植田辰哉_top

植田辰哉(うえた たつや)

肩書き   : 全日本男子バレーボールチーム監督
講演テーマ : スポーツ、バレーボール、組織論、マネジメント
出身・ゆかり: 香川県
  植田辰哉氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 全日本男子バレーボールチーム監督・植田辰哉氏は、2005年に代表監督に就任し、この年のアジア選手権で5大会10年ぶりの優勝を果たします。そして、2008年には1992年のバルセロナ五輪以来16年ぶりに、北京オリンピックへの出場権を獲得するのです。

指導方針として、基礎体力を養うことに重きをおき、選手に猛練習を課す“鬼監督”として知られています。また、服装、挨拶、立ち居振る舞いなどに厳しく、そうした点が不十分な選手を起用しないとする半面、常に選手たちには励ましを怠ることなく、「頑張ろう」の声かけを励行し、16年ぶりの五輪出場を決める原動力になったのです。

植田氏の講演内容は、自身の選手指導力のノウハウを語ったものが主体となり、「指導者に求められるもの」「責任は結果により果たされプロセスにより決まる」「自分で限界を決めるな~夢は必ずかなう~」などのテーマで、言語によるコミュニケーション、目標・プロセス設定、部下育成法など、組織を構築・維持するうえで必要なノウハウを伝授してくれます。

また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK。特に、目標設定においても、数字や基本方針を具体的に明確化し、届きそうで届かないくらいのレベルであることが肝要と。達成できる可能性や現実性が高ければ、やればできるかもという希望と意欲を持つことができるとしています。そして、「結果」は、それに必要な「能力」に由来し、能力は「情熱」や「熱意」で発揮され、熱意や情熱は「考え方」で身につけることができるという植田氏。良い結果は、メンバーの「人間性」次第で決まることが、植田氏の講演、フォーラム、セミナー、トークショーから知ることができます。伝えたいメッセージ(特に管理職の方へ)★組織を強くするために必要なコミュニケーション(言語教育)★目標設定の重要性★与えられた戦力で最大の成果を出すためのプロセス設計男子バレー日本代表チームの監督経験を基に、強いチームを作る、部下の育成などについてお話します。

 

講演タイトル 「指導者に求められるもの」

 全日本男子バレーボールチーム代表監督として、2008年には北京オリンピックへの出場権を、16年ぶりに獲得する。鬼監督ながら、常に励ましを忘れることなく、厳しさと愛情をもって選手を引っ張るリーダーとして注目される。
講演では、目標は、数字や基本方針を明確化し、届きそうで届かないくらいのレベルに設定することが肝要であると示す。
そして、結果は、それに必要な能力に由来し、能力は情熱や熱意で発揮され、熱意や情熱は考え方で身につくという仕組みを語り、良い結果は、メンバーの人間性がもたらすことを教えてくれる。

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー