講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

藤本敦士
(ふじもとあつし)

元プロ野球選手

1977年生まれ。兵庫県明石市出身。
2000年阪神タイガーズにドラフト7位で入団。
2003年は3割で優勝に貢献。
2002 年のフレッシュオールスター、06年のオールスターでMVPを獲得。
両オールスターでのMVP受賞は史上4人目とお祭り男の一面を発揮。
2010年東京ヤクルトスワローズへ移籍。
2013年9月21日 阪神ファンからの大声援の中、甲子園最終打席を迎え惜しまれながらも引退。
2015年シーズンから阪神の二軍内野守備走塁コーチへの就任。

主な講演テーマ

「あきらめない気持ち」
「夢、人生、野球」

ココがオススメ!

阪神タイガース、東京ヤクルトスワローズで活躍し、2013年のシーズンを最後に、現役を引退した元プロ野球選手の藤本敦士氏。  阪神に入団した2001年には、甲子園球場の広さや、ホームランバッターが不在というチーム状況を補う機動力の象徴である俊足の「F1セブン」の一人として注目されます。
ショート、セカンドなどのポジションに活躍し、阪神時代の2003年には、8番遊撃手として2年連続の開幕スタメンとして出場します。同年4月下旬には、打率がリーグトップになり、オールスターゲームにも初出場を果たします。規定打席として打率.301を記録し、下位打線ながら18年ぶりのリーグ優勝に貢献しました。  2010年よりヤクルトで活躍。怪我に悩まされ、腰への負担等を考慮し「代打・一塁手・指名打者」としての出場する機会が増えます。しかし、2013年9月21日の対阪神戦において、7回表に代打起用され一軍通算1000試合出場を達成し、ヤクルト、阪神両チームファンから祝福を受けながら、現役を引退することになります。
そんな藤本氏の講演は、人生、スポーツ、野球などの内容に及び、野球、人生、夢などをテーマとしたトークショーを披露してくれます。
現在、毎日放送の野球解説者に転身し、2013年10月20日の『MBSタイガースライブ番外編 藤本敦士解説者への道』で解説者デビューを果たします。11月からは、MBSラジオのナイターオフ番組『withタイガース カワスポサタデー運動部!』でレギュラーを務めています。
順風満帆に過ごした選手とは違い、様々な困難を乗り越え、自らの長所を最大限に生かした選手生活のエピソードは、講演、トークショーを訪れた人を大いに頷かせる説得力に溢れています。

主な経歴

【球歴】
育英高等学校(1995年春、甲子園出場)
亜細亜大学中退
甲賀総合科学専門学校
デュプロ
阪神タイガース(ドラフト7位) 2001~2009
ヤクルトスワローズ(FA移籍) 2010~2013

 

タイトル・表彰】
2002年 フレッシュオールスター出場・MVP
2004年 アテネオリンピック出場 銅メダル獲得
2006年 オールスター第2戦 MVP獲得

※オールスター 3回出場(2003年・05年・06年)

主なメディア出演

2013年
MBSラジオ「カワスポサタデー」出演 (シーズンオフ番組)
NHK「ぐるっと関西おひるまえ」ゲスト出演(関西地区)
ABC「虎バン」出演

2014年
MBSラジオ解説者就任
Ring of Red交野市チャリティーマラソン2014 チャリティーアンバサダー

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。