五木寛之_top

五木寛之(いつき ひろゆき)

肩書き   : 作家
講演テーマ : 人生、健康
出身・ゆかり: 福岡県
  五木寛之氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 作家・五木寛之氏といえば、1967年『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞を受賞。その後、『青春の門』シリーズ、『かもめのジョナサン』(翻訳)、『四季・奈津子』、『水中花』、『夜明けのタンゴ』など、数々の名作、話題作を著し、作詞活動でも多くの名曲を世に送り出すなど、押しも押されもしないわが国を代表する文人として知られています。

1985年までに、2度の休筆があるものの、再開後仏教史に傾倒。それまで、心の「闇」に深く切り込む作風でしたが、一転して「光」の部分を見つめるようになり、小説、随筆にもその色彩が色濃く表れ、2004年には仏教伝道文化賞を受賞。2009年にはNHK放送文化賞を、2010年には『親鸞』上・下により、第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞しています。

そんな五木氏の講演は、人生、健康などの内容に及び、「健康法と養生法」「こころの風景」などをテーマに話をしてくれます。

また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK! 様々なテーマを語ることができる超一流文化人ですが、近年は仏教をベースとした生き方、死生観について講演することが多く、特に『親鸞』にも記している「心をこめて念仏を唱えれば善人も悪人も救われる」という教えをはじめ、他力や信仰について示し、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、難しい言葉を一切使わずに、人はいかに生きるべきか、困難の前にどうあるべきかを知ることになるのです。

 

講演タイトル 「悲しみの効用」、「こころの風景」

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー