講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

大住力
(おおすみりき)

ソコリキ教育研究所 所長

1990年、株式会社オリエンタルランド入社。人材教育、経営企画など、20年間ディズニーランドの最前線から中枢までさまざまな仕事を経験。
2010年、難病を患う子どもと家族への支援を目的とした(非営利組織)「公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を」設立、代表を務める。
難病を患う子どもとその家族との永続的な交流を基に”家族””いのち””しあわせ”を社会で共に考え、育み合い、活動することで、女性力の向上、少子高齢化社会対策、ダイバーシティ対策、クオリティーオブハピネス(QOH)の価値観の創出を促すことを目的としている。
2012年、「一般社団法人ソコリキ(底力)教育研究所」を設立。代表となる。
「ディズニーのやり方は、あらゆる企業や人に応用できる。決して特別なものではない」という理念のもと、大手企業から中小企業、学校、病院などに、マネジメント、ホスピタリティ、コミュニケーション、モチベーション、理念浸透などをテーマとした研修や講演を提供。

主な講演テーマ

「もしもディズニーが店長だったら」
ディズニーのキャストは、なぜ「自分で考え、自分から動ける」のか元々、優秀な人が集まっているだけなのか約20年間に渡って東京ディズニーランドで働いてきた経験をもとに、「自分で考え、自分で動ける」スタッフに育てる実践ノウハウをお話しします。

 

「もしもディズニーが仕掛け屋だったら(ディズニーの現場力)」
その問題 ディズニーだったらこう解決します! 毎年2500万人以上が訪れる東京ディズニーリゾート。それを支えるために1日に2万人もの従業員(キャスト)が働いています。そのような巨大組織にもかかわらず、ほとんどの従業員にディズニーの理念が見事に浸透しています。そこには、ディズニーの効率的なしくみとマニュアル、そして「ここまでやるのか!」と驚くような仕事に対する「厳しさ」があるからです。形だけまねればいいマニュアルチックなノウハウとは違って、チームそのものの底力をアップする方法をお話しします。

 

「もしもディズニーが生き方に迷ったら(一生の仕事が見つかるディズニーの教え)」
生涯かけて取り組む役割に巡り会えたのは、20年関わってきたディズニーランドの哲学だった。ディズニーランド時代に遭遇した宝物のような出会いから現在の活動に至るまで、仕事を通して「自分の役割とは何か」お話しながら、聴講する皆さんに問いかけます。
「仕事って何だろう」「しあわせってなんだろう」「夢って何だろう」様々な疑問にディズニーが気づかしてくれたことをお話します。

肩書き

ソコリキ教育研究所 所長
公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を 代表
国立富山大学
東京家政大学 非常勤講師
山野医療専門学校元講師 ほか

