スポーツテーマの講師

Speakersでは、スポーツをテーマにさまざまな講演をご提案しております。ご案内する講師には、オリンピックメダリストをはじめ一流アスリートを中心に揃えました。苦しい練習の末に、大きな成果と多くの学びを得た講師の言葉には、金言に溢れているといっても過言ではありません。ぜひ、Speakersの講演をご利用ください。



スポーツ関連カテゴリー テーマ一覧

◇オリンピック ◇監督・コーチ ◇モチベーション ◇リーダーシップ ◇チームワーク

◇体づくり ◇スポーツ教室 ◇メダリスト ◇水 泳 ◇柔 道 ◇野 球

◇WBC ◇サッカー ◇ワールドカップ ◇ゴルフ ◇バレーボール ◇マラソン

◇陸上競技 ◇スケート ◇スキー ◇ダンス ◇体 操 ◇ラグビー



◆オリンピック◆

岩崎恭子岩崎恭子バルセロナ五輪金メダリスト

講演テーマ「幸せはいつも自分でつかむ」

バルセロナオリンピックにおいて競泳女子200m平泳ぎで金メダルに輝く。水泳に臨む姿勢から、人にやらされるのではなく、何事にも自分から楽しんで積極的に取り組まなければ、結果は出せないこと等を示す。

宮下純一宮下純一北京オリンピック 
競泳メダリスト

講演テーマ「2020年 東京にオリンピックがやってくる」

2008年の北京オリンピック競泳男子メドレーリレー(背泳)で銅メダルを獲得した"イケメンスイマー"。オリンピック出場を果たすまでのダイナミズムに触れ、夢の実現や人生を力強く歩む方法を知る。

清水宏保清水宏保元スピードスケート選手

講演テーマ「限界に挑み続けて」

1998年長野五輪のスピードスケート金メダリストだが、幼少より気管支喘息を闘いながらトップアスリートに登りつめる。現役引退後は、喘息の啓蒙活動とともに、夢を諦めないことの素晴らしさを伝えている。

近代オリンピックは、1896年のアテネ大会から開催されました。現在は、プロ選手の参加も認められていますが、やはり多くのアマチュア選手にとっての最大の目標はオリンピックでメダリストになることには変わりありません。最高の栄誉に輝いた人の歩みは、壁を突き破る力を養うための努力の積み重ねの日々です。猛練習の果てに掴んだメダリストの栄誉の素晴らしさと、挑戦することの意義を示してくれる講師をご案内します。

講師をもっと見る

◆監督・コーチ◆

清原伸彦清原伸彦「集団行動」監督
日体大名誉教授

講演テーマ「なぜ、今集団行動なのか~真心とは~」

集団生活の基本として研究・指導を重ねてきた「集団行動」指導者として知られる。あらゆる組織で、最も重要視されなければならないチームワーク構築と、組織運営における指導者のあるべき姿を示す。

古田敦也古田敦也スポーツコメンテーター

講演テーマ「選手として、監督として」

東京ヤクルトスワローズを正捕手として活躍。野村監督、若松監督からリーダーシップ、マネジメントの極意を学ぶ。選手兼監督時代のエピソードを披露しアスリートとしてのサクセスストーリーを披露してくれる。

山田いずみ山田いずみ髙梨沙羅選手
パーソナルコーチ

講演テーマ 「夢にむかって!女子スキージャンプオリンピックへの道~」

2014年2月に開催されたソチ冬季オリンピックの日本代表女子スキージャンプ・髙梨沙羅選手のパーソナルコーチとして知られる。指導者として陰日向なく尽くすことが、大きな結果に結びつくことなどを伝えている。

多くの競技において、「○○ジャパン」とされる全日本選抜チームの「○○」には、監督の名前が記されます。チームを正しく機能させるには、監督の的確な采配にほかならず、まさに指導者こそ集合体の顔なのです。そして、コーチは選手の方向性を定め、直接指導し成果を挙げる役割を果たします。スポーツの世界で披露される指導・監督術は、あらゆる分野に通じる指導ノウハウに溢れ、講演でもその極意を披露してくれます。

講師をもっと見る

◆モチベーション◆

北澤豪北澤豪サッカー元日本代表

講演テーマ「新入社員向けモチベーションアップ講演」

「Jリーグ」の草創期を支えたMFの一人。指導者として、開発途上国におけるサッカー普及にも尽力。サッカーに限らずスポーツに親しむことで身につく、チームとして困難をブレイクスルーするノウハウを披露。

