地方創生

安倍晋三首相は2014年7月13日、首相公邸でのインタビューに応え、地方活性化や人口減少対策のため「地方創生本部」(仮称)の設置を表明しました。 これは「同年秋以降の 安倍政権の最大のテーマと言っていい」と述べているように、アベノミクスの恩恵が比較的低いとされている地方の景気回復のてこ入れが狙いです。 アベノミクスの基本政策「三本の矢」は、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略から成り立ちますが、確かにどれも大企業に恩恵をもたらすものばかり。2%のインフレ目標、円高の是正、日本銀行の役割の見直し、大胆な公共投資、マイナス金利などをみても、まずは大企業が潤い、次に一次下請けが儲かり、法人税が納められる大都市が活性化する政策です。 良い影響が地方に波及するまで、相当なタイムラグがあります。その間も、多くの地方都市は人口が流出し続け、当然税収は減少する一方となります。 これに歯止めをかけるには、規制緩和、政策財源の地方移譲などの地方分権をまず実施すること。その上で、インフラ整備や企業育成を行うことで、働き甲斐のある地方に甦り、若者を中心に人口が定着します。 地方創生は、2015年4月の統一地方選を睨んだ政策でもあり、具体的には、①地方自治体に採用され、過疎地で地域ブランド開発などに当たる「地域おこし協力隊」を、3年間で現在の3倍の約3000人に増やす、②地域の特産品などをつくる中小零細企業を支援するための法整備を行う、というものです。 果たして、安倍首相の目論見どおりに、この政策が奏功するのか、国民全体で冷静に客観的に分析する必要があります。そして、真剣に地方を創生するために、あらゆる政策を多面的に見つめていくことが求められます。 Speakersでは、「地方創生」を目的とした講演をご提案しております。ご案内する講師には、地産池消、地域ビジネスの活性化に携わっている専門家をはじめ、自ら第一線で活躍し、アイデアを提供している方を揃えました。 地方の地盤沈下を食い止め、回復への起爆剤とするため、ぜひSpeakersの講演をご利用ください。

地方県知事経験者の提言ジャーナリストの視点経営者に学ぶ

 

地方県知事経験者の提言

改革派とよばれた知事たちは、先入観、固定観念の呪縛から解放されたユニークな政策でイノベーションに成功します。その発想力とバイタリティ溢れるリーダーシップが周囲を動かし、「自立」に向かって進んでいくことに成功するのです。 知事経験者に対する講演依頼に対し、Speakersでは、中央から押しつけによる画一性を排除し、多様性に富んだ住みやすい地方の復権に歩んできた知事を講師派遣し、真の改革のあり方を示します。

東国原英夫東国原英夫前宮崎県知事

講演テーマ「日本をどげんかせんといかん!」

元お笑いタレントながら、前宮崎県知事としての活躍が注目される。早稲田大学で地方自治を学び、知事として宮崎県経済の活性化にも手腕を発揮。その経験をふまえ、実践的経済政策論を披露してくれる。

田中康夫田中康夫元長野県知事

講演テーマ「地域からニッポンを変える」

「脱ダム宣言」などは、いたずらに公共投資を繰り返すそれまでの政治のあり方を根本から覆す政治姿勢として注目。“ウルトラ無党派”のスタンスで何事も幅広い視野で語る独自の「ヤッシーイズム」を披露。

浅野史郎浅野史郎元宮城県知事

講演テーマ「地方創生」

宮城県知事時代は、福祉分野での改革や情報公開度ランキングで日本一となるなど、透明性の高い県政を実現する。 2005年任期満了にて知事職勇退し、現在神奈川大学教授として、文字通り地方創生を講義。

松沢しげふみ松沢しげふみ元神奈川県知事

講演テーマ「地域活性化」

神奈川県知事時代、県内の公共的施設における受動喫煙防止条例や、犯罪被害者を支援する神奈川県犯罪被害者等支援条例を制定。地方、地域でできる可能性や、手づくりによる住みやすさの確保などを実現する。

