講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

栄和人
(さかえかずひと)

文部科学省委託 JOCナショナルコーチ

1980年 全日本大学選手権優勝。
1983年 全日本選手権で初優勝。
1987年 世界選手権フリースタイル62kg級で銅メダル獲得。
1988年 ソウルオリンピック出場。
1990年 京樽に選手兼女子レスリング部コーチとして入社。
1996年 中京女子大学附属高等学校(現:至学館高等学校) 教諭に赴任。
2003年 中京女子大学レスリング部の監督に就任。
2004年 全日本女子レスリングヘッドコーチに就任。
2008年 中京女子大学健康科学部健康スポーツ学科教授に就任。
2008年 日本レスリング協会女子強化委員長に就任。
2008年 日本レスリング協会女子強化委員長に就任。
2013年 日本レスリング協会 全体の強化委員長に就任。

現在は、文部科学省委託 JOCナショナルコーチ、日本レスリング協会 常務理事。

主な講演テーマ

「常に向上心 金メダルにタックル!」
「オリンピック3連覇への道」
「挫折からの復活」
「勝利への道~金メダルの瞬間~」
「夢や情熱を持ち続けることの大切さ」
「究極の人材育成とは」

 

「結果を問う以前に、人一倍努力することで、人生にとって大きな財産が残る」という思いを胸に、これまでにトップアスリートとよばれる選手から、一般レベルの選手に至るまで、惜しみない情熱を注ぎ、教え子たちに計7回のオリンピック金メダル獲得させ、世界最高の指導者と謳われた栄氏。
講演では、その指導実績を元に、様々な現場や局面で生かすことができる独自の教育法、指導法を示してくれます。

※吉田沙保里氏とのトークショー形式の講演会も可能です。

栄和人氏・吉田沙保里氏 トークショーの様子はこちらです→【講演会レポート】

 

 

肩書き

文部科学省委託 JOCナショナルコーチ
日本レスリング協会 常務理事

ここがオススメ!

「結果を問う以前に、人一倍努力することで、人生にとって大きな財産が残る」という思いを胸に、これまでにトップアスリートとよばれる選手から、一般レベルの選手に至るまで惜しみない情熱を注いできた栄和人監督。

 

世界最高の指導者の一人としてその名は広く知られています。
世界を熱狂させたリオオリンピック閉幕後、2016年10月7日(金)に華々しく行われた凱旋パレードでは、選手たちに混じりひときわ存在感を放っていました。

 

栄和人監督は自身もレスリングの選手として活躍し、1987年の世界選手権で銅メダルを獲得。
1988年のソウル五輪に出場するも4回戦で敗退し、引退。

 

その後、世界で戦う選手の育成を目指して指導者の道へ進みます。
今では誰もが認める「女子レスリングを日本が誇れる競技に押し上げた立役者」ですが、はじめは女子選手の指導をするのが嫌だったそうです。

 

なかなかうまくいかず、自分の指導スタイルを模索する日々。
しかし恩師の言葉から現役時代、人生をかけてレスリングと向き合ってきたこと。

ロサンゼルス五輪の選考会で負け、命を絶ちたいとさえ思ったこと。そして、そこまで思いつめるほどの“執念”が自分を支えていたことを思い出した栄監督。

 

講演では、強い選手を育てるために、最高の部下を育てるために信頼関係以前に必要なものがあると自身の経験から熱く語ってくれます。

 

・    指導者は選手たちと徹底的に向き合わなければいけない
・    指導者は選手よりも勝ち負けにこだわらなければいけない
・    指導者は選手を叱れなければいけない
・    指導者はひとつのやり方に固執してはいけない
・ 指導者は競争する環境を整えなければいけない

 

「指導者とは何か?」 常に勝ち続ける部下を育てる“金メダルメソッド”を栄和人監督の講演会からぜひ、学んでください。

主な経歴

1960年 6月19日生まれ 鹿児島県奄美市出身。
1976年 鹿児島商工高等学校(現・樟南高等学校)でレスリングを始める。中学までは柔道選手であった。
1979年 日本体育大学体育学部体育学科に入学。
1980年 全日本大学選手権優勝。
1983年 全日本選手権で初優勝。

 

1987年 世界選手権フリースタイル62kg級で銅メダル獲得。
1988年 ソウルオリンピック出場。
1990年 京樽に選手兼女子レスリング部コーチとして入社。
1996年 中京女子大学附属高等学校(現:至学館高等学校) 教諭に赴任。
2003年 中京女子大学レスリング部の監督に就任。

 

2004年 全日本女子レスリングヘッドコーチに就任。
2008年 中京女子大学健康科学部健康スポーツ学科教授に就任。
2008年 日本レスリング協会女子強化委員長に就任。
2008年 日本レスリング協会女子強化委員長に就任。
2013年 日本レスリング協会 全体の強化委員長に就任。

ココがスゴイ!

日本の女子レスリング界の名伯楽とは、まさにこの人のための言葉。
教え子には55キロ級の吉田沙保里氏をはじめ、48キロ級の伊調千春氏、小原日登美氏、63キロ級の伊調馨氏らオリンピックのメダリスト が顔を揃え、その指導力は誰もが認めるところです。

 

至学館大学レスリング部監督と全日本女子レスリングヘッドコーチを兼任。

オリンピックなどで優勝した吉田沙保里氏を肩車して健闘を讃えている姿には深い師弟愛が感じられ、女子レスリングの啓蒙に大きな役割を担っています。

講演内容

至学館大学教授、日本レスリング協会女子強化委員長の栄和人氏は、女子レスリング55kg級の吉田沙保里氏をはじめ、48kg級の伊調千春氏、小原日登美氏、63kg級の伊調馨氏らを、オリンピックのメダリストに育て上げた名伯楽として知られています。

 

現役選手時代は、1980年に全日本大学選手権での優勝をはじめ、1983年の全日本選手権初優勝、1987年世界選手権フリースタイル62kg級で銅メダル獲得など、一流アスリートとして様々な記録を作り上げていきます。

 

栄氏は、ロサンゼルスオリンピック直前の試合で負けてしまい同オリンピックに出場が叶わなかったものの、一念発起し挫折を乗り越え、1988年には念願のソウルオリンピック出場を果たします。人間は頑張れば必ずチャンスを手に入れることができることを知った栄氏は、指導者として活躍するようになってからも、失敗しても絶対にそれで終わりと思ってはいけないと選手を指導してきました。その成果が、数々のメダリスト誕生となるのです。

 

そんな栄の講演は、教育、スポーツ、監督・コーチを主な内容として、「常に向上心 金メダルにタックル!」「オリンピック3連覇への道」「挫折からの復活」というテーマの話をしてくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 

講演料金目安

別途ご相談ください

ギャラリー

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。