講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

坂本雄次
(さかもとゆうじ)

ランニングプロデューサー

健康のため1976年から独学でランニングをはじめる。在籍していた東京電力の陸上部で監督を15年間務め、素 人集団のなかからフルマラソンを2時間30分台で走るランナーを数多く育てる。1993年7月、「100kmウルトラマラソン」や「24時間リレーマラソン大会」など各種の全国大会を企画・運営するランナーズウェルネスを設立。
日本テレビ「24時間マラソン」には1992年の立ち上げから携わり、ランニングを主体としたテレビ番組の監修・運営・タレント指導というテレビ界における 新ジャンルを開拓する。2007年3月には神奈川県初となるフルマラソン「湘南国際マラソン」の立ち上げに尽力。スポーツ大会を機軸にした地域づくりにも注力。少子高齢化、地方分権によって変貌する社会を見据え、”新たな地域の自立” に向けたプログラムとコンテンツづくりに取り組み、産業界、官界、学術、医学にわたる幅広い分野の総合プロデュースを展開している。著書に、「なぜあなたは走るのか激痛に涙あふれてもなお」(日本テレビ出版)、「あなたもできるフルマラソン」(学習研究社)など。AIMS公認距離計測 検定員。国際スパルタスロン協会日本支部代表。

主な講演テーマ

「スポーツ大会を機軸にした地域づくり」
「我が裏方人生・24時間テレビマラソンと共に歩んで」
「マラソンへの熱き想い」
「挑戦~限りないゴールを目指して~」
「誰かの支えでがんばれる」  など

 

ココがオススメ!

ランニングプロデューサー・坂本雄次氏は、学生時代から多くの実績を積んできたアスリートではなく、30歳のころから、健康維持をきっかけにマラソンをはじめます。専門的な理論についても独学で修め指導者となり、フルマラソンを走ることができる多くの市民ランナーを育て上げてきました。

1990年に、マラソンランナーとしても知られるタレントの間寛平氏と出会い、ギリシャで開催される、246kmを36時間以内で走るというスパルタスロン大会に参加する間氏をサポートすることになり、担当して2年目で、間氏をスパルタスロン完走に導きます。

その後、ランナーズ・ウェルネスというマラソン大会の企画・運営を行う会社を立ち上げ、多くのランナーのために、その挑戦の場となる大会を一つでも多く生み出すことに尽力。しかも、大会運営には、自治体の予算を一切使わない手法を用い、一定数の参加ランナーの確保と企業の協賛をもって、収支を黒字にするビジネスモデルを築きあげます。

そんな坂本氏の講演は、スポーツ、監督・コーチ、マラソン、健康、体づくりなどを主な内容とし、「我が裏方人生・24時間テレビマラソンと共に歩んで」「スポーツ大会を機軸にした地域づくり」「マラソンへの熱き想い」「挑戦〜限りないゴールを目指して〜」「誰かの支えでがんばれる」などのテーマを話してくれます。また、トークショーでの開催もOK!

走る行為には、崇高な人間性があるという坂本氏。走ることで自らを表現し、その姿に影響を受けて走る人が増えるというという循環を構築するために、一つでも多くの大会をプロデュースしており、講演、トークショーを訪れた人は、マラソンの様々な魅力に触れ、心身ともに大きな収穫があることを知るのです。

主なメディア出演

 【TV】

NTV「24時間テレビ」
NTV「人類初挑戦!間寛平アースマラソン特番」

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。