講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

長谷川誠
(はせがわまこと)

元バスケットボール日本代表/バスケットボール指導者

― Mr.バスケットボール、日本バスケ界の先駆者 ―
名門・能代工業高校で1年時からインターハイ、国体、ウィンターカップに出場。3年時のインターハイではキャプテンを務め、全国制覇を果たす。日本大学で大学3冠を達成。実業団では新人王とMVPを獲得し、日本代表としてユニバーシアードで得点王に輝き、世界2位の立役者となる。31年ぶりの世界選手権出場も遂げるなど、高い得点力が魅力の司令塔として活躍した。’00年には日本人初の海外プロリーグ選手に。さらには、bjリーグ史上初のプレーイングマネジャーとなるなど、常にポジションを切り拓いてきた。42歳で引退、指導者に転向。秋田ノーザンハピネッツのヘッドコーチを経て、現在は 3×3日本代表アソシエイトコーチに就任。2020年東京五輪でのメダル獲得を目指す。

主な講演テーマ

「勝つ組織の条件」

「日本一になるために」

主な経歴

1994年 松下電器 入団/日本代表選出(~2000年)
1996年 ゼクセル(現・ボッシュ) 移籍 ※日本初のプロバスケットボーラー
2000年 サンディエゴ・ワイルドファイヤ(ABA) 移籍
2001年 いすゞ自動車(JBLスーパーリーグ) 入団
2002年 新潟アルビレックスBB 移籍
2010年 秋田ノーザンハピネッツ(bjリーグ) プレイングマネージャー契約
2013年 現役引退/秋田ノーザンハピネッツ(bjリーグ) テクニカルディレクター就任
2014年 秋田ノーザンハピネッツ(bjリーグ) ヘッドコーチ就任
2017年 秋田ノーザンハピネッツ(Bリーグ) ヘッドコーチ退任/秋田ノーザンハピネッツ(Bリーグ) 社外取締役就任
2018年 3×3日本代表アソシエイトコーチ就任

 

ー成績ー

【現役時代】
1987年 春の選抜(現・ウィンターカップ) 優勝
1988年 国体、ウィンターカップ 優勝
1989年 インターハイ、国体 優勝
1990年 アジアジュニア選手権 優勝
1992年 アジアジュニア選手権 優勝
1993年 全日本大学バスケットボール選手権大会 優勝
1994年 日本リーグ 優勝(日本リーグ新人王、MVP賞、フリースロー個人タイトル)
1995年 福岡ユニバーシアード大会 準優勝(大会得点王受賞)/オリンピック予選アジア大会 3位
1996年 日本リーグ 2部優勝 (MVP賞獲得)
1999年 オリンピック予選アジア大会 5位
2007年 bjリーグオールスター選出 ※JBLと両リーグでのオールスター選出は史上初

【指導者時代】
’14-’15年度 bjリーグ 準優勝
’15-’16年度 bjリーグ 3位

 

ー役職ー

・日本バスケットボール協会 男子強化部員
・秋田県横手市 スポーツ大使
・大塚製薬「エールプロジェクト」 講師

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。