講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

田口壮
(たぐちそう)

野球解説者/元メジャーリーガー・

関西学院大学時代、通算123安打(リーグ記録)の成績を残し、
1991年ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。
3年目の外野手転向を契機に、レギュラーに定着し1995年・1996年のリーグ連覇(1996年は日本一)に貢献した。
ゴールデングラブ賞を5度獲得した名手。

2002年FA宣言し、メジャーリーグ、セントルイス・カージナルスに入団。
以後8年間、フィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・カブスと渡り歩く。
その間2006年(セントルイス)、2008年(フィラデルフィア)と2度のワールドチャンピオンに輝いた。

出身・ゆかり

兵庫県・海外

主な講演テーマ

「脇役力(ワキヂカラ)」
「何苦楚の気持ち ~超ポジティブシンキング~」

ココがオススメ!

日本プロ野球界、そしてメジャーリーグの世界でも長い間第一線で活躍してきた田口壮氏。
現役引退後も野球解説者として活躍されている田口氏が、野球から学んだことや、モチベーションの保ち方など、聴講者を飽きさせることなくお話いたします。
学校、企業、イベントなどの講演会に「田口壮」による講演、フォーラム、セミナー、トークショーをスピーカーズがサポートします。

主な経歴

1969年、兵庫県西宮市生まれ。
関西学院大学時代、通算123安打(リーグ記録)の成績を残し、
1991年ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。
3年目の外野手転向を契機に、レギュラーに定着し1995年・1996年のリーグ連覇(1996年は日本一)に貢献した。
ゴールデングラブ賞を5度獲得した名手。

2002年FA宣言し、メジャーリーグ、セントルイス・カージナルスに入団。
以後8年間、フィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・カブスと渡り歩く。
その間2006年(セントルイス)、2008年(フィラデルフィア)と2度のワールドチャンピオンに輝いた。

 

2010年日本球界に復帰(オリックス・バファローズ)。
2012年は自由契約となりリハビリを続けながら現役復帰を目指すも、7月31日を以って引退を表明し現役生活に幕を下ろした。
今後は、野球解説者としてTV、ラジオを中心に野球教室や講演など、幅広く活動していく。

 

1991年 オリックス・ブルーウェーブ入団
2000年 シドニーオリンピック日本代表
2002年 セントルイス・カージナルス入団
2008年 フィラデルフィア・フィリーズへ移籍
2009年 シカゴ・カブスへ移籍
2010年 オリックス・バファローズへ移籍
2012年 7月31日 引退表明

 

【プロ通算成績】

通算成績 NPB(12年) .276 本塁打70 打点429 MLB(8年) .279 本塁打19 打点163

 

 

【講演内容】

元メジャーリーガーの田口壮氏は、関西学院大学を経て、1991年ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団します。
2002年にFA宣言をし、メジャーリーグのセントルイス・カージナルスに入団。その後、フィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・カブスと渡り歩き、2006年のカージナルス時代、2008年のフィリーズ時代と2度のワールドチャンピオンに輝きます。

 

メジャーリーグ時代には、公式サイトで展開していた日記が評判となり、“記録のイチロー、記憶の新庄、日記の田口”といわれるほどで、プロのライターを思わせる文章レベルは「日記職人」の異名を誇っていました。
2012年7月現役を引退。現在、野球解説者として活躍する傍ら、野球教室や講演など幅広く活動しています。

そんな田口氏の講演は、スポーツ・人生・モチベーションなどの内容に及びます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

「とにかく野球が好きで、まだまだ成長できるという思いが衰えなかったこと」が、20年以上に渡る現役生活を支えたモチベーションであるという田口氏。戦力外通告を受けてから、現役復帰を目指した約1年の浪人生活の間でも、「この中で見つかるものがあるのでは」と探究心を忘れなかったと。

 

野球は人生のすべてで、野球があったからこそ自分がここまで大きくなれ、現役は引退したものの、野球とともに歩む人生はこれからも続いていくという田口氏の講演、フォーラム、セミナー、トークショーでは、野球を通して学んだあらゆることから、人生の様々な局面で役立つノウハウを得ることができるのです。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。