講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

多村仁志
(たむらひとし)

元プロ野球選手

1977年3月28日生まれ。神奈川県厚木市出身の41歳。横浜高から94年ドラフト4位で横浜(現横浜DeNA)に入団。04年に球団史上初の40本塁打をマーク。05年にはチームで日本人初となる2年連続打率3割、30本塁打を達成した。06年は第1回WBCでは日本代表で全試合に出場し、チームトップの3本塁打、9打点で世界一に貢献。同年オフにソフトバンクにトレード移籍。10年に打率・324、27本塁打で7年ぶりのリーグ優勝に貢献した。12年オフにトレードでDeNA復帰。15年オフに育成選手として中日に入団し、16年限りで現役引退した。現在は野球解説者を中心に活動している。

出身・ゆかり

神奈川県・福岡県

主な講演テーマ

「王貞治ソフトバンク球団会長、イチローさんから学んだ超一流の哲学」
超一流の方々と一緒のユニフォームを着て得られるものは計り知れません。王ソフトバンク球団会長は第1回WBC、ソフトバンクで監督を務められていた時にお世話になりました。常に選手の心理を気遣って助言をして頂き、何度も救われました。イチローさんは第1回WBCで共に戦い、力強いリーダーシップでチームを引っ張ってくれました。技術もそうですが、超一流の方々は勝負にこだわる執念が違います。野球という枠を超えて学ぶべきことは非常に多いと思うのでお話しさせて頂きます。(本人談)

 

「横浜高校から学ぶ強い組織の作り方。多くのプロ野球選手を輩出できる秘訣とは」
私が進学した横浜高校は中日の松坂大輔投手、DeNAの筒香嘉智外野手、ロッテの涌井秀章投手と多くの名選手を輩出しています。横浜高校は全国から能力の高い中学生が集まってきますが、他の強豪校も同様に有望な選手が集まることは珍しくありません。横浜高校が強いチームでなおかつ、プロにも名選手を輩出できるのは理由があります。投手なら投げる以外のフィールディングなどを反復練習で徹底的に叩き込まれ、野手もただ打つだけでは使ってもらえません。守備、走塁も高いレベルが求められます。当時の渡辺元智監督、小倉清一郎野球部長の指導も緻密で選手の長所を伸ばすのが非常にうまかったです。激戦区の神奈川を勝ち抜き、甲子園でも常に頂点を狙える組織の作り方は皆さんもご参考になる点が多いと思います。(本人談)

主な経歴

1977年 3月28日、神奈川県厚木市生まれ。
1993年 横浜高校に入学。3年春と夏に甲子園出場。
1994年 横浜ベイスターズにドラフト4位で入団。
2004年 球団史上初の40本塁打をマーク。
2005年 チームで日本人初となる2年連続の打率3割、30本塁打を達成。
2006年 第1回WBCに日本代表で出場し、世界一に貢献。
2007年 福岡ソフトバンクホークスに移籍し、自己最多の132試合に出場。
2010年 外野手部門の最高得票でベストナインを獲得し、リーグ優勝に貢献。
2013年 横浜DeNAベイスターズに移籍。
2016年 中日ドラゴンズに移籍。同年限りで現役引退。

 

主な実績

【通算成績】
通算1342試合出場 打率.281、1162安打、195本塁打、643打点
(リーグ優勝2回、日本一1回)

 

【受賞・主要記録】
第1回WBC優勝(06年)
ベストナイン1回(10年)
オールスター出場1回(10年)
※全球団から本塁打(09年6月2日の横浜戦で達成)

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。