講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

山崎武司
(やまさきたけし)

元プロ野球選手

「ジャイアン」の愛称の通り豪快なホームランとその性格で愛された大打者。小学4年生から野球を始め、中学時代は本塁打を打ったことがなく、大会も1回戦負け。高校も強豪・愛知工業大学名電高校に進学するも甲子園への出場経験はない。1987年に愛知工業大学名電高校からドラフト2位で地元・中日ドラゴンズに入団。アメリカやドミニカへの留学などを経て、プロ10年目の1996年にレギュ ラーに定着。するとその年に松井秀喜との壮絶な争いを制し本塁打王を獲得。 その後、2003年のオリックスへの移籍を経て、2005年からは楽天の創設メンバーとして活躍。創設期から主将を務めるなどチームを支え、2007年には39歳で本塁打王、打点王の2冠王に輝いた。(両リーグでの本塁打王獲得は史上3人のみ) また35歳を過ぎてから生涯通算本塁打(403本)の約半分を放つなど、衰え知らずのホームランアーティストとして名を馳せ、ベテランの域に達してもなお 第一線で活躍する姿は「中年の星」として大きな支持を集めた。 2012年からは古巣の中日に復帰し、翌2013年に現役引退。引退後は野球解説者・スポーツコメンテーターとして活動する傍ら、講演会の講師やスポーツカーなどの多趣味と豪快なキャラクターを活かして活躍中。また引退後も「いつまでも何かに挑戦していたい!」という思いからOTG TN滋賀(大阪トヨペットグループ滋賀トヨタ/ネッツトヨタ滋賀)のレーサーとしてTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceにも参戦している。現役時代から慈善活動にも尽力しており、現在も宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOで開催されるレースに出場する際には「東日本大震災みやぎこども育英募金」に毎年寄付を行い、また年末には「がんばろう東北!東日本大震災復興支援山﨑武司チャリティーゴルフコンペ」を主催し寄付を行うなど自身が復活を遂げた宮城、東北への恩返しを続けている。

出身・ゆかり

愛知県

主な講演テーマ

「“欲”に忠実になれ!目標達成のためのセルフマネジメント」
プロ野球生活の中で見てきた、伸びる選手の条件の一つ「欲」 「スターになりたい」、「旨い物が食いたい」、「お金を稼ぎたい」、「女の子にモテたい」、「いい車に乗りたい」等、「欲」を大事にして目標にガムシャラに向かう事で自身の成長へとつなげて欲しい。多くの「欲」を叶えてきた山﨑から熱いメッセージを送る。

 

「3度のクビから現役27年〜星野監督や野村監督と出会って〜」
3度のクビを経験しても現役27年もの間、球界を渡り歩いてきた中で星野監督や野村監督、外国人監督など様々な監督から得た教訓などをお伝えします。 なかでも野村克也監督との出会いが「19年間何も考えずに野球してきた」自身の考えを大きく変えるきっかけとなり、11年ぶりのホームラン王を獲得できた秘話もお話しします。

ここがオススメ!

44歳まで現役第一線でプレーし、2013年を持って引退した元プロ野球選手・山崎武司選手。
1986年にドラフト入団した中日から、オリックス(2003~2004年)、楽天(2005~2011年)と渡り歩き、39歳で43本塁打、41歳で39本塁打を達成します。

 

2011シーズンには40代に入ってからの100号本塁打など、数々の記録を樹立。
2012年のシーズンより古巣の中日ドラゴンズで活躍し、若手に負けない活躍ぶりは中高年世代を大いに励ましていました。

 

そんな山崎選手の講演テーマは「目標達成のためのセルフマネジメント」「ジャイアン流コミュニケーション術」「上司とはどうあるべきか」「逆境を乗り越える方法」などのテーマを話してくれます。

 

決してエリートではない山崎選手。
「スター選手には絶対負けたくない」という負けじ魂でこれまでを歩んできたといいます。

 

高校時代やプロ入り後の下積み時代に経験した苦労を乗り越えたことで、何事もなんとかなるという気概が生まれたとしています。
講演ではオリックスから戦力外通告を受けたときにも、「野球を続けてほしい」という長男の励ましに決意を新たにしたことや、楽天移籍後に背水の陣で取り組んだ打撃フォームの改造により、移籍3年目で本塁打王と打点王の二冠に輝いたエピソードを披露。

主な経歴

1968年11月7日生まれ。愛知県知多市出身。
182cm/100kg、右投右打。

 

【経歴】
・愛知工業大学名電高校
・中日ドラゴンズ(1987〜2002)※1986年ドラフト2位
・オリックス・ブルーウェーブ(2003〜2004)
・東北楽天ゴールデンイーグルス(2005〜2011)
・中日ドラゴンズ(2012〜2013)

 

【通算成績】
・2249試合 1834安打 403本塁打 1205打点 打率.257
・本塁打王2回、打点王1回

 

【その他】
・東海市ふるさと大使

主なメディア出演

・東海テレビ『ドラHOT+』レギュラー
・東海ラジオ『ドラヂカラ!!』レギュラー
・TBSテレビ「S☆1」
・TBSテレビ『あさチャン!』
・TBSテレビ『ひるおび』
・東海テレビ『野球中継』解説
・東海ラジオ『東海ラジオ ガッツナイター』解説
・ニッポン放送『ニッポン放送ショウアップナイター』解説
・中日スポーツ『タケシの逆転談』連載中
・中日新聞『時事放弾』連載中
・河北新報『主砲の一ゲキ』連載中
・日本経済新聞『フルスイングの余韻』連載中
・夕刊フジ『メッタ斬り 生涯ジャイアン』連載中
・日本テレビ『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』
・日本テレビ『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!』 など

主な著書

『進化』(あさ出版)
『さらば、プロ野球:ジャイアンの27年』(宝島社)
『40代からの退化させない肉体:進化する精神』(講談社)
『復活力 ~東北、ありがとう~』(あさ出版2011年12月)
『リアルジャイアンから悩める君たちへ』(マーブルトロン2011年5月)
『今、意味がないと思うことに価値がある-自己変革を実現する42の思考法』
(ベストセラーズ2010年11月)
『奇跡の超弾道-進化を続ける心技体』(ベースボール・マガジン社2010年9月)
『野村監督に教わったこと-部下は上司で生き変わる』(講談社2010年1月)
『野村監督に教わったこと-僕が38歳で二冠王になれた秘密―』(講談社2008年2月)

著書紹介

『進化』

30歳を過ぎてから133勝を挙げた山本昌氏と、291ホームランを達成した山崎武氏。
2013年時点で「現役最年長」を更新し続ける2人が対談形式で語った著書。
常に現状に満足せず、高みを目指し続ける2人の「進化」し続ける理由が詰まった1冊。

 

○心
『練習するのは朝に歯を磨く生活習慣と変わらないもの』であると考えており、
そういった日々のルーティンが不測の事態においても、変わらぬパフォーマンスが出来る源になっているとしています。

 

○技
自身の技術維持において、年月の積み重ねから増えてくる「経験」という名の「引き出し」の中には、 沢山の要素を詰め込むことも大事ではあるが、収納しっ放しでは多すぎることによって弊害も生まれてくるとしています。 時にそういった「引き出し」を捨てる事も重要であるとしてます。

 

○体
「人間というものは目標を設定する際に、往々にして目標(ターゲット)から逆算してメニュー(プログラム)を考える傾向にあると述べています。上手く物事が進展している時は良いのだが、天候や突発的な予定など、不可抗力な事象が発生した場合、人間はその事に責任を転嫁してしまい、目標を遂行する事を諦めてしまうと述べております(※「三日坊主の原理」)。
そうならない為にも無理な目標設定は設けずに、物足りなくても日々コツコツ、毎日続ける事の大切さを述べてます。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。