講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

山崎将志
(やまざきまさし)

ビジネスコンサルタント

愛知県岡崎市出身。

1994年東京大学経済学部・経営学科卒業、同年アクセンチュア入社。

2003年にアクセンチュアを退社し独立。ビジネスコンサルタントとして

キャリアをスタートし、2006年からは事業開発にも注力。

企業の収益改善のコンサルティングと、自身の事業開発の経験から得られた学びを

多くの人と共有したいとの考えから、主にビジネスの分野で書籍の執筆にも

精力的に取り組む。

主な講演テーマ

「脱・残念な経営者」
ここ数年の新ビジネスの事例からトレンドを読み解き、また私自身の経験をシェアしながら、新規事業開発を通じた新しい未来の作り方について、オーディエンスと一緒に考えていく。

 

「残念な上司にならないための勘所」
今、「上司であること」がますます難しくなっている。情報が公平に行き渡り、組織がフラット化していく中、組織の管理職は何を考え、どう行動すべきなのかを、オーディエンスと一緒に考えていく。

 

「「残念な人」卒業!  ちょっとした工夫で、仕事も人生も楽しむヒント」
昔からの慣習に従い、新聞・テレビから情報を収集しているだけでは、正しい行動を摂っているつもりがいつの間にか「残念な人」になってしまう。今の世の中に必要な人となるための、時代適合的な考え方とは何かを明らかにする。

主な経歴

1994年 東京大学経済学部経営学科卒業
アクセンチュア㈱入社
2003年 同社を退社し独立。㈱知識工房を設立し、ビジネスコンサルティング事業を手がける。
2006年 事業再生とベンチャー開発を専門とする㈱アジルパートナーズを設立。
2008年 5円コピー事業 生活社総合支援事業を、一部上場企業との協業・ジョイントベンチャーにより設立、運営。
2010年 4月に出版された『残念な人の思考法』(日本経済新聞出版社)が34万部のベストセラーとなる。
2011年~
現在
上記ジョイントベンチャーを事業売却。米国のゴルフ用品会社の代理店として、ゴルフクラブ、ボール等の日本での展開を支援する。
また、書籍の執筆・雑誌への寄稿等の活動も継続し著書累計発行部数は100万部を超える。

 

【主な講演実績】
防衛省/中小企業大学校/となみ青年会議所/中部生産性本部/関西生産性本部/日本経済新聞社/日経ビジネススクール/日経BP社/慶應MCC/関西電力/IHI/サントリーフーズ/キリンビバレッジ/バンダイナムコ/大塚商会/TIS/アウディジャパン/愛知トヨタ労働組合/リョービイマジクス/ふくおかFG/地方銀行協会/イオン銀行/FXプライム/アクセンチュア 他多数。(順不同)

 

【主なメディア出演】

[テレビ]
『ホンマでっかTV』(2011年~2012年)
『たけしの日本のミカタ』(2011年)

 

[ラジオ]
NHKラジオ第2『ラジオ仕事学のすすめ』(2016年8月・9月)

 

[雑誌]
『週刊パーゴルフ』
『TKC戦略経営者』
『日経プレミアPLUS』
『日経産業新聞』
『プレジデント』 他、多数。

 

【主な著書】
『残念な人の思考法』(日本経済新聞出版社)
『残念な人のお金の習慣』(青春出版社)
『残念な人の仕事の習慣』(アスコム)
『残念な人の英語勉強法』(幻冬舎)
『仕事オンチな働き者』(日本経済新聞出版社)
『30の「勝負場面」で使いこなす ロジカルシンキングの道具箱』(日本実業出版社)
『ファシリテーション』(ライトワークスビジネスベーシックシリーズ)
『会議の教科書 強い企業の基本の「型」を盗む』(ソフトバンククリエイティブ)

ほか、単著・共著合わせて約20冊、累計発行部数100万部以上

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。