講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

正木明 
(まさきあきら)

気象予報士/防災士

20歳で「波乗り」というスポーツに出会い、波がいつ、どこに立つのかを知りたくて、
「気象」の勉強を始め、現在の仕事に就いたきっかけとなる。
以来、サーフィンの魅力の虜となり、今ではライフスタイルとして大きな意味を持つ。
お天気キャスター歴も20年を超え、2006 年度「好きなお天気キャスター気象予報士ランキング」(オリコン調べ)では、全国区のキャスターが並ぶ中、堂々の9位を獲得。
以来連続のトップ10入りの人気を誇り、「関西の朝の顔」としてお茶の間に定着している。
日々の天気の移り変わりの中で、特に最近の急激な気候変化に対して、何か出来る事はないかと、常に模索中。
また最近では、父親の立場から「子育て」についても研究中。

主な講演テーマ

【環境問題・気象】
「こんなに簡単!地球保護」
「エコ生活と節約生活の違いとは!」
「未来を担う子供達のために・・・~僕の考える環境保護~」

 

【防災】
「天気予報の正しい見方・使い方」
「自然災害から自分の身を守るには」

 

【子育て】
「子どもは親の背中を見て育つ ~あなたは見せれますか~」

 

【福祉/健康】
「バイオウェザー~身体と気象~」

 

【その他】
「僕のライフスタイル!波乗り・音楽時々仕事」

ココがオススメ!

気象予報士、防災士の正木明氏といえば、20年以上に及び、テレビのお天気キャスターを務め、気象庁関係者以外にも予報業務を許可する気象予報士の第一回技能試験(1994年8月)合格者として知られています。 趣味のサーフィンを快適に行うための準備として、天気予報に関心をもったことが気象予報士の道を歩むきっかけとなりました。
さらに、気象災害時に、単に予報を伝えるだけでなく、災害への対策やアドバイスができるまでの態勢を整えたいを作りたいとして、2011年には防災士の資格も取得します。試験勉強中に、東日本大震災は発生し「改めて防災の重要性を感じた」という正木氏。
そんな正木氏の講演は、教育、夢・目標、健康、防災、環境、自然、育児などの内容に及び、「防災に活かす 天気予報の正しい見方 使い方」「いま、気象予報士として伝えたい大事な事」「パパはお天気キャスター」などをテーマに話をしてくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!
講演では、防災上役立つ知識を厳選しクイズ形式で紹介。災害時には、国や役所も被災している可能性があり、すぐに救助に来てくれる可能性も低いため、「自助」や近隣との「共助」を心がけることが大事であるとしています。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、気象や防災に関する実践的な専門知識だけでなく、災害から家族を守る父親(大人)のあり方を学ぶことができるのです。

主な経歴

1961年(昭和36年)5月5日生まれ。兵庫県出身。

 

【資 格】
気象予報士(1994 年取得 第1期生)

 

【学 歴】
1986年3月 早稲田大学理工学部機械工学科卒

 

【趣 味】
波乗り歴26年/その他アウトドアスポーツ全般/音楽活動

主なメディア出演

【TV】

<朝日放送テレビ>
「おはようコールABC」 月~金曜日 5:00~6:45
「おはよう朝日です!」 月~金曜日 6:46~8:00
ベイ・コミュニケーションズ
「沿線散歩」 など

 

【ラジオ】
「正木明の天気のソムリエ」など

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。