杉山愛杉山愛スポーツキャスター

講演テーマ「世界一の継続力~グランドスラム62回最多連続出場の裏で~」

日本人選手初の女子テニス協会ダブルス世界ランキング1位になり、シングルス・ダブルスともに世界トップ10に入る。現役時代に挫折を繰り返した経験をもとに、いかに困難を乗り越えるかを中心に話してくれる。

福西崇史福西崇史サッカー元日本代表

講演テーマ「モチベーション維持の秘訣~目標設定の必要性~」

サッカー日本代表として活躍し、引退後の2009年5月にJFAアンバサダーに就任。一朝一夕では決して伸びない個々の技術を、日々の研鑽で高め、直面する課題を解決していくことで組織が成長することを指摘。

一流アスリートは、それぞれに独自のモチベーションの維持・アップ法を実施しています。どんなときでも「まだまだいける」と自分に言い聞かせること、現状に満足せずより大きな目標をもっていること、限界に達するまで試練に身を投じることなど、常にハングリーな状態に身を置くことで、高いモチベーションを保っています。このようなアスリートの意識の高さを知ることで、ビジネスに、人生に大きな実りがもたらされます。

講師をもっと見る

◆リーダーシップ◆

高倉麻子高倉麻子日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ

講演テーマ「『キャプテン』に学ぶ!間に立つ人のリーダーシップ術」

女子サッカー日本代表として活躍。日テレ・ベレーザ時代にキャプテンを務め、監督とチームメイトの間を調整する"中間管理職"として実践的リーダーシップを発揮。チーム活性化の実践的ノウハウを示してくれる。

山本昌邦山本昌邦サッカー解説者


講演テーマ「リーダーの条件」~次世代の指導者たちへ~

国際大会に監督・コーチとして参加し、勝率5を超える実績を有する指導者。その指導管理術・人材育成術は、あらゆる場面で役立つリーダーシップであり、選手の自己実現には欠かせない極意として定評がある。

清水宏保矢野燿大野球解説者
スポーツキャスター

講演テーマ「捕手目線のリーダー論~六つの要~」

中日ドラゴンズ、阪神タイガースで正捕手として活躍。チームマネジメント能力を養う上で必要な、闘争心、決断力、責任感、求心力、反骨心、奉仕力という6つのキーワードの生かし方などを話す。

リーダーシップは、監督・コーチやチームリーダーだけが発揮すべきものでありません。トップであろうが一般構成員であろうが,「いま自分が何かを果たさなければならない」と思ったとき,自ら声をあげて、周囲に働きかけていくことがリーダーシップです。それが有効なものであれば、そのリーダーシップの効果は、そのチーム内で共有化・標準化されます。そうしたリーダーシップの本質を示してくれる講師をご案内いたします。

講師をもっと見る

◆チームワーク◆

宇津木妙子宇津木妙子元 全日本女子ソフトボールチーム監督

講演テーマ「より良いチーム(組織)を作るために」

日本女子ソフトボールの名物監督として名高い。努力することの大切さ、何事にも真正面から向き合う心、自分を信じ貫く気持ち、目標を設定する必要性などを踏まえ、思いやりの心を持ったチームワークの重要性を指導。

武田美保武田美保シンクロスイマー


講演テーマ「世界を目指す 究極のチームワーク・リーダーシップ」

元女子シンクロナイズドスイミング日本代表選手。オリンピック3大会に出場し通算5個のメダルを獲得。デュエット競技では「パートナーとしてのスペシャリストになる」として、真のチームワークとは何かを示す。

釜本邦茂釜本邦茂公益財団法人 日本サッカー協会 顧問

講演テーマ「チームにおけるチームワークとリーダーシップ」

Jリーグが発足する以前の日本サッカー界の代名詞の一人。チームワークとリーダーシップの重要性を強く訴え、優れた人間をつくるには、スポーツが大きな役割を果たすとして、スポーツの有効性を示している。

なぜグループワークではなく、チームワークなのか。グループは、単なる集合や括りを指す場合に用いる言葉です。それに対して、チームには明確な目的と役割がある集団で、その果たすべき使命を効果的、効率的に達成させる協力態勢がチームワークだからです。団体競技において、優れたチームワークの有無が勝敗を左右することは言うまでもありません。その極意を知り尽くした講師の話はまさにチームワークの金言に溢れています。

