講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

牧野講平
(まきのこうへい)

コンディショニングトレーナー

浅⽥真央⽒や太⽥雄貴⽒など、数多くのトップアスリートのパーソナルトレーナー経験を持ち、現在はスキージャンプの⾼梨沙羅選⼿とメジャーリーガーの前田健太選⼿、柔道の⾼藤直寿選⼿、プロ野球の⼩川泰弘選⼿などを指導している。2015年に⽇本コンディショニング協会の理事に就任し、コンディショニング⽅法の普及活動にも 従事。学⽣やトレーナー、指導者に向けた講演活動も⾏っている。

出身・ゆかり

北海道

主な講演テーマ

『認知能力の改善からスポーツパフォーマンスを高める!』
最近では、パワーや筋力などの体力に加えて、動作改善を目的にトレーニングすることが当たり前になってきました。アスリートにおいて動作の質の向上が、勝敗を左右することはいうまでもありません。しかし、スポーツのある局面を取り出し、その動作を改善しようとトレーニングしても、トレーニング動作の質は改善しても、競技でのパフォーマンスの改善に繋がらないことがよくあります。スポーツの中では認知→判断/選択→実行という流れの連続で運動が成り立っていますが、トレーニングでは実行の部分しか改善されないのです。選手は変化する状況・環境を、どのように把握しているのでしょうか? その状況・環境に合わせ、どのように運動を選択・決定しているのでしょうか? その状況・環境に合わせ、どのように運動を調節しているのでしょうか?本講演ではトレーニングと競技パフォーマンスの”間”を解説します。

 

『トップアスリートを指導してきたトレーナーが語るジュニア育成論
~保護者や指導者が押さえておきたいジュニア期のポイント~』

ジュニア期は成長の度合いによってパフォーマンスの差が大きく出ます。成長の早い子は体が大きく、パワーもありますので、各年代の代表メンバーに名を列ね、「良い選手」とされることが多いです。しかし、それは成長が早いだけであり、そのまま代表選手やプロ選手になるとは限りません。実際、サッカー界のスーパースターであるメッシやロナウドは、幼少期は小柄で華奢、パワーもなかったと言われています。今では、トップアスリートが行なっているトレーニングの情報が入手できるようになり、より「良い選手」を目指して取り入れているジュニアも少なくありません。しかし、数あるトレーニングにはそれぞれ適時性があり、時期を間違うと逆効果。選手寿命を縮めてしまうこともありますので注意が必要です。
では、ジュニア期にはどんなトレーニングをすべきなのか?そのポイントをご紹介します。

 

『女性のためのコンディショニング』
近年、女性アスリートの活躍が話題となる一方、エネルギーバランスの不均衡による無月経や、月経痛、PMSなどの症状からコンディションや競技パフォーマンスに影響が出るなど、女性特有の健康問題が存在します。多くのトップ女性アスリートをサポートする中で、それらの問題に直面し、身体面からの改善に取り組んできました。その取り組みはアスリートに限ったアプローチではなく、スポーツをされていない方にも通ずるところがあります。本講演では女性の健康課題とそのコンディションニング方法についてご紹介します。

 

『肩こり・腰痛予防オフィスで出来る簡単コンディショニング』
多くのオフィスワーカーは肩こりや腰痛などカラダの不調を抱えています。たまにマッサージに行って和らげてもらったり、デスクワークが多いから仕方ないと痛みと付き合っている人も多いですが、その不調、意外と簡単にスッキリします!本講演では、そのコンディショニング方法をご紹介します

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。