講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

江上剛
(えがみごう)

作家

モーレツ銀行マンとして、数々の不祥事解決に手腕を揮う。
梅田・芝支店の後、本部企画、人事関係(総括部、業務企画部、人事部、広報部、行内業務監査室)を経て、高田馬場、築地各支店長を務める。

 

97年「第一勧銀総会屋事件」に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。
その後のコンプライアンス体制に大きな役割を果たす。
銀行員としての傍ら、02年『非情銀行』で小説家デビュー。
03年退行後、作家として本格的に活動。
『失格社員』(新潮社)はベストセラーに。

出身・ゆかり

兵庫県・大阪府

主な講演テーマ

<日本再生>

「これからの日本経済と企業の進むべき道」
経済状況が不安定な近年、これからの日本経済はどのように変化していくのでしょうか。影響を及ぼす、最新の国内外の社会ニュースも絡めて、今後の日本経済の見通しをお話しいたします。

 

また、この状況のなかで、企業が存続しさらなる成長・躍進を遂げるために、経営者として取るべき行動や思考法、日本企業の進むべき道について、銀行員時代に多くの企業再生を目にし、現在は作家として多くの経営者や企業現場を取材し執筆している江上剛が、取材で得られた事例などを盛り込みながら、お話いたします。

 


「奇跡のモノづくりが教えてくれる日本再生に必要な事」
経済が低迷する中、東日本大震災で大きな打撃を受けた日本。日本が立ち直るためにはどうしたらよいか。
再生に必要な事が日本のモノづくりの中にあるのです。戦後復興を支えたのも日本のモノづくりでした。

 

多くの困難や挫折を経験しながらも、希望を捨てずに道を切り開いた人物のエピソードは、日本再生に必要な事のみならず、不安に打ち勝つ勇気を与えてくれます。

 

 

「日本の再生のカギはアジアにあり~アジアビジネス最前線」
発展を続けている中国やインドはもちろん、いまやマーケットとしても大きな可能性を秘めている東南アジア諸国を約1年間、毎月取材しています。

 

随時最新のリポートを交えて、アジアにおける日本企業のあり方、今後のアジアの行く末を提案します。

 

 

<経営論>

「成り上がり~明治を駆け抜けた経営者たち~」
明治の動乱の時代を駆け抜け日本経済の礎を築いた安田善次郎、池田成彬ら。
かれら成功者のマインド、その生き方はまさに『成り上がり』であった。

 

震災や円高の影響で、戦後最悪の経済状況にある日本。
経営者に求められているのは彼らが持っていた覚悟ではないだろうか。全ての経営者に贈る過去からの教訓。

 

 

「起死回生―時代を生きぬく経営力」
企業を存続していくためには、経営者の判断力が重要です。
ただ生き残りを図るだけでは、衰退していくだけで成長はありません。
必要なのは、企業を再成長に導く力です。
今、企業・経営者が取るべき選択とは。
その問いに対し、銀行員時代に多くの企業再生を目にし、現在は作家として多くの経営者と取材を行っている江上が語ります。

 

 


「ビジネスマンの幸福論」
昭和52年から26年間駆け抜けた銀行員生活。
銀行員になることをすすめてくれた井伏鱒二先生の言葉。
ビジネスマンになりたての江上に自信を与えた梅田支店長の言葉。
総会屋事件の渦中で息子が背中にかけてくれた言葉。
退職届を出した時の妻の言葉―。
“人生に七味あり”江上が人生で出会ったさまざまな金言を紹介。
ビジネスマンとして真摯に生きるとは何か若手から壮年まで心に響く一言を贈ります。


その他、「組織における決断と責任」「中小企業の再生へのヒント」などの講演テーマで語ります。

 

 

ココがオススメ!

作家・江上剛氏は旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)行員として、様々な行内改革に携わりながら、2002年に銀行を舞台とする『非情銀行』で作家活動を開始。

 

2008年8月に刊行された『隠蔽指令』は、2009年10月にWOWOW連続ドラマW枠で映像化されています。
また『部下を活かす上司、殺す上司』(2009年4月)、『もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら』(2010年7月)、『聖書に学ぶビジネスの知恵』(2010年10月)、『奇跡のモノづくり』(2011年8月)などの一般向けビジネス書・教養書も多く上梓。

 

自身の経験を基にして書かれた『55歳からのフルマラソン』も大いに注目されました。
さらに作家業の傍ら、テレビ朝日系情報バラエティ番組「スーパーモーニング」、日本テレビ系CS放送報道番組「日テレNEWS24」の「汐留リーダーズEYE」の金曜日レギュラーコメンテーター、フジテレビ系情報番組「めざましどようび」のレギュラーコメンテーターも務めました。

 

江上氏の講演テーマは「奇跡のモノづくりが教えてくれる日本再生に必要な事」「成り上がり~明治を駆け抜けた経営者たち~」「起死回生時代を生きぬく経営力」「日本の再生のカギはアジアにあり~アジアビジネス最前線」など。

 

またフォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!
経済・企業に対する確かな分析力と、分かりやすくソフトな語り口には定評があります。

主な経歴

1954年1月7日生まれ。兵庫県出身。
77年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。

モーレツ銀行マンとして、数々の不祥事解決に手腕を揮う。
梅田・芝支店の後、本部企画、人事関係(総括部、業務企画部、人事部、広報部、行内業務監査室)を経て、高田馬場、築地各支店長を務める。
2003年3月に退行。

 

97年「第一勧銀総会屋事件」に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。
その後のコンプライアンス体制に大きな役割を果たす。

 

銀行員としての傍ら、02年『非情銀行』で小説家デビュー。
03年退行後、作家として本格的に活動。
『失格社員』(新潮社)はベストセラーに。

 

クラレや、JAL、JR東日本等大企業を題材とした小説も多く、入念な取材を基に、リアルな社内模様を描いている。

 

 

【主なメディア出演】

テレビ
<フジテレビ>「みんなのニュース」(水~金)「新報道2001」
<NHKBS1> 「Biz+サンデー」
<日本テレビ>「真相報道―バンキシャ!」
<テレビ朝日>「報道ステーション」
<TOKYO MX>「モーニングCROSS」
<JFN>「Oh! Happy Morning」水曜9:00

 

雑誌・インターネット
ダイヤモンド・オンライン、日刊ゲンダイ、WEDGE
等多数

 

【主な著書】

『庶務行員 多加賀主水が許さない』(2016、祥伝社文庫)
『天あり、命(めい)あり』(2016、PHP研究所)
『会社という病』(2015、講談社)
『ザ・ブラックカンパニー』 (2015、光文社)
『腐蝕の王国』(2015、幻冬舎文庫)

 

『退職歓奨』(2015、実業之日本社文庫)
『帝都を復興せよ』(2015、光文社文庫)
『ビジネスマンのための「幸福論」』(2015、祥伝社新書)
『銀行支店長、走る』(2015、実業之日本社)
『慟哭の家』(2015、ポプラ社)
『成り上がり』(PHP新書)

 

『病巣 巨大電機産業が消滅する日』(2017年6月、朝日新聞出版)
『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』(2017年6月、祥伝社)
『特命金融捜査官』(2017年5月、新潮文庫)
『クロカネの道 鉄道の父・井上勝』(2017年3月、PHP研究所)
『56歳でフルマラソン 62歳で100キロマラソン』(2017年2月、扶桑社文庫)

 

『家電の神様』(2016年12月、講談社文庫)
『働き方という病』(2016年11月、徳間書店)

他多数

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。