講師をもっと見る

◆体づくり◆

勅使河原郁恵勅使河原郁恵元ショートトラック
スピードスケート日本代表

講演テーマ「てっしー流健康法」~オリンピックで得た健康生活の極意~

ショートトラックスピードスケート日本代表として3回連続のオリンピック出場を果たす。引退後は、ウォーキング指導員、ヘルスケアスペシャリストとしても活躍。「食、歩、眠、美、健康」と総合的な生活指導を行う。

池谷幸雄池谷幸雄元体操選手
(メダリスト)

講演テーマ「子どもの体と心~スポーツを通しての体づくりと人間形成~」

体操のオリンピックメダリスト。「池谷幸雄体操倶楽部」を設立し子供たちの体操指導にあたる。子供がモチベーションを維持できるような環境づくりと、スポーツをすることで得られる心身の健康の重要性を訴える。

山本佳子山本佳子元女子マラソンランナー

講演テーマ「自分でつくろう心とカラダ ~今日から始める7UP健康法~」

1992年のボストンマラソンで2時間26分26秒の日本女子最高タイムとタイ記録でゴール。引退後は、マタニティ・ウォーキングや「7UP健康法」を指導し、胎教管理や生活習慣を見直すきっかけを与えている。

生真面目さで有名なあるプロ野球投手は「スポーツ選手が飲酒・喫煙することなんて信じられない」と発言したことで、改めてそのからだ作りに対する意識の高さが知られることになりました。また、メジャーリーガー・イチロー選手の徹底した自己管理によるストイックなまでからだ作りは、アスリートのあるべき姿といっても過言ではありません。科学的な根拠に基づくノウハウに溢れた講演は、まさに一流アスリートならではのものです。

講師をもっと見る

◆スポーツ教室◆

田中雅美田中雅美スポーツコメンテーター

講演テーマ水泳教室

オリンピック3大会連続出場を果たしたトップアスリート。水泳は、誰でも気軽にでき、健康維持やストレス解消にも大きな効果が期待できると指導。さらに、13kgのダイエットに成功し美しく生きる秘訣なども披露。

大八木淳史大八木淳史元ラグビー選手

講演テーマ子供向け(親子向け)ラグビー教室

同志社大学、神戸製鋼所で華々しく活躍した国内屈指のラガー。ラグビー教室では、実技を通して体をぶつけあう痛みや連帯感、試合後の健闘をたたえあうノーサイド精神なども指導し、ラグビー啓蒙・普及に努める。

谷川真理谷川真理マラソンランナー

講演テーマランニング教室

市民ランナーから国際大会で優勝するまでに登りつめる。「マラソンの楽しさを多くの人たちに伝え、 たくさんの人が走るためのお手伝いをすること」をライフワークに、数々の大会に出場し指導を行っている。

一流アスリートが開催するスポーツ教室がきっかけとなって、その競技を始めた子どもは数え切れません。また、憧れの選手に直接指導を受けたり、笑顔で激励されたりすれば、子どもたちにとってこれほどの励みになることはないでしょう。こうしたスポーツ教室を地道に開催することは、ファンの裾野を広げるだけでなく、国民の健康増進に一役買うことにも繋がります。指導実績に溢れた人気コーチを、多数ご案内いたします。

講師をもっと見る

本来、スポーツに求められたものは、ルールと競技技術をもって擬似戦争を行うことで、無用な争いを避ける効果でした。オリンピックや、サッカーワールドカップ、ワールドベースボールクラシックなどの応援にみられる一種のナショナリズムは、スポーツが国家の威信を担いながらの擬似戦争であることを表しているといえます。スポーツは、戦場で用いられる武術と違い「ルールに則って営まれる、遊戯・競争・肉体鍛錬の要素を含む身体や頭脳を使った行為」であるため、闘争心に対する"ガス抜き効果"だけでなく、教育手段としても有効とされました。一方、武道には遊戯的な要素はないものの、競争し肉体鍛錬にいそしむため、広い意味でスポーツのカテゴリーに含まれています。1876年に発せられた廃刀令により、刀は無用の長物となり、剣術は剣道として武術から武道へ生まれ変わり、教育の一手段として用いられています。教育におけるスポーツの役割は大きく、心身の成長には欠かせないカリキュラムであり、健全な人格形成にも効果は絶大です。

