講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

セルジオ越後
(せるじおえちご)

サッカー解説者

1945年(昭和20年)7月28日ブラジル・サンパウロ市生まれ(日系2世)。
18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。
非凡な個人技と俊足を生かした右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。
1972年来日。藤和不動産(とうわ不動産)サッカー部(現:湘南ベルマーレ)でゲームメーカーとして貢献。
魔術師のようなテクニックと戦術眼で日本のサッカーファンを魅了した。
エラシコ(elastico)というフェイントの創始者と言われる。

 

来日当時から少年サッカーの指導にも熱心で、1978年より(財)日本サッカー協会公認「さわやかサッカー教室」(現在:アクエリアスサッカークリニック)の認定指導員として全国各地で青少年のサッカー指導にあたる。
ユニークな指導法とユーモア溢れる話術で、現在までに1000回以上の教室で延べ60万人以上の人々にサッカーの魅力を伝えてきた。
辛辣で辛口な内容のユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。
現在ではHC栃木日光アイスバックスのシニアディレクター、日本アンプティサッカー協会の最高顧問、とちぎ未来大使、ひめじ観光大使としても活動中。

主な講演テーマ

「スポーツに見る人材育成とチームマネジメント ~勝つための組織づくり~」
ユニークな指導法で、これまでに延べ60万人以上の人々にサッカー指導をしてきました。
あるサッカーフリークの芸能人は「日本のサッカー好きな子どもたちはセルジオ越後に育ててもらった」と語ります。
プロアイスホッケーチームHC.栃木日光アイスバックスのシニアディレクターとしても活動をし、その経験を活かしています。
いまや人材育成のスペシャリストとして評価が高く、日本人が見落としてきた部分にも気づきを与えてくれます。

 

「なぜ日本のスポーツは海外で勝てないのか?」
サッカーにとどまらず、チームスポーツで日本が勝てない理由はなぜなのか。
その理由は日本の文化に隠されているのではないかとセルジオ越後は考える。
過去のワールドカップ優勝国には共通項がある。その共通項とはいったい何か。
日本中で1000回以上のサッカー教室を行ってきたセルジオ越後だからこそ感じる世界と日本の相違点とは……。

 

「CSRとスポーツ 障がい者スポーツの取り組み」
日本アンプティサッカー協会・名誉顧問を務める中で、スポーツに取り組む障がい者と接する中で起きた事象や感じたことなど実体験を語ります。
高齢化社会を迎える日本にとって、障がい者との付き合い方は他人事ではない。
2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されるが、はたして日本には本当の意味での準備ができているのか。

 

「スポーツが人を繋ぐ ~スポーツを通した地域振興~」
日本唯一のプロアイスホッケーチームであるHC.栃木日光アイスバックスのシニアディレクターとして活動する中での実体験を語ります。
また、日本中で1000回を超えるサッカー教室を実施してきたセルジオ越後だからこそ語れる視点で、
高齢化社会や障がい者スポーツも交えて、日本が目指すべき未来を指南してくれます。

 

「グローバル時代のリーダーシップ」
「スポーツ視点からの教育改革論」
「スポーツが人を創る」
「セルジオ流子育つ論」

ココがオススメ!

日系二世のブラジル人サッカー解説者・セルジオ越後氏がマスコミに登場するようになったのは、1993年の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)発足時でした。

 

本場・ブラジルのプロサッカー選手だったことで、日本人解説者にはない視点と辛口のコメントが大いに耳目を集めました。
さらにそのユニークな指導法で、これまでに延べ60万人以上の人々にサッカー指導をしてきました。

 

また、2006年よりHC栃木日光アイスバックスのシニアディレクターとしても活動中。
アイスホッケーに関しては、まったくの素人であるにも拘わらず、サッカーで築き上げた老かいなベンチワークにより、選手をコントロールし、勝利への執念を植えつけていったという実績もあります。

 

日本の学校体育では一クラブしか入れない、ずっとひとつの競技を続けないといけないような空気があります。
しかし、「スポーツの一番良いところは、スポーツを通じて友人を作ることだと思う。
いま、アイスホッケーをやって、いままで会わなかった人たちが友達になっている。
友達が2倍になった。他の種目ともっと交流しよう。友達がいっぱい増える」と言います。

 

 

講演のテーマは「サッカーに見る人材育成とチームマネジメント」「サッカーを通してみた日本のスポーツ文化」「セルジオ流子育つ論」など。
辛辣で辛口な内容でありながら、ユーモア溢れる話術にファンも多く講演も好評。
一スポーツの指導者というイメージよりも、いまや人材育成のスペシャリストとして、評価が高まっているセルジオ越後氏。
講演では越後氏ならではのユニークな指導方法、教育方法を聴くことができ、日本が見落としてきた事柄への気づきを与えてくれます。

主なメディア出演

テレビ】

<テレビ朝日> サッカー日本代表戦解説出演、「やべっちF.C.」「Get Sports」
<テレビ東京>「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」、「FOOT×BRAIN」
その他、民放・CS等で、Jリーグ・セリエA・欧州CL等の解説出演
※2018年8月現在

 

【新聞・雑誌】

<日刊スポーツ>『ちゃんとサッカーしなさい』
<集英社>週刊プレイボーイ「セルジオ越後のサッカー一蹴両断!」
<読売中高生新聞>「セルジオ越後の一蹴入魂」

 

【WEBサイト】

<サッカーキング>
<サッカーダイジェストWeb>『セルジオ越後の天国と地獄』
<東洋経済オンライン>
※2018年8月現在

主な著書

『補欠廃止論』(ポプラ社)
『セルジオ越後 辛口の真実』(ぱる出版)
『セルジオ越後録サッカー日本代表2010W杯へ』(講談社)
『セルジオ越後のフットサル入門』(講談社)
『日本サッカーと「世界基準」』(祥伝社新書)
『セルジオ越後の子育つ論』(PHP研究所)
『監督の条件』(日刊スポーツ出版社)
『セルジオ越後日本サッカー黙示録~日本代表編2000-2002~』(河出書房新社)
『ジーコジャパン ザ・ビキニング』(講談社)
『激心~日の丸を背負った男たちへ』(廣済堂出版)
『日本サッカー黙示録~ジーコジャパンへの緊急通告』(廣済堂出版)
『警鐘』(ぴあ)

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。