都並敏史_top

都並敏史(つなみ さとし)

肩書き   : サッカーコメンテーター
講演テーマ : チャレンジ、人生、サッカー
出身・ゆかり: 東京都
  都並敏史氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 サッカーコメンテーター・都並敏史氏は、読売クラブの専属選手を経て、Jリーグ設立に伴いヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)に所属。その後、アビスパ福岡、ベルマーレ平塚を経て、1998年に現役引退し、その後は、サッカー解説者、コーチ、ユース監督を歴任。2004年にはS級指導者資格を取得します。 
 2005年からは、指導者として本腰を入れ、J2のベガルタ仙台監督に就任。以降、2006年に東京ヴェルディ1969・コーチ、2007年はセ レッソ大阪・監督、2008年は横浜FC・監督を歴任。2009年より、「スカパー!」などでJリーグ中継の解説を務め、ヴェルディサッカースクールコー チとして小学生を大賞に、サッカー指導に当たっています。 
 そんな都並氏の講演は、モチベーション、人生、夢の実現、経験、自己実現、スポーツ、サッカー、ビジネス、組織論、リーダーシップ、マネジメントなど幅広い内容に及び、「夢を叶えるために大切なこと」「失敗から学んだリーダー論」「リーダーを支えるためのメンバーとして必要なこと」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK! 
 講演、フォーラム、セミナー、トークショーでは、現役時代に「炎の左サイドバック」の異名をもつDFとして、日本代表国際Aマッチ78試合に出場した実績をふまえて、元日本代表ならではの技術・間合いや駆け引き等のポイントから、ビジネスに役立つ戦略・戦術論を披露。また、実践で身につけたリーダーシップ論を展開し、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、指導書などには載っていない斬新な内容に触れ、様々な気付きを得るのです。

講演タイトル 「ぶれないチカラ~10年間選ばれ続けた日本代表として、夢を叶えるために大切なこと~」

 少年時代から日本代表サッカーに強い憧れを抱き、19歳で日本代表に初選出されて以来、10年もの間代表の主力として活躍。急成長した日本サッカーの波に乗り遅れることなく、日本代表への強い想いをぶらさずに通し続けるチカラの出し方を、自身のこれまでの経験から語ります。特に未来の社会人となる学生や若手ビジネスマンに、強いメッセージとして、しっかりメソッドを伝える講演として人気です。

講演タイトル 「全ての経験を次につなげる~失敗から学んだ、私のリーダー論~」

 ベガルタ仙台、セレッソ大阪、そして横浜FC・・・数々のチームでの監督経験において、失敗から得たことは現在の自分にとても大きな収穫を与えてくれた。大切なことは、失敗から何を得るのか、自分を向上させるヒントを得ること~自らの失敗談を語り、真のリーダーとはどんな資質を持つのかを学んだ経験を伝えるこの講演は、聴講者との距離感が近くなり自らの立場に置き換えて聴くことができると評判です。成功できるリーダーシップとは、また、失敗をどのように捉えて次につながるかを理解させる講演として、企業の中間管理職クラスの方には絶対にお薦めです!

講演タイトル 「10年間の日本代表選出で学んだ、リーダーを支えるためのメンバーとして必要なこと」

 数々の代表監督のマネジメントに見事に順応し、「ムードメーカー」として永きに渡り日本代表チームを支えた経験をもとに、チームビルディングにおいて大切なポイントを伝えます。どのようにチームで行動することが組織を生かすために必要なことか。よりよい組織を作るために、取るべき行動を学べる講演として企業や団体で好評です。

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー