子どもの人権テーマの講師

 ユニセフが定めた「子どもの権利条約」は、生きる権利、守られる権利、育つ権利、参加する権利の、4つの柱で構成されています。 子どもたちは健康に生まれ、安全な水や十分な栄養を得て健やかに成長し、差別や虐待、搾取から保護されなければなりません。十分な教育を受け、自分の考えや信じていることが守られ、自由に意見を表し、地域社会の一員としてルールを守りながら、グループを形成し活動することが確保されるべきです。
 しかし、わが国では、学校におけるいじめをはじめ、保護監督すべき立場の親が暴力を振るったり満足に食事を与えなかったりと、事件に発展するような悲惨な人権侵害が多数発生しています。世界に目を向ければ、武力紛争に子どもが関与させられるケースもあります。 子どもは、自らの人権が踏みにじられようとしても、無力で、社会的、経済的に自立していないため、自力で人権確保することは不可能です。その人権を守るため、周囲は全力で救いの手を差し伸べなければなりません。

 Speakersでは、子どもの人権を守ることを目的とした講演をご提案しております。ご案内する講師には、いじめや虐待対策の専門家をはじめ、人権保護に関する運動に携わっている方を揃えました。  子どもを守り、健全な生活と明るい未来を確保するために、ぜひSpeakersの講演をご利用ください。

乙武洋匡乙武洋匡作家

講演テーマ「子どもたちのためにできること」

公立小学校教諭として子どもたちと向き合った経験から、教育現場が抱える課題や学校と家庭の関係、いま子どもたちに伝えたいことなど、教育や子育てに関するメッセージが盛りだくさん。講演では、二児の父として自身の子育てについても語る。

志茂田景樹志茂田景樹作家・「よい子に読み聞かせ隊」隊長

講演テーマ「不登校が教える現代社会~おとなに見えない子どもの心」

著作はすでに500を超える直木賞作家。講演活動と併せて絵本の制作や子ども達への読み聞かせや、不登校生徒の支援など、子どもたちの豊かな心を育むために、惜しみない力を注いでいる。

紺野美沙子紺野美沙子俳優・国連開発計画(UNDP)親善大使

講演テーマ「UNDP親善大使として、見たこと、感じたこと」

女優業のかたわら、国連開発計画(UNDP)親善大使として、アジア・アフリカの各国を視察し、国際協力の分野でも活動。また、絵本などの朗読でも世界中の子どもたちを激励・支援。

阿部祐二阿部祐二リポーター

講演テーマ「児童虐待」

日本テレビ系列『スッキリ!』のリポーターとして、数々の社会問題を現場から報じてきた経験を元に、児童虐待やいじめ、モンスターペアレントなど子どもにまつわる様々な問題の実情を語る講演会。

間下このみ間下このみ女優・写真作家

講演テーマ「未来ある子供たちのために ~かけがえのない命~」

子役として活躍する一方、特別な存在として受けていたいじめ。子を宿し、二つの難病を乗り越えたからこそ、いじめ、虐待、自殺といった哀しいニュースが連日流れるこの時代に、「かけがえのない命」について語りかける。

廣中邦充廣中邦充浄土宗西居院二十一代住職

講演テーマ「With Love」

 「平成の駆け込み寺」として知られる西居院住職として、ボランティアで問題を抱えた子供を預かる活動を開始。800人以上の子供たちに救いの手を差し伸べ更生させている。

講師検索

検索条件:
子どもの人権
該当件数:
全33件中1件目から10件目の10件を表示

佐々木常夫株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表

出身地:秋田県

講演テーマ

「ワークライフバランス」 「仕事も家族もあきらめない」 「ダイバーシティと企業経営」

<プロフィール>東レにて課長就任後、妻が肝臓病で入院を繰り返すうちに鬱病を併発。自閉症の長男、家事全般を負担しつつ、破綻会社の再建や事業改革を成功。2003年には東レ経営研究所社長に就任。

中土井鉄信マネジメント・ブレイン・アソシエイツ 代表

出身地:神奈川県

講演テーマ

「セルフ・エスティーム(自己重要感)の高め方」
「反抗期は大人へのスタート地点」

子どものセルフ・エスティーム(自己重要感)向上に主眼をおいた教育観をもつ指導者と して知られる教育コンサルタント。

岡本工介社会福祉士

出身地:大阪府高槻市

講演テーマ

「“差別をなくす”から“手をつなぐ”へ」 
「ただいま~と言える子どもたちの居場所づくり」 

“ルーツを大切に生きる生き方”と“Community Of Trees”というヴィジョン(夢)のもと活動中!

赤木聡NPO法人スクールネットワークアドバイザー 代表理事

出身地:北海道

講演テーマ

「ネットのトラブル・犯罪から子どもを守るには」

子どもたちの心に気づきを与え、自発的にインターネットの危険から自分の身を守るような講演を行っている。子どもたちには飽きさせない講演、保護者・教職員にはなるべく専門用語を使わないわかりやすい講演が好評である。

岩崎順子いのちの講演家

出身地:和歌山県

講演テーマ

「子ども達の生きる力と絆 ~いのちのメッセージ~」

「いのち・人権・心・子ども・親子・高齢者・生と死・グリーフケア・心の病気・震災・戦争」など色々なテーマで全国で850回以上講演。

阿部祐二リポーター

出身地:東京都

講演テーマ

「現役リポーターが語る 相手の心を開くコミュニケーション術」
「阿部家の夫婦・家庭円満の法則」

<プロフィール>モデル、俳優として活動を開始。現在は情報番組のレポーターとして活躍。 NTV系列『スッキリ!!』ではレギュラーリポーターを務める。

うすいまさと

出身地:神奈川県

講演テーマ

「可能性を信じる子育て」 ~自閉症のきみの心をさがして~

自閉症、アスペルガー症候群、ウェスト症候群の 3人の発達障害児をもつシンガーソングライター 。

島田妙子株式会社イージェット代表取締役会長

出身地:兵庫県

講演テーマ

「虐待の淵を生き抜いて」

継母と実父による壮絶な虐待を受けた自身の経験から「児童虐待の予防」のため積極的に講演活動をしている。

渡辺真由子メディアジャーナリスト/慶応大学SFC研究所 上席所員

出身地:愛知県

講演テーマ

「ネット社会との上手な付き合い方~いま身につけたいネット・リテラシー~」(生徒向け)

<プロフィール>青少年の性やネットいじめ、ジェンダー、LGBT問題を15年以上にわたり取材。「人間の尊厳が重んじられる社会」の構築へ向け、著書の執筆や講演を精力的に行なう。

遠野なぎこタレント

出身地:神奈川県

講演テーマ

『摂食障害。食べて、吐いて、死にたくて。~心の病と共に生きるという事~』

<プロフィール>タレント・俳優として映画・TV・舞台等あらゆるジャンルで活躍。2013年自伝的小説を出版し講演なども行う。

子どもの人権テーマ関連リンク

オススメ講師

鳥越俊太郎鳥越俊太郎ジャーナリスト

講演テーマ

「鳥越流 健康でポジティブな人生の歩き方」
「がんとの付き合い方 ~経験者が語る患者の実態~」
「日本を読む、世界を読む」

橋下徹橋下徹前大阪市長  弁護士

講演テーマ

「地方から国を変えるということ~橋下改革の実相~」
「大阪行政の現場から見た日本の未来 」 

鎌田實鎌田實医師・作家

講演テーマ

「がんばらない」けど「あきらめない」
「がんばらない」という生き方

渡部陽一渡部陽一戦場カメラマン

講演テーマ

「世界からのメッセージ〜平和と命の大切さ〜」

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー