講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

渡辺啓太
(わたなべけいた)

一般社団法人日本スポーツアナリスト協会代表理事

全日本女子バレー “火の鳥NIPPON”の躍進を支えた情報戦略担当者

浅野中学でバレーボールを始め、「ITをスポーツに活用すること」を志して専修大学ネットワーク情報学部に入学。
独学でアナリスト活動を開始。
在学中に全日本女子バレーボールチームのアナリストに抜擢され、以後10年以上にわたり情報戦略活動を担当し、2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロと3度のオリンピックを日本選手団役員として経験。
2010年には世界で初めてiPadを用いた情報分析システムを考案・導入し、 32年ぶりとなる世界選手権でのメダル獲得、2012年のロンドンオリンピックでは28年ぶりとなる銅メダル獲得に貢献した。

全日本チームの支援を続ける傍ら、アナリスト育成セミナー等を開催して後進育成にも注力。
2014年からは競技の枠組みを超えたスポーツアナリストの連携強化及び価値向上を目指して日本スポーツアナリスト協会を創設し、代表理事として活動している。

出身・ゆかり

東京都

主な講演テーマ

「情報を味方につける!~逆境に打ち勝つ情報戦略~」

「ICTを活用したスポーツ情報戦略」 など

 

肩書き

・一般社団法人日本スポーツアナリスト協会 代表理事
・全日本女子バレーボールチーム 情報戦略担当チーフアナリスト(2004-2016)
・公益財団法人日本バレーボール協会女子強化委員会主事/科学研究委員会副主事
・公益財団法人日本オリンピック委員会強化スタッフ/ナショナルコーチアカデミー講師
・専修大学ネットワーク情報学部客員教授

匠 一流のこだわり インタビュー

渡辺啓太

主なメディア出演実績

【テレビ・ラジオ】
『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』(日本テレビ)
『みらいのつくりかた』(テレビ東京)
『ボクらの選択』(フジテレビ)
『荻上チキ・Session-22』(TBSラジオ)  などに出演。
Vリーグや春高バレー等、バレーボール中継の解説も務める。

 

【新聞】
日本経済新聞「駆ける魂」
産経新聞「話の肖像画」 などの連載

 

【雑誌】
Think!(東洋経済)
Number(文藝春秋)
MacFan
月刊バレーボール等、各種雑誌やWebメディアの取材多数。

 

著書

『人はデータでは動かない--心を動かすプレゼン力』(新潮社)
『データを武器にする』(ダイヤモンド社)
『伸びる人のデータの読み方、強い組織のデータの使い方』(日本文芸社)
『なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか』(東邦出版)ほか
『考えて強くなるバレーボールのトレーニング:スカウティング理論に基づくスキル&ドリル』(大修館書店)

講演料金目安

別途ご相談ください

書籍

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。