講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

石黒由美子
(いしぐろゆみこ)

シンクロナイズドスイミング
北京五輪日本代表

「諦めなければ道は必ず開かれる」
母との二人三脚で培った、ひた向きな努力は、彼女に奇跡をもたらした。目の前にいる一人に夢と希望を届けたい。奇跡のシンクロナイズドスイマー石黒由美子の挑戦は終わらない…

1983年10月生まれ。愛知県出身。小学2年生の秋、交通事故に遭遇し、顔面を540針、口の中を260針縫う大けがを負った。治療中にテレビで見たシンクロナイズドスイミングに憧れ、翌年から競技を始めた。記憶喪失や顔面まひ、視力障害、難聴などの様々な後遺症に苦しみながらも、母と二人で夢の舞台であるオリンピックを目指す。そして、2008年北京オリンピックに見事出場を果たす。厳しい練習の傍ら愛知教育大学で幼稚園から高校までの教員免許を取得したほどの努力家。神戸大学大学院を経て現在は奈良女子大学大学院にて『いじめ問題の実態把握とその解決策』をテーマに研究中。一方、日本全国の教育機関や企業などで、自身の体験を元にした講演活動も精力的に行ない好評を得ている。当面の目標は、学術博士号を取得すること、FINA(国際水泳連盟)世界マスターズ大会で世界一になること。

主な講演テーマ

「夢をあきらめない」
交通事故から奇跡の生還を果たした。目も見えず、耳も聞こえない状態が続くといった重度の後遺症を克服し、必ず夢であるオリンピックに出場できると確信し、ひた向きに努力を続けた。シンクロとの出会いで夢をもつことができ、持ち前の明るさと前向きな性格で 厳しいリハビリを乗り越えた。その過程で次の習慣が石黒を大きく成長させた。普段の生活の中で「よかった探し」をすること、それはどんなに苦しく厳しい状況の中でも、一筋の光を見つける作業。そして、「夢ノート」を書くこと。夢や目標をノートに書き、叶ったら赤鉛筆で「ありがとうございました」の感謝の言葉を書いて線を引く。夢は叶うまであきらめない。途中やめても、またやればいい。そうやって何度も立ち上がるものが人生の勝者となる。

主な経歴

【略歴】
2002年 愛知県立日進高等学校 卒業
2007年 愛知教育大学 初等教育教員養成課程 卒業
2009年 愛知教育大学大学院 修士課程教育学研究科 修了
神戸大学大学院 博士課程後期課程(運動心理学)入学
大阪府高槻市医師会看護専門学校 非常勤講師(~2014年)
兵庫県西宮市立香櫨園小学校 非常勤講師(~2011年)

2015年
神戸大学大学院 博士課程後期課程(運動心理学)満期退学
奈良女子大学大学院 博士課程後期課程(教育心理学)入学

 

【主な競技歴】

2001年 FINAジュニアワールドカップ(アメリカ)チーム競技2位/第56回国民体育大会(宮城県) デュエット競技2位
2002~2004年 スイス・オープン チーム競技1位 コンビネーション競技1位 3連覇
2006年 日本選手権 コンビネーション競技3位
2007年 スイス・オープン ソロ競技1位/日本選手権 ソロ競技6位
2008年 北京オリンピック(中国) チーム競技5位

 

【受賞歴】

2008年
5月 国立大学法人 愛知教育大学 奨励賞
8月 文部科学省 表彰 水泳
9月 愛知県名東警察署 1日警察署長 感謝状/国立大学法人 愛知教育大学 学長賞/愛知県庁 愛知県スポーツ功労賞
12月 愛知県刈谷市役所 刈谷市民栄誉賞

2009年
2月 (財)大幸財団 丹羽奨励賞
3月 (財)愛知県体育協会 特別優秀選手賞/愛知県名古屋市役所 名古屋市スポーツ功労賞
8月 (財)名古屋市体育協会 体育功労賞

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。