講師検索

栄和人文部科学省委託 JOCナショナルコーチ

出身地:鹿児島県

講演テーマ

「常に向上心 金メダルにタックル!」
「オリンピック3連覇への道」

<プロフィール>日本の女子レスリング界の名伯楽。吉田沙保里氏を肩車する姿は日本中に感動を呼ぶ。様々な現場や局面で生かすことの出来る指導法を講話。

沢松奈生子元プロテニスプレーヤー

出身地:兵庫県

講演テーマ

「ウィンブルドンの風に誘われて~世界への挑戦~」
「テニスと通じた母と子の教育」

<プロフィール>プロのキャリアを通して、10年間にわたり世界ランキングトップ30位台以内を維持。現在は、テニス解説者・スポーツコメンテーター、講演会講師などで活躍。

清原伸彦「集団行動」監督/日体大名誉教授

出身地:大分県

講演テーマ

「なぜ、今集団行動なのか~真心とは~」

<プロフィール>日本体育大学水球部監督時代 21年間無敗で376連勝という前人未到の記録を樹立 学生選手権31回・日本選手権32回の優勝に導き、チャンピオンチームの監督として指導力を発揮。

原晋青山学院大学陸上競技部監督

出身地:広島県

講演テーマ

「サラリーマンの大逆転~箱根駅伝優勝までの道のり~」

<プロフィール>中国電力で「伝説の営業マン」として活躍後、2004年に青山学院陸上競技部の監督に就任。2015年、同校を箱根駅伝初優勝に導いた名将。

眞鍋政義元全日本女子バレーボール代表監督

出身地:兵庫県姫路市

講演テーマ

「メダル獲得に向けた女子バレーの秘策」
「逆転の発想・勝利学!」

2009年に全日本女子代表監督に就任。試合中にタブレットを手に、緻密なデータ分析をしながら指示を出す「IDバレー」で世界選手権、オリンピックで日本にメダルをもたらした。

長谷川穂積元プロボクサー

出身地:兵庫県西脇市

講演テーマ

「夢への挑戦」
「世界チャンピオンへの道」

バンタム級では5年世界王者に君臨し、その間10度の防衛に成功。2016年、世界チャンピオンのまま引退。

坪田信貴坪田塾 塾長

出身地:

講演テーマ

『「ビリギャル」の著者が語る 部下をやる気にさせる“信頼関係”のつくり方』など

<プロフィール>処女作の「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(通称:ビリギャル)がベストセラーに。

横田真一プロゴルファー

出身地:東京都

講演テーマ

「ここ一番に勝つ秘訣」
「自律神経とゴルフと健康」

<プロフィール> 男子プロゴルファー屈指のテクニシャン。「4スタンス理論」をゴルフ界に取り入れたパイオニアとしても有名。

宇津木妙子元 全日本女子ソフトボールチーム監督

出身地:埼玉県

講演テーマ

「夢の実現~努力は裏切らない~」

<プロフィール>全日本女子ソフトボール監督として、シドニー五輪で銀メダル、アテネ五輪で銅メダルを獲得。現在は、親子キャッチボールキャラバンの実施等、競技の普及に尽力している。

浅尾美和元プロビーチバレー選手

出身地:三重県鈴鹿市

講演テーマ

「健康と絆」 (トークショー)

<プロフィール>三重県鈴鹿市出身の元プロビーチバレー選手。最近では、TVやイベント出演などマルチに活躍されております。

スポーツテーマ関連リンク

オススメ講師

栄和人栄和人文部科学省委託 JOCナショナルコーチ

講演テーマ

「常に向上心 金メダルにタックル!」
「オリンピック3連覇への道」

沢松奈生子沢松奈生子元プロテニスプレーヤー

講演テーマ

「ウィンブルドンの風に誘われて~世界への挑戦~」
「テニスと通じた母と子の教育」

清原伸彦清原伸彦「集団行動」監督/日体大名誉教授

講演テーマ

「なぜ、今集団行動なのか~真心とは~」

原晋原晋青山学院大学陸上競技部監督

講演テーマ

「サラリーマンの大逆転~箱根駅伝優勝までの道のり~」

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー