武田美保_top

武田美保(たけだ みほ)

肩書き   : シンクロスイマー、ピラティスインストラクター
講演テーマ : スポーツ、オリンピック、モチベーション、健康
出身・ゆかり: 京都府
  武田美保氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 スポーツコメンテーターで、元女子シンクロナイズドスイミング日本代表選手の武田美保氏といえば、アトランタ、シドニー、アテネオリンピックの3大会に出場。通算5個のメダル獲得を果たし、日本の女子アスリートでは、シンクロのパートナー・立花美哉氏、女子柔道の谷亮子氏と共に、史上最多のメダル獲得数を誇っています。

アテネオリンピック出場の後、現役を引退。2006年から、“筋肉で音楽を奏でる”を基本コンセプトとする舞台「マッスルミュージカル」に、2007年には歌手・松任谷由実氏のコンサートツアーに出演など、芸能活動でも知られています。

武田氏は講演で、「夢を追いかけて」「目標達成に対する行動の明確化と思考法」「健康で美しくあるために」などのテーマで、健康、スポーツ、オリンピックに関する内容を話してくれます。

また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!「他人よりも、中途半端にうまい程度だと生意気に思われる。追いつけないくらいのレベルになっていれば、誰も生意気だとは思わない」という母親の言葉に励まされ、人一倍の努力を重ね、一流アスリートに成長したことなどを披露。

オリンピックで、デュエット競技に挑むときも、パートナーの立花美哉氏に対して「パートナーとしてのスペシャリストになる」という自分の役割を見出し、現役最後のアテネ大会では銀メダルに終わったものの、「自分との勝負では“金”を獲得した」とも。オリンピックメダリストという、誰にも成しえない経験を踏まえ、成功にいたる法則を披露して、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人に、多くの感動を与えてくれます。

 

講演タイトル 「目標達成に対する行動の明確化と思考法」

引退後、テレビ・CM出演、講演、イベント、シンクロを用いたショーなどを開催。また、アメリカで ピラティスインストラクターの公認資格も取得し、新たなジャンルにも挑戦。2013年には教育再生実行委員に就任した。

目標を達成するためには、「継続する事」「モチベーションの維持」が不可欠。「目標達成できる人とできない人の違い」や「日々のプロセスが苦痛になった時の乗り越え方」など、具体例をまぜて語る。

講演タイトル 「世界を目指す 究極のチームワーク・リーダーシップ」

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー