講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

北川正恭
(きたがわまさやす)

早稲田大学名誉教授/早稲田大学マニフェスト研究所顧問

1944年生まれ
1967年早稲田大学第一商学部卒業
1972年三重県議会議員当選(3期連続)
1983年衆議院議員当選(4期連続)
1995年、三重県知事当選(2期連続)

「生活者起点」を掲げ、ゼロベースで事業を評価し、改革を進める「事業評価システム」や情報公開を積極的に進め、地方分権の旗手として活動。達成目標、手段、財源を住民に約束する「マニフェスト」を提言。2期務め、2003年4月に退任。2003年4月より早稲田大学政治経済学術院教授。2015年3月に退任。現在、早稲田大学 名誉教授、同マニフェスト研究所顧問。「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)共同代表。2009年地域主権戦略会議構成員。2011年より相馬市復興会議顧問。2013年より長野県政策研究所チーフアドバイザー、新潟州構想検討推進会議顧問。

主な講演テーマ

【日本経済・地方自治 関連】
「生活者視点の行政改革」
「マニフェスト革命~自立した地方政府をつくるために~」
「これからの日本経済と地方のゆくえ」
「郷土愛溢れる地域の実現」
「我々のまちは我々の手で」

 

【ビジネス 関連】
「新時代を築くリーダーシップ」

ココがオススメ!

早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所顧問の北川正恭氏は、三重県議会議員(3期連続)、衆議院議員(4期連続)を経て、1995年、三重県知事へ就任し、改革派知事として注目されます。

改革を進める「事業評価システム」や情報公開を積極的に進め、地方分権の旗手の一人として活躍し、当時の岩手県知事。増田寛也氏、宮城県知事・浅野史郎氏、高知県知事・橋本大二郎氏、東京都知事・石原慎太郎らとともに「改革派知事」として注目されます。また、達成目標、手段、財源を住民に約束する「マニフェスト」を提言し、2003年には「マニフェスト」が日本新語・流行語大賞を受賞することになります。

そんな北川氏に寄せられる講演依頼は、政治、経済、今後の経済展望、地域活性、ビジネス、リーダーシップなどの内容に及び、「生活者視点の行政改革」「マニフェスト革命~自立した地方政府をつくるために~」「これからの日本経済と地方のゆくえ」などのテーマを話してくれます。

講師派遣先は、公共団体関連のクライアントさまが多く、講演依頼はフォーラム、セミナー、トークショーの形でもOK!特に、政治、地域活性を内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。

改革派として活躍してきた実績を踏まえ、日本経済と地方の活性化など、さらには国際経済に至るまで、幅広い内容を話してくれます。

講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、国政の視点、地方自治の視点、研究者としての視点という3つのアングルから見つめた、わが国をとりまく様々な問題を知ることになるのです。

主な経歴

『マニフェスト進化論」(生産性出版)
『マニフェスト革命〜自立した地方政府をつくるために〜』(ぎょうせい)
『行政経営改革入門』(生産性出版/共著)
『生活者起点の「行政革命」』(ぎょうせい)

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。