ジャーナリストの視点

地方創生を実現するには、行政の当事者では気がつかない部分も多々あります。そして、ステークホルダー同士の綱引きになりがちな問題でも、ジャーナリストが行司となり公平な提言をすることで、地方・地域で生活する人の真の利益実現に貢献します。 そんなジャーナリストに対する講演依頼に対し、Speakersでは、第三者の目で見つめ、問題点を洗い出す人物を講師派遣し、地方創生の方向を再確認いたします。

飯田泰之飯田泰之エコノミスト

講演テーマ「アベノミクスの見通しと地域経済への影響」

マクロ経済からミクロ経済に至るまで、経済学的なものの見方の重要性や、具体的で有効な思考法を解説。その柔軟な発想と俯瞰的な視野で、アベノミクスがもたらす効果が地方へいかに波及していくのかを示す。

勝谷誠彦勝谷誠彦コラムニスト

講演テーマ「混乱の世界だからこそ地域の豊かさを活かそう」

情報番組等のコメンテーターとしても活躍中。町おこしや地域の活性化に対し、辛口ながらもユーモア溢れるコメントで、地域のニーズを理解しいかに盛り上げるべきかを知っている論客の一人。

伊藤聡子伊藤聡子フリーキャスター

講演テーマ「地域経済の自立・発展に必要なビジネス視点」

数々の報道・情報番組のキャスターを務める。JICAを通してカンボジア視察をするなど、国際貢献への関心も高い。地方活性化が日本を変えるとして、これからの地域経済・企業のあり方を解説する。

堀尾正明堀尾正明フリーキャスター

講演テーマ「あなたが主役でまちが輝く~地域の底力のヒミツ~」

NHK在局時代に、報道・スポーツ・地域活性化をテーマとする番組で活躍。人口減少にともなう自治体の税収減や、行政サービスの低下などについて、その打開策などを、まちづくりの実例を持って示してくれる。

経営者に学ぶ

地方の「自立」に最も必要なファクターは、シャッター商店街の再生などに表される地域経済の復興です。地域経済の地盤沈下が中央への人口流出の最大の原因であるため、就業の受け皿となる地元企業の活性化は、必要不可欠となります。 そんな地域経済の活性化をテーマとする講演依頼に対し、Speakersでは、経営の第一線で活躍し多くの実績を残してきた経営者を講師派遣し、生きた経済の手本を示します。

横石知二横石知二株式会社いろどり代表取締役

講演テーマ「笑顔の町づくり~葉っぱを売って事業にする!」

料理に添える花や葉っぱなどの「つまもの」開発事業で、年商2億6千万円規模に成長させた実話をもとに、地元の女性高齢者に、地域に対する誇りと仕事のやりがいを見出させた地域活性化の実例を披露。

青木豊彦青木豊彦株式会社アオキ 代表取締役

講演テーマ「技術を世界に~関西からモノづくりの再生を~」

ものづくりに携わる中小企業の力だけで小型人工衛星「まいど1号」を打ち上げるプロジェクトの中心人物として注目。自分たちが暮らす町、自分の会社や仕事に誇りを持つことを通じ、地方の活性化を訴える。

都築冨士男都築冨士男元ローソン・ジャパン社長

講演テーマ「農業、農村の現状と農業経営について」

コンビニエンス・チェーンのローソン再建のために尽力。その実績から内閣官房の「地域活性化伝道師」として、淘汰されつつある中小企業と崩壊の危機にある農業・農村の活性化の支援も行なう。

小菅正夫小菅正夫旭川市旭山動物園 名誉園長

講演テーマ「逆境をチャンスに変える」

廃園寸前にまで入園者数が落ち込んだ日本最北の動物園を、入園者数日本一に再生させた手腕で知られる。チームワークの活性化と組織全体のモチベーション維持こそが、地方創生、地域活性化の原動力となることを示す。

徳光次郎徳光次郎(株)大沢商会グループ取締役

講演テーマ「町おこし ~商業の再活性化と街の再生~」

株式会社伊勢丹勤務時代は、マーケッターとして同社のマーチャンダイジング(MD)や、ヴィジュアルマーチャンダイジング(VMD)などを推進。衰退化した地方の商店街再生のヒントなどを披露する。

