講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

渡邊智之
(わたなべともゆき)

日本農業情報システム協会 理事長/慶應大学 SFC研究所 研究員

農林水産業をITで支援し、安心・安全で高付加価値な農林水産物の物流などにより、イノベーションを起こし、さらには新たな職業や新たな雇用を生むことで、地域の活性化や地方創生に貢献する事を生業としております。大手IT企業にて宅内交換機、宅内電話機の開発に従事、その後事業企画部門へ異動し、医療・動物医療・農業に関するイノベーション創造関与。マネジングコンサルタント。

 

2008年 Interop Tokyo2008「電子カード ホルダーによる情報提供ソリューション」にて、Best of Show Awardグランプリ受賞。
2012年 農林水産省において農林水産現場の情報化推進担当。
2014年 日本農業情報システム協会を設立し、理事長に就任。

出身・ゆかり

神奈川県

主な講演テーマ

「農業IT革命」~日本の農業を魅力あるものにするIT利活用とは~

農業×IT(ICT)でイノベーションを! 私たちは農業界の課題解決に取り組んでいます。
「IT(ICT)・ロボットの技術を生かして、農業の活性化に貢 献したい」と志高く取り組んでいる企業が集まり、平成26年3月に日本農業情報システム協会が誕生いたしました。
本協会のメンバーは農業分野のIT(ICT)システムやソリューション及びロボットを開発・提供する企業と、食・農業周辺の生産から流通・小売に関わる企業・個人で組織しております。

食のバリューチェーン全体を俯瞰し、最適な方向性を持って、食・農業の新たなビジネスモデルを創造することができるということ。
さらにはオープンデータ・ビックデータを利活用して、医福食農連携などの相乗効果につなぎ、国際社会における日本の農業の生き残りに貢献することを目指します。
日本の農業は、生産者の高齢化、就農人口減、耕作放棄地の増加といった多種多様な課題をかかえています。
また農業法人数や一戸当たりの作付面積については年々増加しており、今までの小規模農業に限界が来ていることを感じます。

これらの課題を解決すべく、平成25年6月に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」の中ですでに農業におけるIT(ICT)・ロボットの利活用促進は重点項目とされ、昨今では様々なスタイルの農業IT(ICT)・ロボットを開発・提供する企業が出てきました。
これら最先端のIT農業の事例と現在の課題、さらに目指すべき未来の姿について講演致します。

 

ITの力で今まで培ってきた日本の農業従事者のノウハウを数値化し、天候や土地などのリスクを抑えれば安定的な品質や製法を行えます。
農業に対するネガティブなニュースを耳にしますが、農業用ロボットや遠隔栽培webシステムにより、従来の農業のイメージが刷新され日本の農業は進化し続けていく事でしょう。

 

【講師より】
環太平洋連携協定(TPP)への参加や法人化・大規模化、輸出促進等の政策により農業分野は大きな環境変化の中にあります。また、政府の「世界最先端IT国家創造宣言」で大きく採り上げられるなど、農業分野へのIT・データ活用への関心が高まっています。
情報共有、データ分析、シミュレーション、トレーサビリティ、可視化等の取り組みと、それによるブランドの確立や意思決定支援などについて各地の実例や最新の動向を踏まえてご紹介し、日本の農業を魅力あるものにしていくための課題と今後の展望を考えます。

主な経歴

東京大学大学院 新領域創成科学研究科 IT農業プロジェクトメンバー
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター セミナー講師
全国農業改良普及支援協会 支援チーム員
スマートプラットフォーム・フォーラム データ・コンテンツ分科会メンバー

 

【受賞歴】
Interop Tokyo 2008にて出展した「電子カード ホルダーによる情報提供ソリューション」にて、Best of Show Awardグランプリ受賞
朝活勉強会【霞が関ばたけ】にて2014年にアワード受賞
2014年農林水産省優秀職員賞受賞
リンクドオープンデータチャレンジ2014アイデア部門にて優秀賞受賞

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。