講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

フランソワーズ・モレシャン
(ふらんそわーず・もれしゃん)

ライフスタイル・エッセイスト/金沢21世紀美術館国際アドバイザー

パリ、モンパルナス生まれ。ソルボンヌ大学日本語学科を経て1958年初来日。
NHK「楽しいフランス語」講師、お茶の水女子大学仏語講師などを務め、1964年帰国。レブロン、クリスチャンディオール勤務を経て、1974年にシャネル美容部長として再来日。その後ファッションアドバイザーとしてマスコミで活躍。1990年フランスで出版された『La Gaijin(ラ・ガイジン)』は90年代の日本を理解する必読書と評されベストセラーに。日本語版も刊行され話題となる。

近年では『VOGUE NIPPON』の創刊に貢献するなど、最新ファッションに携わる傍ら、ジュエリーデザインも手がける。
また石川県(加賀市・金沢市)を拠点に、衣食住にわたるトータルなライフスタイルを学ぶ「もれしゃん塾」を主宰し、生活全般の文化とおしゃれを提案する。国際化問題や自然環境保護にも積極参加、’92年「国境無き医師団」の日本支部の創立を支援し、’95年には「世界の医療団」日本支部の創立メンバーとして、国境を越えた世界平和への支援活動を続けている(現名誉委員会委員長)。

1999年 フランス政府より日仏文化交流の功績を認められ、国家功労勲章オフィシエ受章。
2004年レジオン・ドヌール勲章受章。2009年国家功労勲章コマンドゥール受章。

主な講演テーマ

「おしゃれで知的に素敵に」
 「豊かな感性を身に付けるために」
「カッコいいって何ですか~ファッションからモラルまで~」
「生活のおしゃれは地球のおしゃれ」
「21世紀のライフスタイル」  など

 

ココがオススメ!

「ライフスタイルエッセイスト」とし知られるフランソワーズ・モレシャン氏は、現在、石川・金沢市に在住し、金沢21世紀美術館国際アドバイザーとしても活躍しています。  ファッションや料理など、幅広い文化において日本とフランスの違いや、それぞれの良いところを解説。例えば、フランス語の「エレガンス」は、見た目の上品さを装う以前に、モラルとしての気品であり垢抜けた発想を身につける必要があるとし、自らがエレガントであるには、何事にも毅然たる態度でいられる勇気が不可欠であるとしています。
そんなモレシャン氏の講演は、人生、経験、シニアライフ、環境、自然、ファッション、文化、異文化などの内容に及び、「おしゃれで知的に素敵に」「豊かな感性を身に付けるために」「カッコいいって何ですか~ファッションからモラルまで~」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!  「自分が着たい服に似合うようにする努力する姿勢は実に重要。それは、ファッションだけではなくて、全てに通じる考えである」というモレシャン氏。同時に、生活全般において余裕を保つことはとても大事で、何事も無理をすると、長続きせず楽しくないものなるとも。  そして、先の見えない不安な時代にふさわしいライフスタイルを築かなくてはならず、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、消費社会の犠牲にならず、確固たる威厳と美意識を兼ね備えた“真のエレガンスな生活”を実現すべきであることを知るのです。

主なメディア出演

コーワ「バンテリン」
フォープロプス「プライムコート」
読売新聞「世界の名画」

主な著書

『アプレカランタン』(※題訳:40歳以降)(主婦と生活社)
『失敗しないおしゃれ』(主婦と生活社21世紀ブックス)
『ラ・ガイジン』(講談社)
『娘・アガタへの手紙』(KKロングセラーズ)
『まじめさが美しい時代』(講談社)
『モレシャンの劇場日記』(新書館)  等多数

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。