講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

溝口肇
(みぞぐちはじめ)

チェリスト/作曲家

学生時代から八神純子、上田知華とカリョウビン等のサポートメンバーを務め、大学卒業後スタジオミュージシャンとして6年ほどレコーディングに携わる。
24歳の時に自身が起こした自動車事故によってムチウチ症となり、その苦しみから逃れるため「眠るための音楽」を作曲し始める。スタジオミュージシャンとしての経験から「眠るための音楽」は自分自身のソロ楽曲として書きためられ、1986年『ハーフインチデザート』(Halfinch Dessert)でCBS SONYよりデビュー。以後、クラシック、ポップス、ロックなど幅広いジャンルで演奏・作曲活動を展開している。
作品には、映画音楽 やテレビ番組の音楽として用いられているものが多い。
29年続いている番組「世界の車窓から」のテーマ曲はあまりにも有名。

出身・ゆかり

東京都

主な講演テーマ

「溝口肇トークショー 音楽とともに」

 

主な経歴

3歳からピアノ、11歳からチェロを始める。東京芸術大学音楽学部器楽科チェロ専攻卒業。
学生時代から八神純子、上田知華とカリョウビン等のサポートメンバーを務め、大学卒業後スタジオミュージシャンとして6年ほどレコーディングに携わる。

24歳の時に自身が起こした自動車事故によってムチウチ症となり、その苦しみから逃れるため「眠るための音楽」を作曲し始める。スタジオミュージシャンとしての経験から「眠るための音楽」は自分自身のソロ楽曲として書きためられ、1986年『ハーフインチデザート』(Halfinch Dessert)でCBS SONYよりデビュー。以後、クラシック、ポップス、ロックなど幅広いジャンルで演奏・作曲活動を展開している。

作品には、映画音楽やテレビ番組の音楽として用いられているものが多い。
29年続いている番組「世界の車窓から」のテーマ曲はあまりにも有名。
また、日本たばこピースライト、ギャラクシ-企業イメ-ジのCMにも出演し、多くの人々にその姿と音楽を、印象づけることになった。テレビ番組に自身が出演する機会も多く、特に旅番組には数多く出演している。

 

【主なメディア出演】

TV
「ソロモン流」<テレビ東京>
「えみちゃんねる」<関西テレビ>
「開運なんでも鑑定団」<テレビ東京>

 

【代表作品】

テーマ曲:
世界の車窓から(テレビ朝日 1987~)
ソロモン流(テレビ東京)
ジェットストリーム(T-FM 2002~)
ヨーロッパ空中散歩(BSフジ 2016~)
シチズンサウンド(J-WAVE 2010~)
時の香り、鳥になる日  他多数

 

テレビ・映画:
「東京タワー」、「オードリー」、「ビューティフルライフ」、「星の金貨」、
「ピュア」、「この世の果て」  他多数

 

ラジオ(メインパーソナル):
i-dio PremiumOne (2016~)
ポップセンサー(TーFM)
ラ・ミューズ(TーFM)
アーティスティックナイト(FM福岡)
水の中のオアシス(FM横浜)

 

CM:
日本たばこ、TOYOTA、協和発酵KIRIN、MENARD、東レ、BRIDGSTONE、NTTデータ通信、
住友3M、JTB、HONDA、アサヒビール、三井海上、積水ハウス、サンスター、三共製薬、
ヱビスビール、野村不動産PROUD、他多数

 

CM出演:
日本たばこ ピースライト、ギャラクシー企業イメージ

講演料金目安

別途ご相談ください

書籍

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。