講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

渡辺哲雄
(わたなべてつお)

NPO東濃成年後見センター理事長

1950年 岐阜県郡上八幡で出生
1973年 関西大学社会学部卒業後福祉関係の仕事に従事
1990年 岐阜県ソーシャルワーカー協会会長(2002年)
1993年 スウェーデンの福祉を視察
2001年 日本福祉大学中央福祉専門学校専任教員
2003年 ドミニカ共和国ソーシャルワークセミナー講師
2003年 NPO東濃成年後見センター理事長就任
2008年~2013年 NHK文化センター岐阜教室講師

登録テーマ・ジャンル

出身・ゆかり

岐阜県

主な講演テーマ

「児童虐待はなぜ起きる~早期発見と予防~」
 実母は育児ノイローゼ、継父はしつけ。発見する方法はそして結婚と同時に始まる児童虐待予防とは

「ストーリー・ケアの勧め~初期認知症高齢者から自発性を引き出すケア方法~」
 受診→要介護認定→デイの利用→グループホーム入居に至る節目ごとに、
 本人の望ましい意思を引き出す対応方法を、実際のケア体験を基に語ります。

「人権と尊厳の理解~差別について考える~」
 人権て何尊厳て何よく使う割には定義の難しいこれらの概念を明確にしながら、
 差別について考えてみませんか

「認知症になった波平」
 サザエさんの波平が痴呆になったら認知症予防していますか

 その他、演習をまじえた講演など多数行っております。

 

メディア情報

著 書

『男の日傘』男の日傘
「人間が小さいぜよ。便利じゃきにわしはブーツを履いちょった」猛暑の中、日傘を差して通勤した作者が、まるでスカートを履いているような恥ずかしさを、龍馬の声を聞いて乗り越える「男の日傘」を初め45偏のエッセー集。

『さよなら老いの風景』さよなら
中日新聞に12年間長期連載ついに完結!名もない人々が織りなす“喜怒哀楽の日常ドラマ”。どこにでもありそうなささやかな出来事。老いの風景は時を越えて読む人の心をとらえます。【中日新聞社,ISBN:4806205214,(2006/06)】

『忙中漢話』
騒、盗、誘…。わずか一文字の漢字を手掛かりに心の扉を開けてみると,そこには予想をはるかに越えて,広々とした心象風景が広がります。漢字を題材にした55編のエッセー集。
【中日新聞社,ISBN:4806204536,(2002/11)】

『続々老いの風景』
21世紀は高齢社会。お年寄りとその家族らが直面する,医療・介護・老人ホーム問題や日常生活に関わるさまざまな問題をやさしい視点でリアルに綴る。『中日新聞』に長期連載中の小説単行本化第3弾。【中日新聞社,ISBN:4806204706,(2003/12)】

『続老いの風景』
21世紀は高齢社会。お年寄りとその家族らが直面する,医療・介護・老人ホーム問題や日常生活に関わるさまざまな問題をやさしい視点でリアルに綴る。『中日新聞』に長期連載中の小説単行本化第2弾。【中日新聞社,ISBN:4806204358,(2001/09)】

『老いの風景』
人が人として生きるということは生やさしいことではない。お年寄りとその家族らが直面する,医療・介護・老人ホーム問題や日常生活に関わるさまざまな問題をやさしい視点でリアルに綴る。『中日新聞』連載。

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。