は、政策アドバイスと法律実務を手掛ける弁護士として活動中。

NYで活躍するヘッジファンドマネジャー

堀古英司堀古英司ホリコ・キャピタル・マネジメントL L C 最高運用責任者

講演テーマ「これからの米国経済・株式相場の見通し」

東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)為替資金部ドル・円ディーラー、部長代理、同ニューヨーク支店バイス・プレジデントを歴任した後、ニューヨークにてファンドマネジャーとしてヘッジファンドの運用に携わる。

【政治動向】

    

トランプ陣営に人脈

蟹瀬誠一 蟹瀬誠一国際ジャーナリスト

講演テーマ

「世界を読み解くキーワード」

    

中国の今後

萩谷順 萩谷順法政大学法学部教授

講演テーマ

「激動する国際環境と日本」

    

安倍政権の進む道

長谷川幸洋 長谷川幸洋東京新聞・中日新聞論説副主幹

講演テーマ

「安倍政権と今後の日本」

    

政治経済~宗教まで

宮崎哲弥 宮崎哲弥評論家

講演テーマ

「今後の日本経済の行方」

【経済展望】

    

政権ブレーン

竹中平蔵 竹中平蔵慶応義塾大学総合政策学部教授

講演テーマ

「世界経済の潮流と日本の進むべき道」

    

メディア出演多数

岸博幸 岸博幸慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授

講演テーマ

「混迷する政治と経済を斬る」

    

ネット上で高い支持

三橋貴明 三橋貴明経済評論家

講演テーマ

「どうなる日本と世界経済の行方」

    

地政学を知る

小西克哉 小西克哉国際ジャーナリスト

講演テーマ

「地政学的リスクからみた日本経済」

【外交・安全保障】

    

元防衛大臣

森本敏 森本敏安全保障スペシャリスト

講演テーマ

「激変する世界と日本外交」

    

危機管理

小川和久 小川和久軍事アナリスト

講演テーマ

「激動する国際情勢と日本の安全保障」

    

北朝鮮の現状

辺真一 辺真一コリア・レポート編集長

講演テーマ

「アジアの中の日本~近隣諸国とどう向き合うべきか」

    

国際テロの脅威

菅原出 菅原出国際政治アナリスト

講演テーマ

「中東地域をめぐるパワーゲームと地政学リスク」

    
    
    
▲TOP

講師検索

検索条件:
国際情勢
該当件数:
全58件中1件目から10件目の10件を表示

鳥越俊太郎ジャーナリスト

出身地:福岡県

講演テーマ

「鳥越流 健康でポジティブな人生の歩き方」
「がんとの付き合い方 ~経験者が語る患者の実態~」
「日本を読む、世界を読む」

<プロフィール> 毎日新聞退社後「ザ・スクープ」のキャスターに就任。以後多くのニュース番組のキャスターとして活躍。'05年自らがんであることを告白。がんとの向き合い方などの講演も積極的に行う。

渡部陽一戦場カメラマン

出身地:静岡県

講演テーマ

「世界からのメッセージ〜平和と命の大切さ〜」

<プロフィール>学生時代より数々の現地を取材、撮影し、後に戦場カメラマンとして活動。世界中を飛び回り、戦争の現実を伝えている。

門倉貴史エコノミスト

出身地:神奈川県

講演テーマ

「日本経済の行方」
「新たなビジネスチャンス」

<プロフィール>2005年、BRICs経済研究所代表へ就任。「ホンマでっか!?TV」など様々なメディア活躍中。

田原総一朗ジャーナリスト

出身地:滋賀県

講演テーマ

「時代を読む」

<プロフィール>政治・経済・メディア・コンピューター等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けるジャーナリスト。

古谷経衡文筆家

出身地:北海道

講演テーマ

「古谷流、ニュースから社会を読み解く」 
「歴史に学ぶ、戦略>戦術>作戦の人生観」

インターネットとネット保守、若者論、社会、政治、サブカルチャーなど幅広いテーマで執筆評論活動を行う。

中島岳志東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授

出身地:大阪府

講演テーマ

「リベラル保守という構想」
「安倍内閣が向かう先」

近代における日本とアジアの関わりを研究し著書『中村屋のボース』で大仏次郎論壇賞、アジア太平洋賞大賞を受賞。自らのスタンスを「リベラル保守」と公言する政治・歴史学者。

江上剛作家

出身地:兵庫県出身

講演テーマ

「奇跡のモノづくりが教えてくれる日本再生に必要な事」
「成り上がり~明治を駆け抜けた経営者たち~」
「起死回生―時代を生きぬく経営力」
「日本の再生のカギはアジアにあり~アジアビジネス最前線」 他

<プロフィール>兵庫県出身の作家。銀行員としての傍ら、02年「非情銀行」で小説家デビュー。 03年退行後、作家として本格的に活動。経済小説の枠にとらわれない新しい金融エンタテイメントを描いている。

藤田正美元ニューズウィーク日本版 編集長

出身地:東京都

講演テーマ

「今日を読み、明日に備える」
「どうなる?今後の日本」
「この時代をどう生き抜くか?」など

(プロフィール)元ニューズウィーク日本版 編集長。現在、東京大学政策ビジョン研究センター特任研究員。インターネットを中心にコラムを執筆するほか、テレビにコメンテータとして出演。また、ファシリテーターとしての出演も好評。

金美齢評論家

出身地:台湾・台北

講演テーマ

「共生時代に女性は輝く」
「アジアの中の日本」
「日本再生への提言」

<プロフィール>多くの大学で講師を歴任。テレビを始め、新聞・雑誌など各種メディアにおいて、家族・子育て・教育・社会・政治等、幅広い分野にわたって様々な提言を行っている。

長谷川幸洋東京新聞・中日新聞論説委員、ジャーナリスト

出身地:千葉県出身

講演テーマ

「安倍政権と今後の日本」
「激動する世界~日本の針路を考える」

<プロフィール>千葉県出身の東京新聞・中日新聞論説副主幹。政局の節目を他に先駆けていち早く予想し、的中させた実績をもつ。

国際情勢テーマ関連リンク

オススメ講師

橋下徹橋下徹前大阪市長  弁護士

講演テーマ

「地方から国を変えるということ~橋下改革の実相~」
「大阪行政の現場から見た日本の未来 」 

鳥越俊太郎鳥越俊太郎ジャーナリスト

講演テーマ

「鳥越流 健康でポジティブな人生の歩き方」
「がんとの付き合い方 ~経験者が語る患者の実態~」
「日本を読む、世界を読む」

東国原英夫東国原英夫前宮崎県知事

講演テーマ

「逆境にこそ学べ」
「日本をどげんかせんといかん!」

渡部陽一渡部陽一戦場カメラマン

講演テーマ

「世界からのメッセージ〜平和と命の大切さ〜」

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー