講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

秀島一生
(ひでしまいっせい)

航空評論家/旅行評論家

1968年~1998年 日本航空「国際線チーフパーサー」として30年間乗務。
1998年~「評論家」として活動。
TV朝日「ニュースステーション」、フジテレビ「9.11同時多発テロ報道特番」などを皮切りに、
TBS「イブニング5」「ピンポン」「ブロードキャスター」、大阪毎日放送「ちちんぷいぷい」、
フジテレビ「スーパーニュース」「めざましTV」「特ダネ」、TV朝日「報道ステーション」、
朝日ニュースター「愛川欽也のパックインジャーナル」など主に報道、情報番組に出演。

主な講演テーマ

「グローバルに通用するマナーのポイントとは」
「究極のサービスとはなにか」
「民間航空の現状と未来」    など

★講演内容についてはお気軽にお問合せください

 

肩書き

・航空評論家
・旅行評論家
・サービスコンサルタント
・拓殖大学客員教授・早稲田大学講師
・学校法人菅原学園特別講師

ココがオススメ!

航空評論家、旅行評論家の秀島一生氏は、日本航空において、国際線チーフパーサーを30年間務め、誰もが認める一流の接客サービスを実践してきました。

 

また、航空業界全般の現状に精通し、同社労働組合役員が主人公のモデルとされる映画『沈まぬ太陽』(2009年、角川映画)において、監修を務めています。

 

さらに、様々な“空の問題”が発生した際、多くのメディアで的確なコメントを発し、一般にはなじみの薄い航空業界における問題を分かりやすく解説。早稲田大学オープンカレッジでは、講師として「民間航空の歴史と現状と未来」「究極の客室乗務員とは何か」などを、拓殖大學では客員教授として「産業と人間」などをテーマに講義もおこなっています。

 

そんな秀島氏の講演は、モチベーション、ビジネス、マネジメント、コミュニケーション、ビジネス研修などの内容に及び、「グローバルに通用するマナーのポイントとは」「究極のサービスとはなにか」「民間航空の現状と未来」などをテーマに話をしてくれます。

また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK! 航空問題に加え、旅行のあり方にも的確に解説。旅の中で施される真のサービスとは何かを解き明かし、長年のパーサー経験から得た独自のサービス理論も展開して、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、CSのあり方、極意を知ることになるのです。

主なメディア出演実績

TV朝日「ニュースステーション」、フジテレビ「9.11同時多発テロ報道特番」などを皮切りに、

TBS「イブニング5」「ピンポン」「ブロードキャスター」、大阪毎日放送「ちちんぷいぷい」、

フジテレビ「スーパーニュース」「めざましTV」「特ダネ」、TV朝日「報道ステーション」、

朝日ニュースター「愛川欽也のパックインジャーナル」など主に報道、情報番組に出演。

講演実績

「東北経済倶楽部」「(財)清交社」「日本ビジネス協議会」「鹿児島銀行」
「ロータリークラブ」「青森ロイヤルホテル」「日本職業スキー教師協会」など多数。

主な著書

日経トレンディ「JAL vs ANA」特集-企画・監修・執筆-日経ホーム出版社

「間違いだらけのエアライン選び」マガジンハウス社。
「空から降るコラム」連載・「大人のスキー」執筆 実業之日本社、

NTTネット「スターダストタイム」連載中。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。