主な経歴

1990年、株式会社オリエンタルランド入社。ゼネラルサービス部カストーディアル課に配属。1993年、新パーク事業部に異動。「東京ディズニーシー」「イクスピアリ」など、ビッグプロジェクトの立ち上げや運営、マネジメントに携わる。その後、人材教育、経営企画など、20年間ディズニーランドの最前線から中枢までさまざまな仕事を経験する。また、社内で「ウォルト・ディズニー研究会」を立ち上げ、現場スタッフのモチベーションアップや、ディズニー哲学の浸透に尽力する。2009年、同社を退社。2010年、難病を患う子どもと家族への支援を目的とした(非営利組織)公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を設立、代表を務める。同法人はアメリカのギブキッズザワールド日本唯一の運営団体として誕生。聖路加国際病院理事長・同名誉院長の日野原重明氏と一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏が最高顧問を務める。法人名「公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を」は、日野原重明氏が命名。難病を患う子どもとその家族との永続的な交流を基に”家族””いのち””しあわせ”を社会で共に考え、育み合い、活動することで、女性力の向上、少子高齢化社会対策、ダイバーシティ対策、クオリティーオブハピネス(QOH)の価値観の創出を促すことを目的としている。2012年、「一般社団法人ソコリキ(底力)教育研究所」を設立。代表となる。
「ディズニーのやり方は、あらゆる企業や人に応用できる。決して特別なものではない」という理念のもと、設立。大手企業から中小企業、学校、病院などに、マネジメント、ホスピタリティ、コミュニケーション、モチベーション、理念浸透などをテーマとした研修や講演を提供。その活動が注目され、ハウステンボス株式会社の再生事業に顧問として参画。本事業の収益金を、前述の公益法人へ「寄付」することによって、活動団体の体力を増強していくビジネススキームを構築した。「あなたの会社の社員研修が、社会貢献に繋がる」をテーマに、企業の参画観も醸成している。2014年、代表を務める「公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を」が、国際ビジネス賞2014年スティーヴィー賞金賞受賞。2016年、公益法人の活動に参加した3家族を追ったドキュメンタリー映画「Given~いま、ここ、にあるしあわせ~」で、大住は初の映画の企画・総指揮として製作。全国で劇場公開となる。『厚生労働省社会保障審議会児童福祉文化財』としての推薦、『神奈川県推薦映画』としての推薦となる。

主な講演実績

【企業】
アイネスフクヤマ(福山駅前開発株式会社)/株式会社アダストリア/アンカー株式会社/伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社/イオンモール広島府中/株式会社エーザイ/日本電気労働組合/キャノングループ労働組合協議会/株式会社KPG HOTEL&RESORT/コカ・コーライーストジャパン株式会社/コクヨ株式会社/株式会社 ジンズ(JINS)/スギホールディングス株式会社/第一三共株式会社/第一生命保険株式会社/株式会社ダスキン/東京海上日動火災保険労働組合/中外製薬株式会社/トヨタ自動車株式会社/日産自動車株式会社/ニチバン株式会社/株式会社日本旅行/野村證券株式会社/ハウステンボス株式会社/日立製作所労働組合/株式会社ブリヂストン/舩井本社グループ/フランスベッド株式会社/株式会社フレーベル館/株式会社ベッセル/株式会社ホスピタリティオペレーションズ/三井住友海上火災保険株式会社/三井不動産株式会社/読売人材開発株式会社/株式会社ライフコーポレーション/株式会社ロッテ 他

 

【行政・団体・学校・病院】
埼玉県(彩の国さいたま人づくり広域連合)/上尾市役所/所沢市役所/総社市役所/駿河区役所/京都市西京区洛西支所/高野山真言宗総本山金剛峯寺/東京経営者協会/美容室経営者向けセミナー/日本看護管理学会/Bリーグ(公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)/一般財団法人舩井幸雄記念館/沖縄高等学校PTA連合会/神奈川県立子ども医療センター/聖路加国際病院/熊本看護協会/石川県看護協会/上尾中央医科グループ協議会/学校法人立正大学学園/順天堂大学/沖縄国際大学/獨協医科大学/昭和女子大学/深谷大里看護専門学校/山野医療専門学校/川口市立看護専門学校/昭和大学医学部附属看護専門学校/学芸大学附属国際中等教育学校 他

 

【主なコンサルティング実績】
アイネスフクヤマ(福山駅前開発株式会社)/アンカー株式会社/恵比寿ガーデンプレイス(サッポロ不動産開発株式会社)/株式会社 ジンズ(JINS)/野村證券株式会社/ハウステンボス株式会社/株式会社ライフコーポレーション 他

 

主なメディア出演

NHK教育テレビ/福祉ネットワーク(2011年5月)
朝日新聞/ひと(2016年4月22日)
~しあわせの対話ラジオ~大住力のGive Happiness(2014年10月~2015年9月まで)
週間ホテルレストラン連載 マジカル☆チーム・組織の創り方 ~組織変革&活性でイキイキ&ワクワク!~(2015年08月から現在も連載中)

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。