講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

横田真一
(よこたしんいち)

プロゴルファー/医学修士

デビューからは11年間連続でシード権を守り、2005,2006年と選手からの推薦で選手会長を勤め、レクサスカップ、パナソニックオープン、キヤノンオープンなどの新規試合開拓に貢献し、エリート街道を進み続けていた。

 

しかし2006年選手会長としての多忙なスケジュールからか、シード権を失ってしまった。
ツアー機構は選手会長としての功績を認め「特別貢献シード」という過去に前例の無い特例を用意したがそれを断り、翌年下部ツアーで自力で2勝を上げ、2008年のシード権をつかみとり復活をした。
そして2010年キヤノンオープンでは石川遼との激戦を見事に振り切り、全日空オープン以来13年振りの優勝を飾った。
又、「83ホール連続ノーボギー記録」を持つ小技の名手としても有名。

 

主な講演テーマ

「ここ一番に勝つ秘訣」
「自律神経とゴルフと健康」
「プロゴルファーが実践するゴルフのコツ」
「ゴルフのコツは日常にも役立つ!」
「多くのツアープロも唸った企業秘密教えます」

 

シード権を失ったことで見えてきた自身の弱みや目標への道のり、
自律神経の活用とゴルフ、健康など、講演会では格言とともにお話します。

また、講演だけではなくゴルフのワンポイントアドバイスも可能です。

ココがオススメ!

プロゴルファー・横田真一氏は、日本ゴルフツアーで、1997年全日空オープン、2010年キヤノンオープンで通算2勝をあげ、2005年から2年間、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の選手会長を務めていました。
横田氏は選手会長として女子プロゴルファーの人気に押されている男子の人気回復に努め、スポンサー探しに走り回り、いくつかの新規トーナメント開催を実現させます。

 

半面、その激務のため賞金ランキングも76位に転落してしまいます。
日本ゴルフツアー機構では1年間の賞金ランキング70位までが翌年のシード選手となりますので、横田氏は2006年にはデビュー年から11年間守ってきたシード権を失ってしまったのです。

 

しかし2010年10月10日、キヤノンオープンで13年19日ぶりツアー2勝目を達成。
賞金ランク1位の石川遼氏を押さえての勝利の裏には、横田氏のプロゴルファーとしての矜持や、一からフォームを直して再出発するというあきらめない精神がありました。
優勝し夫人と抱き合い涙ぐんでいるシーンは、ゴルフファンのみならず多くの人たちに感動を与えました。

 

そんな横田氏の講演テーマは「多くのツアープロも唸った企業秘密教えます」「13年ぶりの復活優勝の秘密」「プロゴルファー横田真一の“ぼくの心に響いた言葉”」など。

 

復活優勝の裏にあったエピソードとして、交感神経と副交感神経のバランス、医学の側面からのアプローチの重要性や、「4スタンス理論」などを紹介。
人によっては体の構造上難しい動きがあるため、それを理解しながらフォームを決めるべきとして、すべての競技に共通するスポーツ理論の解説もしてくれます。

主な経歴

1972年 東京生まれ専修大学卒業。
2015年順天堂大学大学院修了医学修士。
修士課程での卒業論文は、「プロゴルファーにおける自律神経とパフォーマンスの関係」。

 

ゴルフでは、大学卒業後すぐ1994年にプロ入りし、1997年 全日空オープンで初優勝をあげた。
そしてデビューからは11年間連続でシード権を守り、2005,2006年と選手からの推薦で選手会長を勤め、レクサスカップ、パナソニックオープン、キヤノンオープンなどの新規試合開拓に貢献し、まさにエリート街道を進み続けていた。

 

しかし2006年選手会長としての多忙なスケジュールからか、シード権を失ってしまった。
そこでなんとツアー機構は選手会長としての功績を認め「特別貢献シード」という過去に前例の無い特例を用意したがそれを断り、翌年下部ツアーで自力で2勝を上げ、2008年のシード権をつかみとり復活をした。そして2010年キヤノンオープンでは石川遼との激戦を見事に振り切り、全日空オープン以来13年振りの優勝を飾った。
又、「83ホール連続ノーボギー記録」を持つ小技の名手としても有名。

 

【~ぼくの心に響いたことば~】一例
シード落ちして初めて人の意見を聞けるようになった。
素直に自分自身と向き合うことから見えてきたことがある。
ぼくの心に響いた言葉が明日へのヒント、自分自身への強化に繋がりました。
・自我なきところに汝がある
・明日やろうはダメ人間
・人生は失敗もできる訓練の場
・継続して奇跡をおこそう

 

【活動実績】

優勝歴

1996年 全日空オープン
1996年 ハワイパールオープン
2007年 岐阜オープン
2007年 エバーライフカップチャレンジ
2007年 望月東急 JGTOチャレンジI

海外での活躍

1996年 ハワイアンオープン
1998年 NECワールドシリーズ14位

主な著書

『ヨコシンの自己感覚ゴルフ―理論を信じず、己を信じよ!』
『ヨコシンのゴルフ五輪書―ゴルフが劇的に変わるツアープロの企業秘密』
『ビジュアル解説 自己感覚ゴルフで90を切る―ヨコシンのパーフェクト・レッスン』
『アプローチ開眼でスコア革命―横田真一全テクニック公開!』
『横田真一 連続写真で見る見る上達』
『アマチュアは“てきとーゴルフ”が一番いい!』

 

【ビデオ・DVDなど】

「レッスンの王様 Vol.9」
「深堀圭一郎VS横田真一の実戦即効レッスン vol.1」
「深堀圭一郎VS横田真一の実戦即効レッスン vol.2」
「深堀圭一郎VS横田真一の実戦即効レッスン vol.3」

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。