門倉貴史_top

門倉貴史(かどくら たかし)

肩書き   : エコノミスト、BRICs経済研究所代表
講演テーマ : 経済、今後の経済展望、ビジネス
出身・ゆかり: 神奈川県
  門倉貴史氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 エコノミスト・門倉貴史氏といえば、フジテレビ系列情報バラエティ番組『ホンマでっか!?TV』の経済担当コメンテーターとしても知られ、その飄々としたキャラクターは、シャープな発言をする人が多い経済評論家の中でも、ユニークかつ親しみやすい存在として子どもたちにも人気があります。  

専門分野は、大きく分けて2つ。ひとつは、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)や、門倉氏が提唱している造語「VISTA」のメンバーであるベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンなどの新興国における経済情勢の分析。もうひとつは、表向きの統計数字には反映されない、非合法な手段による商取引も含まれる、いわゆる「地下経済」と呼ばれるジャンルの研究です。特に、地下経済に関しては、日本において初めて本格的に取り組んだ専門家であり、関連著作も多数上梓しています。  

そんな門倉氏の講演は、経済、今後の経済展望、ビジネスなどの内容に及び、「日本経済の行方」「新たなビジネスチャンス」「BRICs経済 〜これからの新興国経済の行方〜」「地下経済 〜GDPに含まれないマーケット」などをテーマに話をしてくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!  

数々のテレビ番組に出演し、その訥々とした口調で、独自に掴んだ新興国やアングラマネーに関する情報を分かりやすく解説。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、情報の希少性だけでなく、門倉氏の人柄にも魅了されること請け合いです。

 

講演タイトル「新たなビジネスチャンス」 「日本経済の行方」 など

 1995年慶應義塾大学経済学部卒業後、浜銀総合研究所の研究員となり、2002年に第一生命経済研究所に移籍し、経済調査部主任エコノミストとして、アジアやBRICs諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)についての論文を数多く発表。2005年に退社し、BRICs経済研究所代表へ就任。ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチンを総称した「VISTA」という造語の提唱者としても知られている。フジテレビ『ホンマでっか!?TV』のコメンテーターとして人気を博す。「地下経済」分析の第一人者であり、講演でも独自の情報を披露してくれる。

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー