講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

宇津木妙子
(うつぎたえこ)

元 女子ソフトボール日本代表監督

1953年埼玉県生まれ。
川島中学校1年時からソフトボールを始める。
星野女子高等学校を経てリーグ1部のユニチカ垂井に所属し、1974年世界選手権出場。
1985年に現役引退後、ジュニア日本代表コーチを経て日立高崎の監督に就任。
当時3部だったチームを1部で優勝するまでのチームに育て上げた。

 

1997年に日本代表監督に就任、2000年シドニー五輪銀メダル。
2004年アテネ五輪銅メダル。
2004年9月、日本代表監督を退任。
その功績が讃えられ、日本人初、指導者としてのISF(国際ソフトボール連盟)の殿堂入りを果たした。
2011年にNPO法人ソフトボール・ドリームを設立。
現在は後進の育成や競技の普及に尽力している。

主な講演テーマ

「夢の実現 ~努力は裏切らない~」
「チームビルディング ~“人財”を育て、自分が育つ~」
「夢と人生 ~何事にも真正面から向き合うこころ~」

 

●伝えられるメッセージ

【すべての方に】

★努力は裏切らない
本番で成功するためには、「これでもか!」というほど練習に練習を重ねることでようやく自信になる。監督名物“速射砲ノック”=選手との対話

★団体競技による“人”と“人”とのつながり、思いやり

★これからの“夢”


【指導者・親・企業管理職の方々へ】

★より良いチーム(組織)を作るために
選手(子ども、部下)に対して、何事にも真剣に真正面から向き合う(話す)ことが大切。中途半端な気持ちで話すことでは間違いなく相手には伝わらない。指導者としての責任の取り方。

★ひとりはチームのために
具体的な目標設定。何でも率先してやる。誰が何と言おうとやり通す強い気持ちを持つこと。

 

ここがオススメ!

シドニーオリンピックで銀メダルを獲得した、日本女子ソフトボールの名物監督として名高い宇津木妙子氏。
ストイックなイメージのある宇津木氏ですが、チームの一人一人に真剣に真正面から向き合う姿は非常に有名です。

 

「人生に夢があるのではなく、夢が人生をつくるのです。」
「純粋な”心”を持たないものは先へは進めない。必ずできると信じる心、絶対にやりとげるという強い意志、それがなければそもそも戦いの場に立つことは許されない。」など数々の名言を残している宇津木氏。

 

講演会では努力することの大切さ、何事にも真正面から向き合う心、自分を信じ貫く気持ち、目標を設定する必要性、そして忘れてはならない人と人との信頼関係等を話してくれます。

 

多くの管理職やマネージメント職、組織人に大いに共感を呼ぶ講演になります。
人材育成、ビジネス研修など、シンプルながらも心に響く内容になっています。
子供たちにも大いに聞いていただきたい講演です。
現在もソフトボールの普及、推進という夢に邁進している宇津木氏。人生を前向きに歩くたくさんのヒントをもらえます。

主な経歴

1966年川島中学校にてソフトボールを始める
1969年 星野女子高等学校(現・星野高等学校)入学
1972年 ユニチカ垂井(岐阜県)入社 (14年間プレーし国内優勝も多数)
1974年 世界選手権出場現役引退後、ジュニア日本代表コーチ就任
1986年 日立高崎(現:ルネサス高崎)へ監督として招かれる

 

2002年までの16年間、全日本総合4回・日本リーグ1部4回他 優勝多数
1990年 全日本監督として、世界選手権・アジア大会(銀メダル)
1996年 アトランタオリンピック/コーチ(4位)
1997年 全日本代表監督就任
1998年 世界選手権(3位)・アジア大会(準優勝)

 

2000年 ドニーオリンピック(銀メダル)
2002年 世界選手権・アジア大会(銀メダル)
2003年 ルネサス高崎総監督に就任
2004年 アテネオリンピック(銅メダル)後、全日本監督を辞任
2005年 ISF(国際ソフトボール連盟)殿堂入り

 

2008年 解説者として北京オリンピックでともに戦う(金メダル)
2009年 ルネサステクノロジ(現ルネサスエレクトロニクス)高崎事業所シニアアドバイザー就任
2010年東京国際大学女子ソフトボール部総監督に就任
2011年NPO法人ソフトボール・ドリーム設立
2014年世界野球ソフトボール連盟理事に就任
2015年ビックカメラ女子ソフトボール高崎シニアアドバイザーに就任

主な著書

『宇津木妙子ソフトボール入門―レベルアップのための基本技術と勝つための戦術』(大泉書店、2001年)
『女は女が強くする』(共著、草思社、2001年)
『チームワーク 心を一つにして』(学陽書房、2001年)
『努力は裏切らない』(幻冬舎、2001年)
『金メダルへの挑戦! シドニーからアテネ、そして北京へ』(学陽書房、2004年)
『いちばんわかりやすいソフトボール入門』(大泉書店、2006年)
『宇津木魂 女子ソフトはなぜ金メダルが獲れたのか』(文藝春秋、2008年)

 

『ソフトボール眼』(講談社、2009年)

わが国のソフトボールをメジャーにした立役者である元全日本女子ソフトボールチーム監督・宇津木妙子氏が、30年以上の選手・指導者生活を通して、ソフトボールの魅力を語っている一冊。

 

エースである上野由岐子投手をはじめ、選手たちのエピソードや、 2000年のシドニーオリンピック銀メダル、2004年のアテネオリンピック銅メダル獲得に至る逸話も満載。
2008年の北京オリンピックでは、全日本女子が金メダルを獲得するに至るまでの全解説も臨場感に溢れています。まさに、読むだけでソフトボールが好きになってしまう一冊といえましょう。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。