西川りゅうじん西川りゅうじんマーケティングコンサルタント

講演テーマ「地域と産業を“元気化”する≪実践ビジネス塾≫」

ソニーの「ウォークマン」の販売促進や、伝説的ディスコ「ジュリアナ東京」のPRを行い、マーケッターとして常に時代を作り出してきた実績を元に、地元企業による地方創生、地域活性化の方向性を示してくれる。

講師検索

検索条件:
地域活性・地方創生
該当件数:
全92件中1件目から10件目の10件を表示

東国原英夫前宮崎県知事

出身地:宮崎県

講演テーマ

「逆境にこそ学べ」
「日本をどげんかせんといかん!」

<プロフィール>お笑い芸人として活躍後、政界に転身。宮崎県知事就任後は宮崎県の名を、名実共に全国区にした。2012年より衆議院議員。

森永卓郎経済アナリスト

出身地:東京都

講演テーマ

「年収300万円時代を生き抜く経済学」「変化の時代の企業経営」

<プロフィール>東大卒業後、日本経済研究センター、経済企画庁総合計画局等を経て、現在、獨協大学経済学部教授.。経済アナリストとして各種メディアで活躍中。

元谷一志アパグループ株式会社 代表取締役社長

出身地:石川県

講演テーマ

「アパホテルの経営戦略」
「アパリゾートによる地域活性」

<プロフィール>2012年、アパグループ株式会社代表取締役社長に就任。 アパグループの急成長を牽引する原動力となる。

田原総一朗ジャーナリスト

出身地:滋賀県

講演テーマ

「時代を読む」

<プロフィール>政治・経済・メディア・コンピューター等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けるジャーナリスト。

中島岳志東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授

出身地:大阪府

講演テーマ

「リベラル保守という構想」
「安倍内閣が向かう先」

近代における日本とアジアの関わりを研究し著書『中村屋のボース』で大仏次郎論壇賞、アジア太平洋賞大賞を受賞。自らのスタンスを「リベラル保守」と公言する政治・歴史学者。

詩歩「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサー

出身地:静岡県

講演テーマ

「こんなにある『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』」

SNSで「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」を開設し、世界中の絶景を紹介。瞬く間に70万以上のいいね! を獲得して話題に。現在はフリーランスで活動し、旅行商品のプロデュースや企業とのタイアップなどを行っている。

平野レミ料理愛好家・シャンソン歌手

出身地:東京都

講演テーマ

「胸にはエプロン、口にはシャンソン」
「子育てって楽しいね!」
「お母さんは元気がいちばん!」

上久保瑠美子集客・営業コンサルタント

出身地:青森県

講演テーマ

「お金をかけずに地元客をガッチリ掴む集客」
「売れる営業マンがやっている「ファン客の作り方」と「紹介のもらい方」」

コンサルタントとして女性専用30分フィットネス「Curves」の創業に携わる。インターネットを使わない地域密着型の集客方法が好評な営業コンサルタント。

竹中平蔵慶応義塾大学総合政策学部教授

出身地:和歌山県

講演テーマ

「アベノミクス政策と日本経済の展望」
「世界経済の潮流と日本の進むべき道」

<プロフィール>01年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。

田中康夫作家・前衆議院議員

出身地:東京都

講演テーマ

「さあ、信じられる日本へ! あなたから尊敬される国にする」
「地域からニッポンを変える為に今できること」など

<プロフィール>作家として活躍する一方、阪神・淡路大震災後、神戸でボランティア活動に従事。長野県知事、参議院議員、衆議院議員としても活躍。日本再生の為の提言を精力的に行っている。

地域活性・地方創生テーマ関連リンク

オススメ講師

橋下徹橋下徹前大阪市長  弁護士

講演テーマ

「地方から国を変えるということ~橋下改革の実相~」
「大阪行政の現場から見た日本の未来 」 

東国原英夫東国原英夫前宮崎県知事

講演テーマ

「逆境にこそ学べ」
「日本をどげんかせんといかん!」

森永卓郎森永卓郎経済アナリスト

講演テーマ

「年収300万円時代を生き抜く経済学」「変化の時代の企業経営」

堀古英司堀古英司ホリコ・キャピタル・マネジメントL L C 最高運用責任者

講演テーマ

「これからの米国経済・株式相場の見通し」
「海外投資家から見た日本経済・株式・為替動向の見通し」

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・周年行事研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー