講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

杉山邦博
(すぎやまくにひろ)

日本福祉大学生涯学習センター長・客員教授/元NHKアナウンサー

1930年(昭和5年)10月19日 福岡県北九州市生まれ。
1953年早稲田大学文学部卒業後、NHK入社。
スポーツアナウンサーとして各種のスポーツ放送を担当。
東京・メキシコオリンピックをはじめ、スポーツの ビッグイベント番組を経験し豊富な知識と手堅い語り口は、専門家から高く評価されてきた。
なかでも、大相撲放送は半世紀以上に渡って、継続して担当。この道の第一人者。
1981年、大関貴ノ花(若・貴の父、故二子山親方)引退の放送では思わず絶句。
「NHKアナも泣いた大関貴ノ花の引退」と週刊誌に報じられ、「泣きの杉 山、泣かせの杉山」ともいわれ人情アナの異名をとる。
定年後も東京相撲記者クラブ会友としてテレビ・ラジオに出演するなど、幅広く評論活動を続けている。

出身・ゆかり

福岡県

主な講演テーマ

「名勝負、名場面に学ぶ」
「心・技・体~限りなき挑戦~」
「己に勝つ」
「継続は力なり」

 

 

肩書き

元NHKアナウンサー
日本福祉大学 生涯学習センター長・客員教授
東京相撲記者 クラブ会友

講演内容

東京相撲記者クラブ会友・杉山邦博氏は、NHK時代はスポーツアナウンサーとして活躍。中でも、大相撲中継の一時代を築いたアナウンサーとして知られ、相撲に関する造詣は深く、その専門的知識に加え、人情味溢れる語りは、多くの相撲ファンに支持されていました。

アナウンサー引退後は、相撲評論に活躍の場を移し、半世紀以上にわたって携わってきた大相撲に関するテーマをはじめ、相撲から学んだ人生、勝負哲学などを、様々な場で分かりやすく解説。また、力士にまつわる多くのエピソードも披露し、特に、先代貴ノ花関のファンとしても知られているため、貴ノ花引退時における感極まりながらの実況は、今でも多くの相撲ファンの記憶に残っています。

そんな杉山氏の講演は、人生、夢の実現、スポーツ、ビジネス、ビジネス研修などを主な内容とし、「名勝負、名場面に学ぶ」「心・技・体~限りなき挑戦~」「己に勝つ」「継続は力なり」などのテーマを話してくれます。また、セミナーでの開催もOK!

誰よりも相撲の魅力を知り尽くしている杉山氏の講演、セミナーは、時代を彩ってきた数々の名勝負に関するエピソードを通じて、人生や勝負、ビジネスのあり方を示してくれます。そして、立会いまでに十分な「間」があり、いざ立ち会うと一瞬で勝敗が決してしまう散り際の美しさは、日本人の感性にマッチし、相撲が国技として認められるゆえんであることを知るのです。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。