講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

JA(農業協同組合)

農協は史上稀にみる変動期を迎えている。農協改革とTPPによる農林水産物への関税の撤廃。この大変動は、農協のみならずJAバンクにも多大な影響をもたらすと見られています。しかし、ここへきてドナルド・トランプ大統領による米国のTPP不参加の表明など、先行きが見えない状況が続いています。また、日本とEUのEPAにより、さらに国内農産品の行く末には不透明感が漂っています。

そこで今後、直面するであろう課題を乗り越える術や国内農業をさらに振興するためのヒントを講師より受け取ってください!
Speakersの「JA(農業協同組合)主催の講演会特集」では、「食と健康」といった一般消費者向けのテーマから、農業関係者へ向けてや組織作り・TPPの影響についてなど、JAを取り巻くすべてを多角的に捉えることができる講演内容をご用意しております。日本の農業と地域社会の発展に向けて、スピーカーズ講師陣の知識と経験による講演は、JA(農業協同組合)組合員の力、そして地域社会への貢献につながるでしょう。

食と健康

JAグループと農業関係者、消費者等が一体となって取り組む『みんなのよい食プロジェクト』。安心で、安全で、健康的な食事とは何か!? 改めて一人ひとりが考え、行動する時がきています。「食は健康の基本」の下、生産者の努力を知り、食のありがたさを深く認識し、おいしく、楽しく、家族の健康を支える食の大切さを語れる食農教育の一助となれる、食のスペシャリストの方々です。

農業関係者にエールを送る

長く農業に従事している方々はもちろん、これから新たに農業を担ってゆく世代の人々が農業の魅力や可能性について再認識することが、今後の農業の活性化に繋がります。農業の魅力をわかりやすく伝え、農業に従事する人を応援してくれる講師の話から、国内農業支援の輪が大きく広がっていくことが期待されます。

組織作り

日本の農業の更なる振興のためには、地産地消を推進するJA組織の強化が求められています。その組織力をより大きく有効なものにするために、また、より効率的にチームを機能させるためにマネジメントやモチベーション、リーダーシップをテーマに扱うスペシャリストの講演をお勧めいたします。農業とは異なるフィールドで活躍されてきた方々だからこそ、普段は気づかないような様々なヒントを与えてくれます。

TPP・EPA

TPP加盟国には自由貿易協定の名のもと、コメも含んだ関税撤廃が要求されるため、国内農業に大打撃を与えることが予想されます。安価な農産物が無制限に輸入され、国内市場で自由に流通すれば、消費者の国産農産物離れは少なからず起こります。TPPを正確に理解し対応することは、避けて通れない課題です。安倍政権によりTPP交渉参加が表明された今、一人一人がその内容を把握し、適正な態度を示してゆく必要性に迫られています。JA職員や農業関係者にとって親身になり、TPPの影響を分かりやすく解説してくれる講師の皆様です。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。